精霊の守り人。ドラマ第4回「決戦のとき」のあらすじ・感想・ネタバレあり

シェアする

スポンサーリンク

精霊の守り人。ドラマの第4回です。シーズン1の最終回です。最終回、どうなるのでしょうか?

第3回は、チャグムがどこかに飛んでいってしまったところで終わりました。

精霊の守り人。ドラマ第3回「冬ごもりの誓い」のあらすじ・感想・ネタバレあり – ゆらりのらり感想ブログ

第4回は、そのチャグムをバルサたちが探すところから始まります。

精霊の守り人 (新潮文庫)

精霊の守り人 (新潮文庫)

精霊の守り人。ドラマ第4回「決戦のとき」のあらすじ・感想・ネタバレあり

第4回 「決戦のとき」|精霊の守り人|NHK放送90年 大河ファンタジー

f:id:yurarinorari:20160409222718j:plain

川の上流へ

チャグムを探す、バルサとタンダ。

タンダが、ラルンガは土の精霊だから、火に弱いはず、と気がつく

王宮

トロガイは、狩人たちに捕まって、聖導師と会って話す。

「古い記録を確かめれば、王子を助けられるのか?」と聖導師。

塔の下の部屋に、トロガイが連れていかれ、シュガと会う。

チャグムはどこに向かおうとしているのか?

「サアナンの地に至る」
サアナンとは、水源のこと。チャグムは、水源に向かった。

巨大な木の中に水源がある。この世とナユグの結び目。そこで、卵を生むはず。

巨木の中で

卵を産もうとするチャグム。襲うラルンガ。守るバルサ。

ラルンガからチャグムを守る、バルサとタンダ。

そして、トロガイが、卵を海まで方法を見つける。

ナージという鳥に卵を投げれば、海まで運んでくれる。

鳥に、卵を投げるチャグムとバルサ。ナージがクチバシに卵をくわえて飛び去る。

そして、バルサが、火の槍でようやくラルンガをやっつける!

サグム皇太子の死。

その頃、王宮では、サグム皇太子が、死んでしまう

聖導士が引き継いできた予言。だからチャグムの資質を見極める必要があった。
シュガ、お前が、教育係になれ。新たな帝の聖導士となるのだ。

ほっとした時間

ラルンガを倒し、卵を産んで、ほっとしたバルサ一行。

チャグム:バルサのように強くなりたい。だから、バルサの弟子になる。
タンダ:それなら、トロガイか俺の弟子になれ。
バルサ:弟子よりも劣る師匠はどうなんだろうね。異国に行くか。ロタか。

これから、一緒に旅をするのかと思いきや。

チャグムは、皇太子に

王宮の兵が、チャグムを迎えに来る。チャグム王子を皇太子として迎えるために。

チャグム:私はバルサといたい。王宮には戻りたくない。バルサとタンダと旅をしたいんだ。戻りたくない。
バルサ:それなら、私がここでひと暴れしてやろうか、どちらでもお前の思うがままだ。
チャグム:自分から逃げるなって、どんなことでも笑って受け入れろってバルサは言うんだろう。皇太子にもなるよ。いつかカンバル王国に帰れるようにしてあげる。カンバル王を倒して。
バルサ:誰かのために生きるなんて、愚かなことはよせ。誰かのために生きるなら、顔も知らない者達のために生きろ。お前ならきっとそれができる。お前にはいつかそういう帝になってもらいたい。

チャグム:ありがとう、バルサ。
バルサ:礼など必要ない。私は金で雇われただけだ。
チャグム:ありがとう、タンダ。
タンダじゃあまたな、チャグム。

このままチャグムと旅をするのかどうなのかと思っていましたが、やはり王宮に戻ることになりましたね。

王宮に戻ったチャグム

帝と会う、チャグム。

「魔物退治はジンのおかげです。心より感謝申し上げます。」と帝にチャグムは言います。

自分の命を狙っていたことを知っていても、このように帝に言う、チャグム。

狩人のジンを助けるためにこう言ったのでしょう。

強くなったというか、したたかになったというか、今回の旅で、チャグムは変わりましたね。

祭り

「チャグムが皇太子になった祝いに、祭りにカンバル王、ログサムが来るらしい。」とタンダがバルサに伝える。

バルサは、「ロタに向かう商人に雇われた」と言い、タンダに別れを告げる。

その、祭りのあとに、これまで振らなかった雨がようやく降ります。

その雨の中、バルサが、祭りに現れる!カンバル王の元に向かう、バルサ。

狩人のジンがそのバルサに気づく。ジンにバルサが撃たれた?

第4回・シーズン1の感想

シーズン1の終わりです。最後がどうなるのか、と思っていましたが、無事に卵を産んで、チャグムが王宮に戻りました。

王宮に戻るのかどうか気になっていましたが、チャグムは戻りましたね。

そして、バルサがカンバル王を殺そうとするところで、終わりました。

狩人のジンにバルサは撃たれてしまったのでしょうか?と思いますが、シーズン2もあるので、まあ大丈夫なのでしょう。

精霊の守り人のドラマ、世界観というか設定がはじめはよくわかりませんでした。登場人物を把握できるまでが、ドラマなどはわかりにくいですよね。こういうファンタジーものは、とくにそんなところがあると思います。

把握できてしまえば、あとは、その後、どうなっていくのかを追っていく感じですね。追っ手から逃げて、チャグムはどうなるのか?というあとを知りたくなる展開でした。

アクションシーンも迫力がありました。槍と剣との戦い。ラルンガとの戦い。なかなか迫力がありましたし、バルサ演じる綾瀬はるかさんが、いつもとは違って?勇ましい感じを好演していましたよね。

シーズン2は、2017年1月放送

シーズン2は、2017年1月放送ということで、今なのか撮影しているそうです。また、楽しみですね。

新たな登場人物もいろいろと出てくるようです。バルサの新たな旅が始まるということで、カンバル王を殺そうとしたバルサがどうなったのか?ここからはじまるのでしょうか。

気になる終わり方をしたので、気になりますね。

メイキング・オブ・大河ファンタジー 精霊の守り人

メイキング・オブ・大河ファンタジー 精霊の守り人

  • 作者: NHK「大河ファンタジー精霊の守り人」制作班
  • 出版社/メーカー: 洋泉社
  • 発売日: 2016/03/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

精霊の守り人 Blu-ray BOX [初回限定版]

精霊の守り人 Blu-ray BOX [初回限定版]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう