お迎えデス。ドラマの第7話、あらすじや感想、ネタバレ。円の父は死んでしまうのか?

シェアする

スポンサーリンク

お迎えデス。ドラマの第7話です。

今回は、福士蒼汰さん演じる、堤円の父親、大杉漣さん演じる、堤郁夫が倒れてしまいます。

果たしてどうなるのでしょうか。

お迎えです。(花とゆめコミックス版) 1

お迎えです。(花とゆめコミックス版) 1

  • 作者: 田中メカ
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2016/04/01
  • メディア: Kindle版

第6話、5話はこちら

お迎えデス。ドラマの第6話、あらすじや感想、ネタバレ。達夫の心配は残した草野球チームと真之助 – ゆらりのらり感想ブログ

お迎えデス。ドラマの第5話、あらすじや感想、ネタバレ。幽霊が見ていたことを証明できるのか? – ゆらりのらり感想ブログ

f:id:yurarinorari:20160604125156j:plain

ストーリー|お迎えデス。|日本テレビ

スポンサーリンク

お迎えデス。ドラマの第7話、あらすじや感想、ネタバレ。

お迎えデス。ドラマの第7話、あらすじ、ネタバレ

堤円のお父さん、郁夫のポケットから、女物のハンカチが出てきた。
お父さんが倒れる。

不整脈による心停止。

幽体離脱してしまう、お父さん。
土屋太鳳さん演じる、阿熊幸の病室に行く、3人。
父親に、死神のアルバイトをしていると伝える。
ナベシマが現れる。

幽体離脱できることを、ナベシマに、幸が見せる。
幸:いろいろできることも増えると思うのよ。
ナベシマ:無理するな。俺はさっちゃんのためを思って言っているの。

幸にお見合いを勧めようとする、幸の父親。
幸:お見合いしようかな。なんかどうでもいいっていうか。
幸の父親:そんなことならしなくていい。そんないい加減な気持ちなら紹介するわけには行かない。

まゆりが、緒川千里を見つける。
追いかける、まゆりたち、ナベシマたち。
円に憑依する千里。千里は、なんとかごまかして逃げられた。

円:君はもう時間がないのに、君のことを考えていられなかった。何もしてあげられていない。
千里:そんなことないよ。ロケットのことやる気になっているのうれしいよ。

円の妹・さやかの母親が現れる

郁夫の病室に、円の妹・さやかの母親が現れる。

さやかの母親:再婚して幸せに暮らしています。ただ、私たちには子供がいないんです。さやかを引き取りたいんです。
円の母・由美子:お断りします。どうして今さらさやかを。
さやかの母親:あの子を思い出すんです。少なくともさやかの気持ちを聞いてもらえないでしょうか。

その話を聞いていた、さやか。
さやか:あの人が私の本当のお母さん?
由美子:そうよ。話したかった?いいじゃない、話すぐらい、あの人の言う通り、選ぶのはさやかにあるんだから。

阿熊幸とさやかが話す。
幸:自分で確認するしかないよ。
さやか:本当のお母さんに会ってみます。

郁夫:円、お前がやるしかないだろ。
円:わかった。

母親に会いに行く、さやか。そのあとを追う、円や郁夫、千里。
レストランで会う。
さやかの母親:私と暮らすこと考えてみてくれない。お父さんが死んだらあの家であなた一人なのよ。
私となら裕福に暮らせるの。大学だって好きなところに。

さやかの母親:家出したの。あなたを連れて一緒に行きたかったの。でも生活がどうなるかわからないでしょう。
由美子:自信なんてないわよ。いい母親になれているかどうか。明日はもっといい母親になろうと思っている。
さやか:私だって、自信ないよ。だから確かめるために来たの。私の家族は、お父さんとお母さんとお兄ちゃんだけ。

郁夫の容体が悪くなる。
円の体に憑依しようとする郁夫。
円:生きて、自分で言えばいい。

郁夫:生きていたいよ。

幽体が体に戻る、郁夫。一命を取り留める。

幸の病室で、幸のお母さんと。

幸:お母さん、あたし、一人で寂しかったんだ。お母さん一人で育ててくれたのは感謝してる。でも、寂しかったよ。それでね、やっぱり今度でいいや。
幸の母親:話して。

円は、ロケット大会にエントリーすることに決める。

千里:あの世に行くことにした。いろいろありがとう。
幸:でも、堤くんは?
ナベシマに見つかる、千里。

お迎えです。 6 (花とゆめCOMICS)

お迎えです。 6 (花とゆめCOMICS)

  • 作者: 田中メカ
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2016/06/03
  • メディア: コミック

お迎えデス。ドラマの第7話の感想

今回は、 堤円の父親、郁夫が倒れて、死んでしまいそうになります。しかも、幽体離脱する。

円の家族の話を中心に、展開していきました。異母兄妹だったのですね。血の繋がった兄弟でも問題があるでしょうから、何かと問題はあるのかもしれませんよね。

そこまで仲が悪いわけではないでしょうけれど。

それでも、やっぱり、一緒に暮らしてきて、家族の絆がわかる。そんな「お迎えデス。」の第7話でした。

そして、そんな様子を見ていた幸は、母親に、自分の正直な気持ちを伝えます。円の行動などに影響を受けたのでしょうね。

円は、言葉が足りないですが、まっすぐな気持ちを持っている人のように思います。

感情表現も普通からするとおかしいようにも見えますが、ちゃんと人や自分と向き合おうとしている。そういうのが、いろいろな場面で出てきていますよね。

そういう様子を、幸は見てきているわけで、今回、ようやく素直になれたというところでしょう。

そしてまた、千里は、そんな円や幸を見て、あの世に行くことに決めたようです。

そんな千里と円、そして幸の3人の行方が、次の「お迎えデス。」第8話では描かれるようですね。お迎えデス。いよいよクライマックスに入っていきそうな感じですね。

この後どうなるのか。ここからが面白そうなところですね。

お迎えデス。ドラマの第1話、あらすじや感想、ネタバレ。福士蒼汰×土屋太鳳のコメディ – ゆらりのらり感想ブログ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう