サッカーなでしこジャパン:リオ五輪アジア最終予選:日本対ベトナム戦の感想

シェアする

スポンサーリンク

ようやく勝ちました。なでしこジャパン。

ベトナムに、6対1ということです。快勝ではありますが、リオオリンピックへの道は断たれてしまったので、勝っても、少しむなしいところがあります。

 

ベトナム女子

1 1-2
0-4
6
  試合終了  
フイン・ヌー(前半42分) 得点 岩渕真奈(前半39分)
大野忍(前半45分)
川澄奈穂美(後半35分)
中島依美(後半38分)
横山久美(後半45分)
大儀見優季(後半48分)
チュオン・ティ・キュウ(後半33分) 警告 岩清水梓(前半41分)

リオ五輪アジア最終予選:ベトナム女子vs.日本女子(キンチョウスタジアム) | サッカー | 実況 | スポーツナビ

サッカーなでしこジャパン:リオ五輪アジア最終予選:日本対ベトナム戦の感想

ようやく勝てた。そんなここまでの戦いでした。ただ、やはり遅すぎるというのはありますね。

前半は、引いて守るベトナム相手になかなか崩せず、また点を取ってもPKで追いつかれるなどしましたが、終了間際に追加点で、流れが少し良くなりました。

後半は、ベトナムが疲れてきて、日本が選手を交代すると、追加点を取っていくことができた、そんな展開でしたね。後半のようなサッカーをできると良いのでしょうけれど、ベトナム相手だからというのもあるでしょうし、いまさら勝ってもというのもあるかもしれません。

 

佐々木監督が退任へ

なでしこ佐々木監督が退任へ…就任から8年でW杯優勝、五輪銀メダルなど数々の功績 | サッカーキング

日本サッカー協会(JFA)の大仁邦彌会長は7日、なでしこジャパン(日本女子代表)がリオデジャネイロ・オリンピック 女子サッカー アジア最終予選で敗退し、4大会ぶりに五輪出場を逃したことを受け、佐々木則夫監督が退任することを示唆した。

なでしこジャパンの佐々木監督は、退任するようですね。

なでしこ佐々木監督「俺をバカにしている」 ロンドン五輪後に求心力急降下 ― スポニチ Sponichi Annex サッカー

選手と監督の微妙な距離感は、大きな溝に変わった。互いに歩み寄ることができず、指揮官は選手と一線を引く。「冷たい」「もっと見てほしいのに」と選手が訴えても、指揮官は「おまえらは俺から何を言われても聞かないだろ」と吐き捨てたこともあった。

どうなんですかね、こういうこともあったのでしょうか。

選手と監督との距離感が微妙だったのかもしれません。

 

宮間らが代表引退へ

【なでしこ】宮間代表引退へ、4大会連続五輪逃し大野、阪口、近賀、福元も : スポーツ報知

 2011年ドイツW杯初優勝から3大会連続で世界大会決勝を経験したが、悲願の金メダルの道は閉ざされ、主将のMF宮間あや(31)=岡山湯郷=ら黄金時代を築いたメンバーの多くが、今大会限りで代表を引退する意向であることが分かった。

 

また宮間選手や大野選手、坂口選手、近賀選手、福本選手らが、なでしこジャパン、引退の意向のようです。

ここら辺で、若返りということもあるのかもしれませんし、やることはやったということなのかもしれませんね。

 

今後のなでしこジャパンは?

まだ北朝鮮戦があるとはいえ、オリンピック出場の可能性はなくなりました。この先を考えられないというのはあるのかもしれません。

そうなると、ベテラン選手の多くが、なでしこジャパンから去るということになりますよね。

ここからどうやってなでしこジャパンを、若手中心で盛り上げていくのかということが、今後の課題になっていきそうです。勝負強い新生なでしこが登場するのは、まだ先の話かもしれませんが、今後が気になるところです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう