サッカーなでしこジャパン:リオ五輪アジア最終予選:オーストラリアvs.日本戦の感想

シェアする

スポンサーリンク

サッカー、なでしこジャパン。リオオリンピック、アジア最終予選。

オーストラリアvs.日本戦の感想です。

1対3で、オーストラリアに負けてしまいました。残念でした。初戦を落とすとあとが厳しいですが、どうなるでしょう。

live.sportsnavi.yahoo.co.jp

オーストラリア女子

3 2-1
1-0
1
  試合終了  
リサ・デバンナ(前半25分)
ミッチェル・ヘイマン(前半41分)
カトリーナ・ゴリー(後半33分)
得点 大儀見優季(前半47分)
ケートリン・フォード(後半48分) 警告  
スポンサーリンク

サッカーなでしこジャパン:リオ五輪アジア最終予選:オーストラリアvs.日本戦の感想

まさか、1対3で、なでしこが負けるとは。。。

なでしこ、まさかの3失点で黒星発進 前半2失点、大儀見弾で1点返すも… ― スポニチ Sponichi Annex サッカー

悪くても引き分けにしておきたいところでした。

とは言え、内容が悪かったですよね。審判にパスがあたって、ゴールを決められるなど運もなかったです。負けるときは、こういうものなのでしょう。

残念ではありますが、次の戦いに勝って、オリンピック出場につなげていくしかありません。

 

マンネリ化のなでしこ戦術

<リオ五輪予選>豪州に見抜かれていたマンネリ化のなでしこ戦術 | THE PAGE(ザ・ページ)

3点目を失う直前のシーン。パスを受けたボランチの宮間あや(岡山湯郷Belle)が相手の執拗なプレッシャーにさらされた。前を向くことができないばかりか、挙げ句はボールを失ってカウンターを招く。
 両足から放たれる正確無比なキックを武器に、プレッシャーのない状況では宮間は無類のテクニックを発揮する。その際の主戦場は、背後からは敵が襲ってこない左タッチライン際がメインだった。
 だが、ボランチのポジションに入ったときは、常に相手の標的となるがゆえになかなか上手く機能しない。そのリスクを承知で佐々木則夫監督が「ボランチ・宮間」を選択することは、敵将に見抜かれていた。

澤さんが抜けたあとに、ボランチ・宮間選手というのが、敵将のアレン・スタジッチ監督に見ぬかれていたということです。

この選手、メンバーだと、こういうチームになって、宮間選手が機能しないとなると、苦しくなるのは、ありますね。

なでしこジャパンは、前半はとくに全体として、動きが硬かったように見えます。初戦の硬さなのでしょう。負けられないからというのもあったと思います。

サポートが少なかったですよね。もっと動いてボールを貰いにいく感じがないと、日本は厳しいですね。スピードで負けていると、ほかは勝てるところが少ないですから。

 

攻撃面

大儀見 意地の10番弾も笑顔なし…リオ切符獲得へ攻撃面に苦言 ― スポニチ Sponichi Annex サッカー

(1)パターン少ない まずは攻めのパターンの少なさだ。「一人一人が2つ、3つ先を予測した動きをしないと流れが止まってしまう」。サイド攻撃を仕掛けても、中央からの崩しを試みても連動した動きは見られず結局、スローダウンしてしまった。

 (2)クロスの質悪い 2つ目がクロスの質だった。「単純にクロスを上げても意味がない。相手の嫌なタイミング、早い段階で上げるとかの工夫が必要」。何度も背の高いオーストラリア守備陣にはね返された。

 (3)勇気が足りない そして最後は「勇気」だ。「序盤はボール保持者へのサポートが遅かった。私もサポートが欲しい時はあった。緊張感のある試合ほどリスクを冒していけるかどうか。勇気を持ってボール保持者を追い越していけるかどうかが大事になる」。最前線で体を張り続けただけに、フラストレーションをため込んだ。

大儀見選手が、こんなことを言っているということです。たしかにそうなのでしょうけれど、とは言え、このあたりは、急に変えられるものでもないような。

やはり、サポートが欲しいですよね。距離が遠い。勇気というかリスクを取ることと、あとは、スピードなのではないでしょうか。動き出しが遅かったような。ボールを見ているというか、状況を見ている感じがありましたよね。

 

次の韓国戦、どう修正するのか

選手のインタビューを見る限りだと、ここから勝つしかないという気持ちは伝わってきます。

あとは、次をどう修正するかでしょう。韓国も第1戦は、北朝鮮と引き分けなので、ここで勝ちに来るというのは、当然ありますよね。中1日ですから、どこまで自分たちのサッカーができるかなのかもしれません。スピードを上げて、リズムよくボールを回せたら、疲れないで勝っていけるのではないかなと。先取点が欲しいところですが、仮に先取点を取られても、リズムを失わないようにできれば、勝ちにつなげていけるはず。

主導権を握れるかどうか、そして、粘れるかどうかが、なでしこジャパンのリオオリンピックへの道につながっていると言えそうです。

うれしい感想が書けることを期待したいですね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント

  1. yokobentaro より:

    ゆらりさん、はじめまして!
    この度は読者登録をしていただき、ありがとうございます!!!
    なでしこジャパン、初戦は負けてしまいましたね……。
    でも何とかこのあと勝ち進んで、オリンピックの出場を勝ち取ってもらいたいところですよね!!!
    それでは、またこれからも何卒よろしくお願いいたします!!!!!

  2. yurarinorari より:

    また引き分けで、残念でした。。。
    こちらこそ、よろしくお願いいたします!