お迎えデス。ドラマの第6話、あらすじや感想、ネタバレ。達夫の心配は残した草野球チームと真之助

シェアする

スポンサーリンク

お迎えデス。ドラマの第6話です。

今回は、寺島進さん演じる、達夫が、残した草野球のチームが試合ができるのかということが心配で、成仏できないという話ですね。

 

第5話、第4話はこちら

お迎えデス。ドラマの第5話、あらすじや感想、ネタバレ。幽霊が見ていたことを証明できるのか? – ゆらりのらり感想ブログ

お迎えデス。ドラマの第4話、あらすじや感想、ネタバレ。福士蒼汰×土屋太鳳のコメディ。美樹は成仏できるのか? – ゆらりのらり感想ブログ

 

第7話はこちら

お迎えデス。ドラマの第7話、あらすじや感想、ネタバレ。円の父は死んでしまうのか? – ゆらりのらり感想ブログ

f:id:yurarinorari:20160528170016j:plain

ストーリー|お迎えデス。|日本テレビ

 

お迎えデス。ドラマの第6話、あらすじ、ネタバレ、感想。

お迎えデス。ドラマの第6話、あらすじ、ネタバレ。

門脇麦さん演じる、千里が、「ロケットは趣味って言っていたの本当?」と円に聞く。
福士蒼汰さん演じる、円「昔から趣味だよ。」は答える。

 

寺島進さん演じる、達夫。草野球に命をかけている。
達夫「俺が死んだせいで、1人足りないんだよ。」と、草野球チームの助っ人に、円を連れていく。

チームの解散をするかの会議。
次の試合だけ、円がチームに参加することに。
野球の経験はと聞かれる、円は「野球の経験はありません。」と、スポーツ全般苦手とのこと。

真之助を、姉の真理が、連れて帰る。

 

千里が幸の入院の部屋に現れて「死神さんたち私のこと探している。」
幸「堤くんのうちは居心地はどう?」
千里「ずっといたい感じ。」
幸「ちゃんと話さないと。後悔したままでいて欲しくないの。」

真之助は、野球をやりたいのか?

半年ほど前。野球の練習を見に来ていた真之助。
下手だったが、やめなかった。
フライを取れば、チーム初めての勝利だった。エラーしてしまいチームは負ける。真之助は相当落ち込んでいた。

真之助の部屋に入ると、真之助がグローブを片付けてしまう。

 

病院の屋上で、土屋太鳳さん演じる、幸。「一度逃げているのよ。千里ちゃんのこと、考えてあげて。」
円「わかった。鍋島さんに見つからないようにする。」
幸「そうじゃなくて。」

千里の恋心がわからない、円。

幸の病室で、幸の父親「父さんはずっと会いたかった。」
幸「本当?前に電話が来たって。」
父「優秀な若い男がいて、幸に会わせたいと思って。」
幸「そういうことか、出てって。」

 

そこにナベシマたちが現れ、「凄いことできるようになったかも。ご褒美何くれる?」と幸に言われ、前の記憶が出てくるナベシマ。

 

バッティングセンターに、真之助がバイトで来る。

千里「意味不明なところが、真之助くんと円が似ている。」
円「意味不明なのは、君では。高2の星を見に行こうと言った以来、会わなくなって。」
怒る千里「言わないとわからない?」
円「明文化してもらわないとわからない。」

 

敵チームのイーグルスと出会った後に

千里「真之助、一人で練習してたんだよ。バイト終わってから、朝までずっと。」
達夫「やっぱりあいつ野球好きなんだよ、野球やりたいんだよ。」

真之助に会いに行く、円。
円「君と僕は似た者同士らしい。そう言われると、そんな気がして。ロケット大会に参加するにはお金が必要だとか考えたりしていたら、友達に今回は見合わそうと言われて。それでもやりたいとは言えなかった。やりたいっていうの、簡単じゃないよね。」
真之助「迷惑かけちゃやっちゃダメなこともある。」
円「誰かに迷惑って言われた?言われてないのに自分で決めつけるの。君の思いは君が言わないとみんなに伝わらない。僕の周りに自分とは正反対の人で自分の思いを伝えようとする人がいて。 その人の影響で自分がちょっと変わった気がしてた。でも変われてなかった。
明日の試合、来るか来ないかは君次第だ。君と一緒に野球をしたいと思っていた人がいた。そのことは覚えておいて。」

 

野球の試合。加藤は足をひねってしまう。

真之助が野球場に。「野球やりたいのに、言えなかった僕を、達夫さんは誘ってくれた。」
姉の真理が「また恥かくかもよ」というと、真之助は「なんでお姉ちゃんはエラーするって決めつけるの。エラーするかも、でもやりたい。みんなと野球がやりたい。」

 

真之助のところにフライが。円の体に入る、達夫。「真之助、お前が取れ」フライをキャッチする、真之助!

千里の力で風が起こって、ホームランを打つ、達夫。成仏する達夫。

「さっきの風、君でしょう。ありがとう。」と千里に言う、円。

 

所変わって、幸が入院している夜の病室。

幽体離脱?する幸。の前に、一課の二人が現れる。

お迎えです。 6 (花とゆめコミックス)

お迎えです。 6 (花とゆめコミックス)

 

お迎えデス。ドラマの第6話、感想。

今回も、千里の力を借りるなどして、成仏させることができた、円。そんな円でしたが、自分のやりたいことをやりたいと、なかなか言えない、というところもあるようですね。

理系男子で、自分がやりたいことをやる、そういうタイプかと思っていましたが、そうでもないようです。

確かに、自分がやりたいことをやりたいと、人に言うのは、なかなか難しいのかもしれませんね。そういう意味では、誰かに背中を押されたり、人に影響されたりして、動こうとするものかもしれません。

そういう意味では、人の影響は大きいですね。とそんなことを「お迎えデス」の第6話で思ったりしました。

 

そして、阿熊幸は、幽体離脱ができるようになったようです。その前に、一課の二人が現れます。次回、一課と組むことになるのでしょうか。お迎えデス。第7話では、円の父親、郁夫が倒れてしまうようです。どうなる?円?

お迎えデス。ドラマの第5話、あらすじや感想、ネタバレ。幽霊が見ていたことを証明できるのか? – ゆらりのらり感想ブログ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう