サッカーなでしこジャパン:リオ五輪アジア最終予選:日本対北朝鮮戦の感想

シェアする

スポンサーリンク

なでしこジャパン:リオ五輪アジア最終予選、日本対北朝鮮戦。アジア最終予選の最後の試合です。

1対0で勝ちました。

1 0-0
1-0
0

北朝鮮女子
  試合終了  
岩渕真奈(後半35分) 得点  
宮間あや(後半48分) 警告  

リオ五輪アジア最終予選:日本女子vs.北朝鮮女子(キンチョウスタジアム) | サッカー | 実況 | スポーツナビ

 

スポンサーリンク

サッカーなでしこジャパン:リオ五輪アジア最終予選:日本対北朝鮮戦の感想

最後の最後で、なでしこジャパンらしい戦いだったように思えます。

1対0ということで、もう少し点を取れたようにも思いますし、もう少し点を取られていたかもしれないとも思います。

雨の中で始まって、ピッチコンディションがイマイチな中、攻防がすぐに変わる展開でした。前半は、一進一退でしたが、後半は、得点を取るまで日本が攻勢でしたね。

あとは、ピンチもいろいろありましたが、失点せずに、なんとか1点を守り切ったという感じです。

 

ようやく、なでしこらしい、勝ち切り方をしたのではないでしょうか。

 

最初からこういう試合ができていれば

初戦からこういう試合ができていれば、また違った結果になったでしょうね。

北朝鮮戦も、守備はそこまでよくはなかったようにも見えます。距離感がいまいちなところはありましたが、スライディングをしてボールを取りに行くというなどは多かったです。

守備があっての、攻撃というのは、なでしこジャパンというか、日本のサッカーや弱いチームには必要なことでしょう。もちろん、攻撃がもっと良くなるといいですが、こればかりは、一朝一夕でできることでもないというか、これまで女子だけではなくて、男子も言われています。しかも、変な話、いつも確実に決める、そんな世界的なストライカーがいれば、世界のトップレベルになれますよね。

そういう選手を育成するということも、代表には求められているのだろうと思います。

守備を安定させて、ゴールを確実に決めるストライカーが登場したら、さらなるレベルにいけますよね。これは、まだ先の話かもしれませんが。

 

宮間 代表継続に意欲「現役でいる限り目指す」

宮間 代表継続に意欲「現役でいる限り目指す」 ― スポニチ Sponichi Annex サッカー

今後について問われると「代表は自分で行きますとか、行きませんというところではない。現役でいる限り、目指すところ」と代表への意欲を表明。傷が癒えたら、再び勝利へ直結するキックを蹴る。

代表引退と言われていましたが、現役でいる限りは、目指すようですね。

いいですね。

若返りが必要と言われたりしていますが、若い人が上がってこないことには、どうしようもないでしょう。ベテランの力も必要な時があるはずです。

力が落ちていないなら、宮間選手の力も必要なはずですよね。

 

これからのなでしこ

オリンピック出場を逃して、危機感があるというのはあるでしょうね。

日本に限りませんが、勝てないスポーツは盛り上がらないです。きっと、また大変な時期があるのだと思います。

しかし、逆に勝てば、盛り上がるというのもあります。ここからのなでしこジャパン。日本女子サッカー。勝つことで盛り上がっていくことを期待したいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう