「貴族探偵」2話。ネタバレ、あらすじ。感想。キャスト。視聴率。相葉雅紀さんがミステリー作家の事件を解決?

シェアする

スポンサーリンク

ドラマ。貴族探偵。2話。ネタバレ、あらすじ。キャスト。視聴率。感想

貴族探偵の2話。今回は、高徳愛香(武井咲)が、ミステリー作家の厄神春柾(大和田伸也)に取材されるということで、その家に向かうと、作家がすでに殺されていて、その途中で会った、貴族探偵(相葉雅紀)とまた推理対決になるようですね。

第1発見者は、貴族探偵のようですが。

ということで、今回の貴族探偵の2話も、高徳と貴族探偵の推理対決、どうなるのでしょう。果たしてどんな話だったのでしょうか?

以下、貴族探偵、2話の、ネタバレ、あらすじなどです。
貴族探偵、2話を見逃して、動画で見たい方は、FODでどうぞ!
まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

貴族探偵、1話のネタバレ、あらすじなどは、こちら
貴族探偵・ドラマ、1話。ネタバレ、あらすじ。感想。キャスト。視聴率。相葉雅紀さん主演の自分では推理をしない探偵もの

貴族探偵。ネタバレ、あらすじ。キャスト、原作。視聴率は?最終回はいつ?嵐の相葉雅紀さん主演。月9ドラマとしてヒットするか
貴族探偵・2話

貴族探偵 2話

ドラマ、貴族探偵の2話。キャスト。ネタバレ、あらすじ。視聴率。感想。相葉雅紀さんがミステリー作家の事件を解決?

貴族探偵 2話のキャスト

貴族探偵:相葉雅紀
高徳愛香:武井咲
鼻形雷雨:生瀬勝久
冬樹和泉:田中道子
喜多見切子:井川遥
佐藤:滝藤賢一
田中:中山美穂
山本:松重豊
GIRI:仲間由紀恵

厄神春柾:大和田伸也

日岡美咲:紺野まひる

厄神令子:横山めぐみ

ドラマ、貴族探偵の公式ツイッター

貴族探偵の公式Twitter

ドラマ、貴族探偵の原作、小説

貴族探偵 (集英社文庫)

貴族探偵 (集英社文庫)

  • 作者: 麻耶雄嵩
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2013/10/18
  • メディア: 文庫

貴族探偵対女探偵 (集英社文庫)

貴族探偵対女探偵 (集英社文庫)

  • 作者: 麻耶雄嵩
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/09/16
  • メディア: 文庫

貴族探偵。2話のネタバレ、あらすじ

以下、「貴族探偵」2話のネタバレ、あらすじです。

ミステリー作家の厄神春柾が、高徳愛香と会いたいということで、山道を車で行く、高徳と日岡美咲

そこに、落石が。

美咲が待っていると、貴族探偵が。
美咲:お二人はどんな関係なんですか?
貴族探偵:事件現場でお会いして、彼女の名推理を聞かせてもらいました。結局、事件を解決したのは私でしたが。
美咲:事件を解決したって、あなたは?
貴族探偵:心ある人からは、貴族探偵って、呼ばれています。

落石は、人が行ったもののよう。

この上に別荘がある。落とし主に文句を言おうと、貴族探偵たちが別荘まで行く。

厄神の別荘だった。
田中:あの厄神春柾先生の別荘でございますか?
田中は、厄神のファンだった。チャールダーシュシリーズの作家。
貴族探偵:小説は読んでいませんが、田中に勧められて、映画は見ました。実につまらなかった。
田中:あれは結末は変えてありました。原作はもっと面白かったのに、残念です。
貴族探偵:映画やドラマは、原作より面白くないと言うのはよくあることです。
田中:最近では、「逃げ恥」の評価はたかったと

厄神は、迷信や俗説を異様に気にするタイプ。
正月に富士山の夢を見た所に家を買ったが、マンションが建って、富士山が見えなくなって、スランプになる。
そして、富士山が見える、この別荘を買った。

貴族探偵が、チャイムを鳴らすも誰も出てこない。別荘に入って行く、貴族探偵。

ドローンがいっぱいある。
厄神は仕事場を誰にも見せない主義。
しかし、貴族探偵は入って行く。

貴族探偵:こんなショーが控えていたとは、さすがの私にもわかりませんでした。第1発見者になるとは。
厄神がベットの上で頭から血を流して、死んでいる。
凶器は、トロフィー。

山本が警察に連絡している。

貴族探偵:美咲さん、ご安心を。何しろここには優秀な探偵さんがいらっしゃいますから。
高徳:また何もしないつもりですか。
貴族探偵:レイディーファーストです。名前を挙げるチャンスですよ。女探偵さん。

田中が泣いている。
田中も現場を捜査している。

貴族探偵。2話の今回は、貴族探偵が、第1発見者になっています。
それでも、あまり動揺していないですね。
肝が据わっているのか、鈍感なのか。

ドローンで遊んでいる、貴族探偵。「貴族探偵」2話のあらすじ

ドローンで遊んでいる、貴族探偵。
高徳:今回は、田中さんが推理当番ですか?執事の山本さんならともかく、さすがにあの田中さんに負けるわけないじゃないですか。
貴族探偵:使用人への侮辱は、主人である私への侮辱です。次は許しませんので、お気をつけください。田中は私の道具に過ぎない。勝ち負けを言うのであれば、田中という道具を使っている、私と勝負しているということをお忘れなく。

佐藤:御前、あの石があった場所がわかりました。

軽乗用車の前に石があったようで、石を持ち上げたジャッキも見つける。

キッチンにつながる勝手口は開く。厄神は、勝手口から出入りしていた。

松尾早織がやってくる。
高徳:どなたですか?
美咲:千代田ブックスの松尾早織さんです。私と同じ、厄神先生の担当編集者さんです。
松尾:厄神先生は、人見知りが激しくて、ここに入れてもらえるのは、私と日岡さんとMK書房の滝野さんという人ぐらいしかいないんですよ。
パトカーの音。
貴族探偵:厄神なにがしが殺されました。

警察が来る。鼻形も来る。貴族探偵の担当になっている。
常見:厄神春柾は、昨日の朝、自宅からこの書斎にやってきたみたいです。昨夜の8時に、今日は泊まると電話しています。ちなみに、和泉さん、繊維メーカーの御曹司と付き合い始めたらしいです。

高徳:死亡推定時刻は、今朝の5時から7時の間。
和泉:頭部を鈍器で。遺体のそばに落ちていた、トロフィーから血痕検出。凶器と見て、間違い無いですね。
鼻形:見えた。犯人はなあ、厄神とかいう作家のファンだ。熱狂的なファン。
高徳:ファンなら、トロフィーを持ち去ったはずです。争った形跡はありませんし。犯人は、被害者と面識がある可能性があります。だいたい物取りなら、石を落とす必要ありませんから。

鼻形も来ましたね。そして推理しますが、高徳に否定されます。
こちらも、毎度のことのようになっていきそうな。
推理が雑ですよね(笑)

山梨の警察の担当が到着すると、貴族探偵ともめている。
数名が外でクラシック音楽を演奏している。
辞めさせろと言われると、
貴族探偵:君のような横暴な官憲に我が国の治安を任せてはおけない。早速君の上司に対処してもらおう。山本。
鼻形が、山梨県警の担当者を辛抱しろと説得する。

厄神令子。厄神の妻がやって来る。
滝野光敏も、やって来る。

田中:高徳に任せるようにと、我が主人から言われています。

山梨県警:滝野さんはどうしてこちらへ?
滝野:連載の企画打ち合わせをする予定でした。それで、朝の4時ごろご自宅に。先生との打ち合わせは、富士山のご来光が見られる朝やるんです。でも、松尾さんの締め切りが間に合っていないということで、早朝からご自宅で待たせていただいたんですが。

厄神令子:仕事場に泊まると言っていました。明日は滝野さんと打ち合わせがあるから自宅で待つようにと。主人は、付き合いというのも広くはありませんし、トラブルがあったとも聞いておりません。

