お迎えデス。ドラマの第3話、あらすじや感想、ネタバレ。福士蒼汰×土屋太鳳のコメディ。ストーカーの幽霊現れる

シェアする

スポンサーリンク

お迎えデス。ドラマの第3話。

福士蒼汰さん演じる堤円が、幽霊を成仏させるバイトをやる気になりました。

さて、今回は、どんな幽霊が出てくるのでしょうか?

 

お迎えデス。ドラマの第1話、あらすじや感想、ネタバレ。福士蒼汰×土屋太鳳のコメディ – ゆらりのらり感想ブログ

お迎えです。 コミックセット (花とゆめCOMICS) [マーケットプレイスセット]

お迎えです。 コミックセット (花とゆめCOMICS) [マーケットプレイスセット]

 

 

f:id:yurarinorari:20160507220144j:plain

 

ストーリー|お迎えデス。|日本テレビ

 

スポンサーリンク

お迎えデス。ドラマの第3話、あらすじや感想、ネタバレ。福士蒼汰×土屋太鳳のコメディ。ストーカーの幽霊現れる?

お迎えデス。ドラマの第3話、あらすじ

土屋太鳳さん演じる、阿熊幸の気持ちなどがわからず、心理学を学び始める、円。

そんなときに、野波麻帆さん演じる矢島美樹という、古典の高校教師の幽霊に出会う。

矢島は、自分の元教え子が気になって、成仏できないでいる。

竜屋涼さん演じる、教え子の中村亮二は、大学に受かったのになぜか大学に行かない。

 

円と幸で、中村に会いに行き、なぜ学校に行かないのか探るが、理由がわからない。

 

また別の日に、ナベシマと会う、幸子。ナベシマは、元キングオブコメディの今野浩喜
さん演じる保を成仏させようとしてたいところだったのですが、保は、幸子に一目惚れしてしまい、どこかに消える。

 

 中村が、円のところに現れ、遊ぼうと言う。

そして、保も幸子のところに現れ、「あんたに一目惚れしたんだ。俺を成仏させてくれ、俺の恋人になってくれ。」と迫る。断る、幸。
その後、幸の家までついてくる、保。そんな保に、門脇麦さん演じる千里が家から出て行けと。出て行く、保。

 

そんなころ、中村と、円は、ホストに体験入店する。
酒を飲んで酔っ払った円の体に、矢島美樹が乗り移ってしまう。なぜ、学校に行かないのかと、中村に詰め寄る、矢島。答えない中村。

酔っ払って、倒れてしまう、円。

 

幽霊にストーカーされる幸子。
ナベシマに会うと、「ちょっとぐらい少し付き合ってあげたら、減るもんじゃないし」と幸子は言われてしまう。

幽霊と人間の間に恋愛が成り立つのか。

 

男はデリカシーが無い。円は、「自分が恋人同士のようになれるとは思えない」と、以前千里に言ったことがある。女心がわからない、円。

 

涼が、ホストクラブで売上ナンバーワンに。
そんな涼が、財布を盗んだと疑われる。

ホストたちから逃げる中村涼と堤円。逃げ切ることができると、

中村は、
「お前といると、すげー好きだった人のことを思い出すんだ。高校のときの古典の先生。

教師と生徒の恋愛は、不道徳なことと言われて、好きだと言えなかった。卒業したら教師と生徒じゃなくなる。なのに、死んじまった。何もかもどうでも良くなった。
お前と会っていると、今の俺を見たら、先生はどう言うのかなと気になって。
やり直してみるかと。」

と、やり直すことを決心する。

これを見て、矢島美樹は成仏するかと思いきや、その場から消えてしまう。

 

今度は、円の体を乗っ取って、幸にキスをしようと企む、保。

キスされまいと、抵抗する幸。

自分の体を取り戻そうとする、円。

その円が、階段から転げ落ちてしまう。

 

お迎えデス。ドラマの第3話の感想

幽霊と人間の恋愛。

これが、今回のテーマですね。というか、次回にも続きますね。

今回出てきている幽霊たちは、恋愛が理由で成仏できていません。心残りになるとしたら、たしかに、そういうのはあるでしょうね。恋愛感情は、感情として強いでしょうから。

しかし、円も言っていましたが、幽霊と人間の恋愛は成り立つのか。そこに、乗り移れる体として、円の存在が狙われるというのはあるでしょう。

死んでしまって幽霊になると、人間の体を触れない、移動には便利かもしれませんが、触れ合うことはできませんね。そうなると、恋愛が成立しにくいというのはありますよね。

心で通じ合うと言っても、むずかしいところがあるでしょう。そもそも、人間には、幽霊は見えませんしね。

幽霊に限りませんが、心残りなことをどうするかというのはありますよね。そして、恋愛に限らず。この「お迎えデス。」は、心残りや心配、後悔などがあって、成仏できない幽霊の話です。

現実に、幽霊がいるのかいないのかわかりませんが、後悔や心残りがあると、やはり残念です。そうならないように、したいなと思ったりも、ちょっとしますね、このドラマを見ていると。

まあ、コメディ的な話なので、そこまで深刻にはならないですが。

お迎えです。 (5) (花とゆめCOMICS)

お迎えです。 (5) (花とゆめCOMICS)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう