恋する母たち。5話。ネタバレ。感想。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?

スポンサーリンク

恋する母たち。5話。あらすじ、ネタバレ。感想。木村佳乃さん主演。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?

ドラマ、恋する母たち、5話は、TBSの金曜夜10時放送です。

恋する母たちの5話は、林 優子(吉田 羊)が赤坂 剛(磯村勇斗)とキスしているところを、林シゲオ(矢作 兼)に見られたあとですね。

ということで、恋する母たち。5話あらすじネタバレ。感想。キャスト、見逃し配信動画。視聴率などをまとめておきます。

↓ ドラマ、恋する母たち、5話の見逃し配信は、Paraviで
Paravi・2週間無料体験

2020年秋ドラマ。10月〜12月のドラマ一覧。ネタバレあらすじまとめ

スポンサーリンク

恋する母たち。5話。あらすじ、ネタバレ。感想。木村佳乃さん主演。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?

恋する母たち。5話
恋する母たち。5話

恋する母たち。5話の主なキャスト、出演者

石渡 杏(木村佳乃)
林 優子(吉田 羊)
蒲原まり(仲 里依紗)

斉木 巧(小泉孝太郎)

赤坂 剛(磯村勇斗)
山下のり子(森田望智)
斉木由香(瀧内公美)

林 大介(奥平大兼)
蒲原繁秋(宮世琉弥)
石渡 研(藤原大祐)

石渡慎吾(渋川清彦)
蒲原繁樹(玉置玲央)

林シゲオ(矢作 兼)
石渡綾子(夏樹陽子)

今昔亭丸太郎(阿部サダヲ)

恋する母たちの脚本、演出、プロデューサーなど

脚本:大石 静

音楽:出羽良彰、兼松 衆

チーフプロデューサー:磯山 晶

プロデューサー:佐藤敦司

演出:福田亮介、吉田 健

 

恋する母たちの原作

ドラマ、恋する母たちの原作は、漫画「恋する母たち」です

恋する母たち(1) (ビッグコミックス)

恋する母たち(1) (ビッグコミックス)

  • 作者:柴門ふみ
  • 発売日: 2018/06/22
  • メディア: Kindle版

柴門ふみさんの漫画ですね。

公式Twitter、インスタグラムなど

恋する母たちの公式Twitter

恋する母たちの公式Twitter

恋する母たちの公式インスタグラム

恋する母たちのInstagram

ハッシュタグは、 #こいはは、#恋する母たち ということです。

 

恋する母たち、5話あらすじ

恋する母たち。5話のあらすじ

赤坂(磯村勇斗)との密会を夫のシゲオ(矢作兼)に見られた優子(吉田羊)。ついにシゲオから「限界だ」と言われてしまう。さらに故郷の与論島でフリースクールを立ち上げようと準備をしていて、息子の大介(奥平大兼)も連れていくと告げられる。大介も麻蔵学園高校を退学し、シゲオについて行くつもりでいた。仲良く引っ越しの相談をする2人を前に、優子は居場所がなかった。しかし、疎外感を感じていたところに思わぬ声がかかる。
一方、杏(木村佳乃)は息子の研(藤原大祐)のことで頭を悩ませていた。研は、斉木(小泉孝太郎)が自分の父親の駆け落ち相手の元夫であることを知り、ナーバスになって未だ家に帰ってこない。多感な年頃の研を心配した杏は、しばらく会うのをやめようと斉木に伝える。しかし、会えなくても、杏の好物を買い家の玄関先にそっと差し入れしてくれる斉木のさり気ない優しさに喜び、会えなくても心は通じ合っていると思われた2人だったが…。
その頃、まり(仲里依紗)は、温泉旅館で丸太郎(阿部サダヲ)と一晩を過ごし帰宅。先に帰っていた夫の繁樹(玉置玲央)から、浮気相手ののり子(森田望智)のことを謝られ複雑な心境だった。その繁樹が、辣腕弁護士の特集でテレビの密着取材を受けることに。まりは張り切って準備しようとするが、息子の繁秋(宮世琉弥)のことで意見がぶつかってしまう。子どもの気持ちなど考えず、見栄を張ることしか頭にない繁樹に、まりは一層不信感を募らせる。
夫と息子が与論島へ行き、一人で東京に残ることになった優子は、コジカフーズの社長から千葉支店への異動を打診される。千葉支店の営業部で成果をあげて本社に戻れば、出世コースだ。シゲオとの一件依頼、優子のことが気がかりな赤坂だが…。そんな中、優子は赤坂の元彼女の有馬(結城モエ)から、呼び出される。
数日後、すっかり仲良くなった杏と優子とまり。喫茶店でいつものように女子会が開かれていたが、優子の口から飛び出した結婚時の衝撃的な告白に2人は驚愕する。

恋する母たち

↓ ドラマ、恋する母たち、5話の見逃し配信は、Paraviで
Paravi・2週間無料体験

スポンサーリンク

恋する母たち、5話のネタバレ

恋する母たち、5話のネタバレ

林 優子(吉田 羊)は、赤坂 剛(磯村勇斗)とキスをしているところを林シゲオ(矢作 兼)に見られる。
シゲオは、赤坂と話すつもりはないと

優子はごめんなさいと謝る。
理解者は愛されない、恋しいとは思われない。
シゲオ「限界だな。大介は与論に連れていく。」

蒲原まり(仲 里依紗)は、今昔亭丸太郎(阿部サダヲ)とダメだと。
子どもたちの元に帰れないという。
まり「何もかも捨てて、丸太郎さんのところに行っちゃうかもしれない」
丸太郎、来ていいよ

まりは、手を繋いで寝ようと言う。

石渡 杏(木村佳乃)は、石渡綾子(夏樹陽子)の家に、石渡 研(藤原大祐)に会いに行く。
杏は誤解だと伝えたいという。
綾子は、任せてくれと。

翌朝、シゲオは、大介に与論に行くと伝える。
しかし、離婚はしないという。
優子は仕方がないと。

まりは帰宅する。
蒲原繁樹(玉置玲央)が、テレビの密着取材が入るという。
蒲原繁秋(宮世琉弥)をテレビに出すのはよそうと。
子供のことはまりの担当だという

繁秋は、テレビに出るのはうざいと、まりに言う

優子は、赤坂に、もう続けられない、さよなら、とメッセージする。

優子は、会社で、千葉で営業部長をやってほしいと、上司に言われる。
昇進には必要で、2年経ったら、本社に呼び戻すと。

石渡研は、今日家に戻ると、杏にメッセージしてくる。
杏は、斉木 巧(小泉孝太郎)にしばらく会えないと電話

優子は栄転。恋する母たち。5話ネタバレ

優子の昇進を防ぎたいという人間がいる。

優子は赤坂に、あなたとのことはやめないとならないと
優子「楽しかった。一生忘れない」

蒲原繁樹は、テレビの取材
娘は、弁護士になりたいと。

優子は、出張で赤坂と一緒に泊まったかと、部下の人に聞かれる。
優子はやましいことはないと。
赤坂から手を引いてくれと言われる。
優子「何か誤解してるようだけど。経費のことは自分で話すから」

赤坂は、経理で出張の費用を聞かれる。

優子は、大介の退学届を出す。先生は良い決断だと。

優子は、千葉支店に転勤すると、部下たちに伝える。
赤坂はできることがあれば言ってくれと。

蒲原繁樹のテレビ番組が放送される。
こういう奥さんが浮気しているんだと、シゲオ。

山下のり子(森田望智)も見ている。

繁秋は、落語家になりたいと言い出す。
まりは、やりたいことを見つけたのはいいと言う。

杏たちは3人で会う。
優子は千葉に行くと伝える。
優子は、大介は話をするのも嫌なのだと。大介は、夫の子ではないという。
上司と不倫していて、別れようと思って、シゲオと結婚したと。
優子「また好きな人になっちゃって。夫と別れて、宇宙にひとりぼっちな感じです」
杏「わかります」
まりは、独身だったらなと。
夫にうんざりだという。
繁秋が落語家になりたいと言っていると。丸太郎に相談したらと言われる。

と、丸太郎から電話

スポンサーリンク

恋する母たち、5話。ネタバレ。杏と斉木

丸太郎に、繁秋を弟子にしてくれないかという。
丸太郎は、母親に頼むものじゃないと。
師匠に3ヶ月会いに行ったのだと、丸太郎はいう。

まりは、可能性があるなら、背中を推したかったのだと言う。
丸太郎「かわいいね」
しかし、弟子にはしないと

杏は、斉木に会いたいとメッセージする。が返信がない。

杏が斉木のマンションに行くと、由香(瀧内公美)がいる。

斉木は、由香は肺がんなんだと、杏に言う
斉木「勝手に死ねとは言えない。」
由香と言うなと、杏。
斉木「めんどくせえな」

シゲオは、優子に営業がんばってねと。2年後は役員かと。
優子は、あなたも、与論島でいい小説書いてねと

1週間後

杏は、スナックに由香に会いに来た。
お金を返すと。
杏「斉木さんに頼らないでください」
肺がんは本当なのかと聞く。

由香は、思い出すのだと。
杏は、二度と近づくなという。
由香「でもあんた子供いるでしょ」
杏「子供がいても、恋をするんです」

それぞれの。恋する母たち。5話ネタバレ。結末

丸太郎と、斉木。バーで
丸太郎は、バツ3だから、斉木の気持ちはわかるという。
最初の女性は、いなくなった。
前のカミさんが壊れて、騒いだ。二度目の人と別れた。
三度目のカミさんでも、ひどくなった。

丸太郎「一度結婚した相手は、人生から消せないものなんですよ」

杏が、斉木に電話してくる

と、赤坂もいる
丸太郎は、いろいろだからと。

斉木は電話するが、杏はその話は話したくないと。

大介と研が会っている。
研は、会いに行くと。大介は絶対に来てくれという。

大介と優子
大介「うまくしゃべれなかったけど、嫌いなわけじゃないよ。俺、石渡研が好きなんだ」
男の人が好きなのだと
東京いると苦しいから与論に行くと決めたのだと言う。

優子「気づけなかったけど、男性が男性を好きになっても、女性が女性を好きになっても、好きだって気持ちは変わらないと思う。人を愛することは素敵よ」
大介「元気で仕事してね」

石渡慎吾(渋川清彦)が助けてくれと、杏のところにやってくる。

↓ ドラマ、恋する母たち、5話の見逃し配信は、Paraviで
Paravi・2週間無料体験

恋する母たち、5話

恋する母たち、5話まとめ

5話は、優子が、赤坂との浮気がシゲオに、バレましたね。

そして、シゲオは、限界だと。与論島に行くことに。

しかし、離婚はしないと。

 

また、杏は、研とのことで、悩んでいて。

 

まりは、息子が、落語家になりたいと。

そして、丸太郎に相談するが、断られます。

 

斉木は、由香と会っていて、杏は、由香に2度と会うなと。

そして、石渡慎吾が、杏とのところにやってきますね。

というのが、恋する母たい、5話のまとめです。

恋する母たち、5話の感想。

シゲオは離婚はしないと。そういうもんなのでしょうか。

 

丸太郎とまりは、まだですね。

 

杏は、斉木が由香と会うのは嫌だと。まあそうですよね。

 

それぞれ、いろいろと抱えていて。これからどうなっていくのか。次回は6話ですね。

恋する母たち。6話のあらすじ

慎吾(渋川清彦)が再び杏(木村佳乃)の前に現れた。与論島での離婚話が島で噂になり、妻の耳にも入って家を追い出されたというのだ。慎吾は離婚届けにあった杏の住所を頼りにやって来たのだが、その身勝手な慎吾に怒りを覚えた杏は、母・綾子(夏樹陽子)の連絡先を教え、雨の中彼を突き放す。
その後、階段から足を踏み外し松葉杖生活となった杏。研(藤原大祐)と一緒に綾子のところで世話になることに。そこには慎吾も身を寄せていた。しかし、そのことを斉木(小泉孝太郎)に知られてしまい…。
千葉で一人暮らしをスタートさせた優子(吉田羊)は、千葉の営業部が本社の宣伝部とは雰囲気が全く違い戸惑っていた。挨拶に行った得意先のスーパーで嫌味なことを言われるなど、驚くことばかりの優子だったが、初めての営業の仕事をひたむきにこなしていた。
そんな時、杏が勤める高根不動産に「吹っ切るために住むところを変えたい」という男性がやってくる。申込書の勤務先にコジカフーズと書いたことから、相手が優子が想っている赤坂(磯村勇斗)ではないかと察するが…。
同じ頃、まり(仲里依紗)は夫・繁樹(玉置玲央)の傲慢な態度にうんざりしていた。落語家になりたいという繁秋(宮世琉弥)のことを一向に認めない夫。一方で相談していた丸太郎(阿部サダヲ)からは思いがけない返信が届く。
そんな中、誰もが羨む生活を送っている蒲原家に災難が襲う。

恋する母たち。6話。あらすじ予告動画。キャスト。見逃し配信動画

恋する母たち。5話の視聴率は?

恋する母たち、5話の視聴率は、どうなるでしょうね。

恋する母たち、1話の視聴率は、10.5%でした。

恋する母たち、2話の視聴率は、7.4%でした。

恋する母たち、3話の視聴率は、7.8%でした。

恋する母たち、4話の視聴率は、7.8%でした。

恋する母たち、5話の視聴率は、8.2%でした。

恋する母たちの主題歌は?松任谷由実さんの「知らないどうし」

恋する母たちの主題歌は、松任谷由実さんの「知らないどうし」です。

ドラマを盛り上げてくれそうですね。

恋する母たち。見逃し配信動画は?

恋する母たちの見逃し配信動画は、Paraviで見られるようになると思います。

恋する母たち。各回のネタバレ、あらすじ、結末など

恋する母たちの各回のネタバレ、あらすじ、結末などは、以下に追記予定です。

恋する母たち。7話。あらすじ予告動画。キャスト。見逃し配信動画

恋する母たち。6話。ネタバレ。感想。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?

恋する母たち。6話。あらすじ予告動画。キャスト。見逃し配信動画

恋する母たち。5話。ネタバレ。感想。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?

恋する母たち。4話。ネタバレ感想。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?

恋する母たち。4話。あらすじ予告動画。キャスト。見逃し配信動画

恋する母たち。3話。ネタバレ。感想。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?

恋する母たち。2話ネタバレあらすじ。感想。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?

恋する母たち。3話。あらすじ予告動画。キャスト。見逃し配信動画

恋する母たち。2話。あらすじ予告動画。キャスト。見逃し配信動画

恋する母たち。1話。あらすじネタバレ。感想。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?

 

記事まとめ

シェア

フォロー