編集者は、あの部屋には入ったことはない。

石は、たしかに軽自動車の前にあったと、厄神玲子が確認する。富士の石。

別荘に入れるのは、編集者3人と、奥さんだけ。それぞれのアリバイを確認する。

田中が事件の情報をボードにまとめている。貴族探偵、2話のネタバレ

田中が情報をまとめている。ボードになっていて綺麗。
富士見荘 ミステリー作家殺人事件。

厄神玲子:5〜7時に本宅にいた。近所の人が目撃。10時にも本宅にいた。宅配業者が目撃
滝野光敏:5〜7時に本宅にいた。近所の人が目撃。10時にも本宅にいた。宅配業者が目撃
日岡美咲:5〜7時に自宅にいた?10時には高徳と一緒にいた。
松尾早織:5〜7時に東京にいた。10時には森を散策。

滝野:もしかしたら、厄神先生には恋人がいたかもしれません。月に何度か東京で打ち合わせしたことにしてくれと頼まれたので。

常見が本棚に、日記を見つける。
それを読んで、高徳が、犯人がわかったと言い出す。

高徳が、推理を披露する。
高徳:今回の事件のポイントは1つ。それは、厄神先生を殺した後に、なぜ、石を落としたのか?犯人は、殺害から4時間後にあえて石を落としました。タイムラグを作る必要があったからです。
美咲:もしかして、犯人は私を狙っていたんですか。
高徳:いいえ。あの時、石を落とすことによって、美咲さんは救われた。
美咲:どういうことですか?私が犯人だと言いたいのですか。
貴族探偵:これは、私もほおって置けませんね。美しい女性にあらぬ嫌疑をかけるのは大きな罪だよ。確証はあるんでしょうね。

石を落としたのは、誰なのか?
ここが、今回の2話の事件のポイントですよね。
ここがわからないと、この事件は、解けないような。
で、ここから、高徳の推理です。

貴族探偵:石はどうやって落としたと?
高徳:簡単です。美咲さんの協力者が落としたんです。この時に石を落とした時に、アリバイがない人間が一人だけいます。そうですよね。松尾早織さん。
美咲:私と松尾さんが協力して先生を殺したっていうの?
高徳:はい。美咲さんが殴り殺した。私をピックアップして、その後、松尾さんは準備をして、石を落とした。偶然出会ったふうに装った。
松尾:なんで、私たちが先生を殺さないとならないのよ。
高徳:これは、先生の書斎に残されていた日記です。先生は書き残しています。編集担当と二股交際を楽しんでいると。お二人は、厄神先生の愛人だったんですね。
貴族探偵:物書きは、余計なものまで書き残す、無粋な趣味だ。
高徳:でも、二股に気づいてしまった。そして手を組んだあなた方は、今回の犯行を計画し実行に移した。これが真相です。石などを調べれば、二人につながる証拠が見つかるはずです。あとは警察にお任せします。
滝野:原稿をもらうために女を使っていたのか。挙句に先生を殺すなんて。
美咲:それは違う。私は先生を尊敬していました。先生の作品をもっと読みたかった。
松尾:私も
警察が連れて行こうとすると、佐藤と山本が止める。

貴族探偵:美しい女性が涙を流しているというのに、貴族が放っておけるわけがないでしょう。先ほどお二人とデートの約束を取り付けたのですよ。行かせるわけにはいかないな。真の悪人は、冤罪を生み出そうとしている、女探偵さんですよ。
高徳:私の推理が間違っているとでも。
貴族探偵:あなたに期待したのがバカでした。
高徳:だったら、別の推理があるんでしょうね。じゃあ、やってみなさいよ
貴族探偵:田中やってやれ。
高徳:自分でやれ!
貴族探偵:なぜ私が。推理などという雑事は、使用人に任せておけばいいんですよ。

と、高徳の推理を否定する、貴族探偵。
しかし、今回の「貴族探偵」の2話も、推理をしない貴族探偵です。
そして、今回は、田中が推理を披露しますね。

田中が推理を披露する。貴族探偵。2話の事件の真相へ

田中が推理を披露する。
田中:憎っくき犯人を地獄の底へと落としてみせましょう。
貴族探偵:田中、私情を挟むな。
田中:出すぎた真似を。

アリバイ作りのために、石を落とした。
田中:あの時間に石が落ちて、犯人のリストから外れた人がいます。滝野様と令子奥様です。
高徳:でも、あの時間に、本宅にいましたよね
田中:この別荘までと本宅からは、直線距離で、1キロ弱です。ドローンの操作可能範囲ですから。

佐藤が映像を用意していた。
石をジャッキアップして、車を車輪止めだけで停車して、宅配業者が来てから、その車輪止めにドローンをの紐をつけておいて、本宅からドローンで抜いた。
山本が、令子役で女装している。

滝野:これって、あなたたちの勝手な想像ですよね。
高徳:でも、厄神先生の死亡推定時刻には、お二人は本宅にいたんです。別荘にいる厄神先生を殺すことはできません。
田中:ですから、こう考えればいいのです。厄神先生は、別荘ではなく、本宅で殺されたのだと。
高徳:遺体を動かしたと言いたいんですか。
田中:ご名答です。
高徳:それはありえない。ベットのシーツについた血痕は、殴られた直後についたものです。厄神先生はあのベットの上で亡くなった。
田中:こう考えれば良いのです。厄神先生は、ベットごと移動したのだと。そして、それこそが石を落としたもう一つの理由へとつながるんです。

ベッドを運び込んで、仕事場の勝手口を潰した。車を止めたら、台所のほうの勝手口は出入りできない。キッチンの勝手口を使えるようにする必要がある。石がなくなれば、車を置ける。

また高徳がすごい顔になっている。
貴族探偵:まるで発情期に恋人を奪われたマンドリルのようですね。

また、貴族探偵に負けてしまいそうになって、高徳が、マンドリルのような顔になっているということです。
どんどん顔がひどいことになっていっていますね。

高徳:筋は通っていると思います。でも、なんでお二人が。
田中:奥様は、そちらの滝野様と不倫関係を築かれていたのではございませんか?

令子と滝野の不倫現場に厄神が現れて、修羅場になり、滝野がトロフィーで厄神を殴った。
貴族探偵:犯人は君たちだね。
令子:だって悔しいじゃない。売れない頃からずっと支えて来たのに。昔みたいにずっと優しいあの人でいてくれたら、私はそれでよかったのに。
貴族探偵:ご主人が羨ましいですね。このような素晴らしい女性と結婚できたのですから。愛ゆえの犯行です。しかもあなたは最後の最後までご主人のことを思っていた。だから、あのようにベットを配置したんですよね。北枕にならないように。あなたは悪人ではありません。ただ誰よりも、ご主人のことを愛していただけです。
滝野:僕は何もしていませんよ。殺したのは奥さんですから。
貴族探偵:この国は、いつからこのようなゲスの住処になったのだろうね。傷ついた女性を盾にするような男は、殺人者よりはるかに劣る。法の裁きを免れたとしても、君には天罰が降るだろう。神様が下すのではない、明確な意思を持った人間が下す罰だ。覚悟しておきたまえ。

高徳が、美咲と松尾の二人に謝る。

田中が、生チョコレートを、高徳にあげる。

田中は優しい?のでしょうね。これで、おそらく慰めているのだろうと思います。
まあ、ちょっとわかりにくところですが。

高徳:何も言わないんですか?
貴族探偵:負けを認めた相手に、トドメを刺すのは騎士道に反しますので。
高徳:私の完敗です。無実の人間を追い詰める。探偵としてやってはいけないことをやってしまいました。
貴族探偵:泣き言なら、他でどうぞ。あなたを慰めるほど暇ではない。
高徳:負けたのは田中さんにです。
貴族探偵:だから言ったでしょう。くだらない捜査や推理をするのは、貴族の務めではないと。
高徳:じゃあ、あなたがいる理由はなんですか。
貴族探偵:もちろん、美咲さんと松尾さんをディナーにお誘いするためですよ。これから一番重要な使命があるので、これで。

