精霊の守り人。ドラマ第2回「王子に宿りしもの」のあらすじ・感想・ネタバレあり

シェアする

スポンサーリンク

精霊の守り人。ドラマの第2回。

第1回は、チャグム王子を狩人の追っ手から逃すために、主人公のバルサが戦って落ちたところで終わりました。

第2回は、いったいどうなるのか?

その落ちたところで、気を失っていたバルサの回想から始まります。

第1回のあらすじはこちら。

精霊の守り人。ドラマ第1回「女用心棒バルサ」のあらすじ・感想 – ゆらりのらり感想ブログ

 

第3回はこちら

精霊の守り人。ドラマ第3回「冬ごもりの誓い」のあらすじ・感想・ネタバレあり – ゆらりのらり感想ブログ

精霊の守り人 (新潮文庫)

精霊の守り人 (新潮文庫)

 

 

精霊の守り人。ドラマ第2回「王子に宿りしもの」のあらすじ・感想・ネタバレあり

第2回 「王子に宿りしもの」|精霊の守り人|NHK放送90年 大河ファンタジー

f:id:yurarinorari:20160326221918j:plain

 

17年前の回想

17年前。

バルサは、はじめて用心棒の仕事をします。そこで、同じ用心棒から、バカにされ闘うことになりますが、相手を圧倒します。しかし、相手を倒すことにためらう。

ジグロに「自分の命を守るときにためらうな。一瞬足りともだ。」と、バルサは言われます。

王子の魔物が反応して狩人から逃れる

そして、気がつくバルサ。

チャグムを守りに走って行くと、今まさに、敵の狩人が王子・チャグムに手をかけようとしているところでした。

負傷しているバルサはなんとか王子を守ろうとしますが、相手も強い。そんななか王子・チャグムの魔物が反応して、川の水で敵を倒すことに成功します。
なんとか狩人から逃れた、バルサと王子。

 

幼なじみのタンダに助けられるバルサ

しかし、傷が深いバルサは気を失ってしまいます。そんなバルサを、幼なじみのタンダが助けます。気を失いつつも、王子にタンダのいる家への道を教えていたとのこと。

タンダの介護で、一命を取り留めるバルサ。

 

トロガイとシュロが出会う

そのころ、星読博士のシュロは、呪術師のトロガイと出会います。

トロガイは、精霊の2つの卵が人に産みつけられた、しかしその一つは食われてしまった、とシュロに言います。

王子は、精霊の卵を産み付けられた一人だったのです。そして、その卵を産みつけられた人を、「精霊の守り人」と呼ぶそうです。

シュガが星読の塔の地下に閉じ込められる

王宮に戻ったシュガは、帝に、このことを伝えます。しかし、帝は、王子のことを恐れています。

怒りを買いそうになりますが、聖導師が間に入り、帝の怒りはなんとか収められました。

 

聖導師がシュガに言います。

「シュガよ、ナナイ大聖導師の手記を読み解いてみよ。その手記は、星読の塔の地下に隠してあるはず。おそらくこの国の影であろう。」

塔の地下に手記を探しに行く、シュガ。難なく手記を見つけることに成功します。

しかし、シュガは、何者かに地下に閉じ込められてしまいます。

 

語り部、ニナに会いに行く

そして、バルサ、チャグム王子、タンダ3人は、語り部に精霊の話を聞きに会いに行きます。

そこで、ニンガロイムという、雲を作る水の精霊がいて、卵を産みつける。その卵を狙って、卵食いのラルンガがやってくる、という話を聞かされます。

 

その話を聞いて、動揺するチャグム。「化物、わたしを殺してみろ。」と強がります。

 

バルサが、チャグムを鍛える

そんなチャグムを見て、チャグムを鍛えることにしたバルサ。ジグロに自分がされたように、槍の訓練をします。

バルサは、チャグムに、
「お前が生まれてきたのは、今ここで生きることだ。生きていることを恐れるな。それが一番、恐ろしい魔物だ。何があっても生きろ。私が必ずお前を守る。立て、立って戦え」

と、訴えます。

 

シュガを閉じ込めたのは、カガイ?

そして場面が変わって、星読の塔の地下。

ガカイが閉じ込められたシュガのところにやってくる。

ガカイは言います。「お前は、聖導師様に、そこに隠されたのさ。」

シュガはガカイに「水をください。あれを読み解く間だけでも。」と訴えます。

ガカイは「俺に教えろ。教えてくれた分だけ水と食べ物をやろう。」と取引だと言います。

その言葉を聞いてシュガは言います。「それを知る覚悟があるのですか。あれは、この国の影ではなく闇だ。」と。

 

トロガイ、狩人、ラルンガが、バルサ、チャグムのもとに現れる

帝が、「ヤクーのところに狩人を放て。チャグムがいる村があれば、その村ごと清めよ。」と、追っ手を、チャグム王子のもとに放ちます。

そんなころ、トロガイがバルサのところに現れます。トロガイいわく「ラルンガは、冬は出てこない。」とのこと。

バルサのもとに追手が現れますが、二人が争っているときに、ラルンガも現れます。現れると言っても、目には見えません。狩人が、ラルンガにやられます。

 

そこから、バルサ、チャグム、タンダ、トロガイは、逃げ出します。

 

精霊の守り人。ドラマ第2回「王子に宿りしもの」の感想

第1回は、登場人物の紹介というか、どんな人たちなのかといったことや、その世界観を描いていました。

第2回になって、だんだんと、物語の核心的なところが見えてきましたね。精霊の守り人とはどういう人なのか。そして、その敵は何か。

物語の中心的なところがわかってきました。

 

今回、印象に残ったのは、バルサがチャグム王子に言った言葉です。

「何があっても生きろ」と。

最近、「日本、死ね」と言った言葉が流行っている?かもしれません。そこに合わせたわけではないでしょうけれど、死ねとか死ぬとか、そういうことを言う人には、生きろということです。

死ねも強い言葉ですが、生きろも強い言葉です。

 

「精霊の守り人」がここからどういう展開になっていくのかわかりませんが、生と死をめぐる話でもありそうですよね。

 

第3回は、「冬ごもりの誓い」ということで、冬の間の話ですね。

ラルンガは、冬の間は出てこないということなので、登場はしないでしょう。その間の話ですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう