ドラマ。モトカレマニア。ネタバレあらすじ。1話から最終回の結末まで。キャスト。新木優子さん主演。見逃し配信動画。最終回はいつ?視聴率は?

ドラマ。モトカレマニア。ネタバレあらすじ。1話から最終回の結末まで。キャスト。新木優子さん主演。見逃し配信動画。最終回はいつ?視聴率は?

フォローする

フォローする

フォローする

モトカレマニア

ドラマ。モトカレマニア、ネタバレあらすじ。1話から最終回の結末まで。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?最終回はいつ?主題歌

モトカレマニアは、新木優子さん主演のラブコメディーということです。

難波ユリカ(新木優子)は、元カレの斉藤真(高良健吾)を忘れられず、真のことを妄想しているということです。

そんなユリカは、真と同じ不動産会社で働くことになって再会。

果たして、この2人はどうなるのか。

ということで、モトカレマニアのあらすじ、ネタバレ、キャスト。見逃し配信動画、視聴率は?最終回はいつ?といったことをまとめておきます。

モトカレマニアの見逃し配信動画は、FODで ↓
フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム(無料でお試し)】

モトカレマニア。1話あらすじ。予告動画。キャスト。ゲスト。見逃し配信動画。視聴率

秋ドラマ2019年一覧。2019年10月〜12月のドラマ。ネタバレあらすじまとめ。

スポンサーリンク

モトカレマニア。ネタバレあらすじ。1話から最終回の結末まで。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?最終回はいつ?主題歌

「モトカレマニア」の主なキャスト、出演者

難波ユリカ(新木優子)
斉藤真(高良健吾)
山下章生(浜野謙太)
来栖むぎ(田中みな実)
周防ひろ美(よしこ(ガンバレルーヤ))
大沢将(森田甘路)
白井忠文(関口メンディー(EXILE / GENERATIONS))
増田隆志(加藤虎ノ介)
新田浩二(大地)
近藤康(井上翔太)
安藤一朗(小手伸也)
丸の内さくら(山口紗弥加)

モトカレマニア。キャスト、出演者。登場人物。新木優子さん主演のラブコメ。元カレは高良建吾さん

モトカレマニアの主なキャスト、出演者についてなど

難波ユリカ(新木優子)

主人公の難波ユリカは、新木優子さんです。

元カレのマコチ(斉藤真)を好きすぎるあまり、SNSで、マコチのことを検索していたり、変な妄想をしていたりするということです。

マコチと再会して、恋が成就するのかというところですね。

斉藤真(高良健吾)

その元カレのマコチ・斉藤真は、高良健吾さんです。

不動産会社で働いていて、その不動産会社にユリカが入ってきて、再会します。

女心を惑わす罪な男だそうです。ユリカとはどうなるのか。

山下章生(浜野謙太)

山下章生は、浜野謙太さんが演じます。

不動産会社で、ユリカの最初の客としてやってきて、ユリカは山下と新たな恋愛をしようとするようです。

優しくて誠実な性格ですが、恋愛には奥手ということで、ユリカとどうなるのか。

安藤一朗(小手伸也)

その不動産会社の社長、安藤一朗は、小手伸也さんです。

自身の苦い恋の経験をもとに、男目線の恋愛アドバイスをマコチに送るなど部下思いの一面もあるということです。

丸の内さくら(山口紗弥加)

丸の内さくらを演じるのは、山口紗弥加さんです。

難波ユリカが愛読する小説の作者だそうです。

来栖むぎ(田中みな実)

来栖むぎは、田中みな実さんが演じます。

北海道でコミュニティーラジオのパーソナリティーとして活躍しているとのこと。

北海道を愛し、自分の仕事に誇りを持つ女性だそうです。恋には不器用なようですね。

周防ひろ美(よしこ(ガンバレルーヤ))

周防ひろ美は、ガンバレルーヤのよしこさんです。

難波ユリカの大学時代からの親友でネイリストだそうです。

既婚者のひろ美は、ユリカのことが心配で、アドバイスをいろいろしてくれるようですが。

モトカレマニアのゲスト出演者は?

ゲストは、そこまで多くなるようなドラマという感じではないですよね。

恋愛ものは、ゲスト出演が多くはならないような。

モトカレマニアの脚本、演出、プロデューサーなど

脚本:坪田文

演出:並木道子、相沢秀幸

プロデューサー:草ヶ谷大輔

音楽:田渕夏美、中村巴奈重

モトカレマニアの原作

ドラマ、モトカレマニアの原作は、マンガ、「モトカレマニア」です。

モトカレマニア プチキス(1) (Kissコミックス)

モトカレマニア プチキス(1) (Kissコミックス)

    • 作者: 瀧波ユカリ
    • 出版社/メーカー: 講談社
    • 発売日: 2018/04/25
    • メディア: Kindle版

連載中ということで、まだ、完結していないようですが、ドラマの前に読んでみるというのもありかもしれませんね。

モトカレマニアの公式Twitterなど

モトカレマニアの公式Twitter

モトカレマニアのTwitter

ハッシュタグは、 #モトカレマニア ですね。

モトカレマニアの見逃し配信動画は、FODで ↓
フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム(無料でお試し)】

モトカレマニアのあらすじ

モトカレマニアあらすじ

モトカレマニア

元カレを忘れられない“モトカレマニア”の主人公・難波ユリカ(なんば・ゆりか)は、元カレのマコチを好きすぎるあまり、毎朝SNSで名前を検索したり、心の中でマコチと妄想の会話をしたり、初対面の男性に対し、“モトカレスカウター”なるものを起動させ、マコチとのかすかな共通点を見つけると恍惚の表情を浮かべる27歳独身のぶっ飛びOL。見た目が悪いわけではなく、まわりの女の子と比べても、彼女が持ち合わせているスペックは決して低くないにも関わらず、うまく恋愛ができない……。そんなユリカを演じるのは、新木優子さん。新木さんが地上波ドラマで主演を務めるのは今回が初となると同時に、木曜劇場に出演するのも初めてです。同世代の女子を中心に絶大な人気を誇る新木さんが、恐ろしいまでに元カレを引きずりまくる姿に是非ご注目ください。刑事や医者、パラリーガルや社長令嬢など、“できる女”を数多く演じてきた新木さんにとって新境地とも言える“イタカワ女子”(イタいけどカワイイ女子)は必見です!

元カレを忘れられない難波ユリカ。

初対面の男性に元カレとの共通点を探したりする、ちょっとぶっ飛んだOLということです。

イタカワ女子だそうです。

一方、元カレのマコチこと斉藤真(さいとう・まこと)は、不動産会社に勤務する30歳独身のイケメン。元カノ・ユリカの妄想の中にたびたび現れ、彼女の大きな心の支えとなっています。5年前にふたりが別れることになってから姿を消していましたが、ユリカが働くことになった不動産会社で“同僚”として再会することに……。真っすぐすぎる性格のあまり、知らず知らずのうちに自らの言動でユリカの心を大きく揺さぶってしまう――どこかつかみどころのない好青年・マコチを演じるのは、高良健吾さん。高良さんが木曜劇場で主演を務めるのは新木さん同様、今回が初となると同時に、木曜劇場に出演するのも初。並びに、フジテレビ系ドラマで主演を務めるのは、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(2016年1月期)以来となります。心優しい純朴な大学院生から、背中に龍の入れ墨を入れ、顔中に15個ものピアスを施し、舌をスプリットタンにした不気味な男まで、どんな役をやらせても他を圧倒する存在感を放つ高良さんが演じる、天然・ピュアゆえの言動でなんだか憎めない“女心を惑わす罪な男子”は大きな話題になるはず。

その元カレの斉藤真を、マコチと呼んでいるようですね。

ユリカが働くことになった不動産会社で、同僚として再会することになるとのこと。

女心を惑わす罪な男だそうです。

モトカレマニア。第1話、あらすじ

現在失業中の27歳・難波ユリカ(新木優子)は、見た目が悪いわけではなく、コミュニケーション下手というわけでもないのに上手く恋愛ができない。その理由は、初めて付き合った彼氏、“マコチ”こと斉藤真(高良健吾)との恋愛にあった。

ユリカは、初めての恋愛で、好きになった人とごく自然に付き合う、という経験をしたが、当時の彼女はその尊さがわかっておらず、些細なすれ違いからマコチを振ってしまう。だが、次に付き合った男はクズ、その次に付き合った男はもっとクズ……という失敗を経て、上手く恋愛が出来なくなってしまったユリカが出した答えは、『幸せだった過去の恋の時間に浸る』ことだった。

元カレとの思い出を源泉に、切なく甘酸っぱい恋愛描写で人気の小説家・丸の内さくら(山口紗弥加)の小説を愛読し、マコチとの幸せな思い出に浸っては心の中でマコチとの妄想の会話を繰り広げるユリカ。毎朝SNSでマコチのことを検索する日々を送るユリカは、初対面の男性に対しも“モトカレスカウター”なるものを起動させ、マコチとのかすかな共通点を見つけることに喜びを感じていた。親友のネイリスト・周防ひろ美(よしこ)は、ユリカを心配し、「不毛なことをしている場合じゃない」「現実を見ようよ」とアドバイスする。するとユリカは、マニアとはそういうもの、と開き直る。他人に迷惑をかけず、好きなものに全力で熱中し、浸る――私はモトカレマニアなのだから、と……。

失業保険がもうすぐ切れる上、アパートの更新も近づいていたユリカは、チロリアン不動産の面接を受ける。社長の安藤一朗(小手伸也)は、部下の大沢将(森田甘路)、白井忠文(関口メンディー)とともに、過去の失敗から、女性とはお酒を飲みに行かない“ハラミ会(ハラスメントを未然に防ぐ会)”を結成するほどリスクヘッジに敏感な男だが、ユリカの強引さに押され、取り敢えず仮採用することを決める。

そこでユリカは、初めてひとりの客を担当することになった。異動で北海道から上京してきた大手食品会社勤務の理系男子・山下章生(浜野謙太)だ。山下が食べ歩きが趣味のグルメマニアだと知ったユリカは、同じマニア気質を持つ者として彼にシンパシーを抱く。

そんな折、ユリカは、大阪に出張していたというもうひとりの社員と顔を合わせる。何とそれは、マコチだった――。

というのが、モトカレマニア、1話のあらすじです。

モトカレマニアの見逃し配信動画は、FODで ↓
フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム(無料でお試し)】

スポンサーリンク

モトカレマニアの放送開始日、視聴率、最終回、主題歌などは?

2019年10月17日(木)夜10時スタート

モトカレマニアは、2019年10月17日(木)夜10時スタートです。

10月の秋ドラマとしては、遅いスタートになりますね。

モトカレマニアの視聴率はどうなる?

モトカレマニアの視聴率はどうなるでしょうね。

この木曜夜10時の時間帯は、ドラマは苦戦していますよね。

前のクールの、「ルパンの娘」も、面白かったですが、そこまで、視聴率は伸びなかったですし。

どこまで話題になるかなのかなと思います。

モトカレマニアの最終回は、いつ?どうなる?結末は?

ドラマ、モトカレマニアの最終回は、全10話なら、12月19日(木)になりますね。

おそらくこのあたりが、最終回になると思います。

最終回は、どうなるでしょうね。

やはり、ユリカの恋がどうなるかというところでしょう。マコチとまた恋人になれるのかどうか。

ここが、モトカレマニアの気になる結末ということになりそうですよね。

主題歌は?

モトカレマニアの主題歌は、超特急の「Revival Love」ということです。

アップテンポでハッピーな楽曲ということで、ドラマを盛り上げてくれそうですね。

モトカレマニアの見逃し配信動画は?

FODで、モトカレマニアの見逃し配信動画は見られますよ。

モトカレマニアの見逃し配信動画は、FODで ↓
フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム(無料でお試し)】

モトカレマニアの各回のネタバレ、あらすじ、結末など

モトカレマニアの各回のネタバレ、あらすじ、結末などは、今後、以下に追記していきます。

モトカレマニアの1話のネタバレ、あらすじ、結末

モトカレマニア。1話あらすじ。予告動画。キャスト。ゲスト。見逃し配信動画。視聴率

現在失業中の27歳・難波ユリカ(新木優子)は、見た目が悪いわけではなく、コミュニケーション下手というわけでもないのに上手く恋愛ができない。その理由は、初めて付き合った彼氏、“マコチ”こと斉藤真(高良健吾)との恋愛にあった。

ユリカは、初めての恋愛で、好きになった人とごく自然に付き合う、という経験をしたが、当時の彼女はその尊さがわかっておらず、些細なすれ違いからマコチを振ってしまう。だが、次に付き合った男はクズ、その次に付き合った男はもっとクズ……という失敗を経て、上手く恋愛が出来なくなってしまったユリカが出した答えは、『幸せだった過去の恋の時間に浸る』ことだった。

元カレとの思い出を源泉に、切なく甘酸っぱい恋愛描写で人気の小説家・丸の内さくら(山口紗弥加)の小説を愛読し、マコチとの幸せな思い出に浸っては心の中でマコチとの妄想の会話を繰り広げるユリカ。毎朝SNSでマコチのことを検索する日々を送るユリカは、初対面の男性に対しも“モトカレスカウター”なるものを起動させ、マコチとのかすかな共通点を見つけることに喜びを感じていた。親友のネイリスト・周防ひろ美(よしこ)は、ユリカを心配し、「不毛なことをしている場合じゃない」「現実を見ようよ」とアドバイスする。するとユリカは、マニアとはそういうもの、と開き直る。他人に迷惑をかけず、好きなものに全力で熱中し、浸る――私はモトカレマニアなのだから、と……。

失業保険がもうすぐ切れる上、アパートの更新も近づいていたユリカは、チロリアン不動産の面接を受ける。社長の安藤一朗(小手伸也)は、部下の大沢将(森田甘路)、白井忠文(関口メンディー)とともに、過去の失敗から、女性とはお酒を飲みに行かない“ハラミ会(ハラスメントを未然に防ぐ会)”を結成するほどリスクヘッジに敏感な男だが、ユリカの強引さに押され、取り敢えず仮採用することを決める。

そこでユリカは、初めてひとりの客を担当することになった。異動で北海道から上京してきた大手食品会社勤務の理系男子・山下章生(浜野謙太)だ。山下が食べ歩きが趣味のグルメマニアだと知ったユリカは、同じマニア気質を持つ者として彼にシンパシーを抱く。

そんな折、ユリカは、大阪に出張していたというもうひとりの社員と顔を合わせる。何とそれは、マコチだった――。

というのが、モトカレマニア、1話のあらすじです。