事務所で。
喜多見:また会ったの?もしかして運命の人?で、マンドリルの顔に?
マンドリル顔をする、高徳と喜多見。
1年前のあの日のことを話そうとすると、喜多見がいなくなる。

貴族探偵の2話。また、高徳は、貴族探偵に負けましたね。マンドリルの顔になっていました(笑)

以上、貴族探偵・ドラマ、2話のネタバレ、あらすじでした。
貴族探偵、2話を見逃して、動画で見たい方は、FODでどうぞ!
まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

「貴族探偵」3話のネタバレ、あらすじなどはこちら

貴族探偵。3話。ネタバレ、あらすじ。キャスト。感想。橋本環奈さんの事件を相葉雅紀さんが解決?視聴率は?

「貴族探偵」4話。キャスト。ネタバレ、あらすじ。視聴率。感想。アイドルの事件の真相は?

ドラマ、貴族探偵の2話の感想。視聴率は?

ドラマ「貴族探偵」2話の感想。

「貴族探偵」2話の感想は、また、高徳は貴族探偵に負けてしまいましたね。

残念ですよね。というか、もう少ししっかり捜査すると良いように思うのですが。そういうものでもないのでしょうか。

で、高徳の推理とは実際は違っていて、田中が推理したということになっていますね。

ただ、貴族探偵も、ドローンで遊んだりしていましたが、何かを探っていたのかもしれませんね。確かに、ドローンがなんであんなところにあるのか怪しかったですよね。

それと、書斎にベッドがあって、そこで、争った感じもなく死んでいるのも、どこか不自然で、書斎以外で亡くなった可能性はありそうでしたよね。そこを高徳は見ないで、貴族探偵は見ていたのでしょう。

貴族探偵の2話も結局、高徳の推理は外れて、貴族探偵というか田中の推理が当たったようです。

もう少し、高徳は、しっかり推理したほうが良いような、というのが、「貴族探偵」2話の感想ですね。

で、今回の貴族探偵の2話の推理は、田中でしたね。1話は山本。今回の2話で、山本は女装していました。貴族探偵の3話でも女装するようです(笑)。

次の3話は、佐藤が推理するのでしょうか。

貴族探偵の3話は、女子高生役で、橋本環奈さんが出演するようですね。貴族探偵、3話、どうなるのでしょうか?

貴族探偵、2話の視聴率

貴族探偵、1話の視聴率は、11.8%でした。悪くはないですが、ここからどうなるのか。貴族探偵、2話の視聴率は、どうなるでしょうね。

貴族探偵、2話の視聴率、8.3%でした。だいぶ落ちてしまいましたね。10%を切ってしまいました。厳しいですね。ただ、貴族探偵の次回の3話は、橋本環奈さんが出演するので、また視聴率は回復するのではないかと思いますが。

貴族探偵。最終回。11話。ネタバレ、あらすじ。貴族探偵の正体は明かされるのか?キャスト。視聴率。

貴族探偵。最終回。11話。ネタバレ、あらすじ。予想。キャスト。これまでのまとめ

貴族探偵。10話。ネタバレ、あらすじ。キャスト。具同家の星見荘で何が起こる?感想。視聴率

貴族探偵。9話。ネタバレ、あらすじ。貴族探偵の真相が暴かれる?ゲスト出演は高岡早紀さん。キャスト。感想。視聴率。

貴族探偵。8話。ネタバレ、あらすじ。感想。高徳愛香が逮捕される。キャスト。視聴率。

貴族探偵、7話。ネタバレ、あらすじ。喜多見切子を貴族探偵が殺した?キャスト。感想。視聴率

貴族探偵。6話。ネタバレ、あらすじ。感想。婿候補を殺した犯人は?キャスト。視聴率。

貴族探偵、5話。ネタバレ、あらすじ。感想。貴族探偵の正体を探る高徳愛香。キャスト。視聴率。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう