精霊の守り人 悲しき破壊神・シーズン2。第3話。あらすじ、ネタバレ、感想。「光の力」。原作、キャスト、視聴率は?綾瀬はるかさんが、追っ手から逃げる

シェアする

スポンサーリンク

ドラマ・精霊の守り人 悲しき破壊神・シーズン2。第3話。あらすじ、ネタバレ、感想。キャスト、視聴率は?

精霊の守り人 悲しき破壊神・シーズン2の第3話、「光の力」は、東出昌大さん演じるタンダが、綾瀬はるかさん演じるバルサの居場所を教えてしまうようです。

そして、また、追われるバルサとアスラ。追っ手から逃げて戦うバルサが見られるようですね。

また、チャグムは、2話で捕虜になってしまいました。

チャグムとバルサの運命は?そして、アスラは?

ということで、精霊の守り人 悲しき破壊神・シーズン2の第3話、どうなるのでしょうか?

精霊の守り人の見逃し配信は、U-NEXTで見られます。

U-NEXT

精霊の守り人 悲しき破壊神・シーズン2。第2話、1話のあらすじ、ネタバレ、感想などはこちら

精霊の守り人 悲しき破壊神・シーズン2。第2話。あらすじ、ネタバレ、感想。 精霊の守り人 シーズン2の悲しき破壊神、第2話は、綾瀬はる...
精霊の守り人 シーズン2。悲しき破壊神・第1話。あらすじ、ネタバレ、感想。 精霊の守り人 シーズン2、悲しき破壊神が、始まりましたね。...

精霊の守り人3

精霊の守り人 3話

精霊の守り人 悲しき破壊神・シーズン2。第3話。あらすじ、ネタバレ、感想。「光の力」。原作、キャスト、視聴率は?綾瀬はるかさんが、追っ手から逃げる

キャスト

バルサ : 綾瀬はるか
チャグム : 板垣瑞生

タンダ:東出昌大
シハナ : 真木よう子
スファル : 柄本明
アスラ : 鈴木梨央
イーハン : ディーン・フジオカ
トリーシア : 壇蜜
チキサ : 福山康平
ヨーサム : 橋本さとし
スーアン : 品川徹
トーサ : 伊武雅刀
マーサ : 渡辺えり
トウノ : 岩崎う大
ヒュウゴ : 鈴木亮平
セナ : 織田梨沙
クールズ : 小市慢太郎
ラウル : 高良健吾
聖導師 : 平幹二朗
原作

精霊の守り人 (新潮文庫)

精霊の守り人 (新潮文庫)

  • 作者: 上橋菜穂子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2007/03/28
  • メディア: 文庫

神の守り人〈上〉来訪編 (新潮文庫)

神の守り人〈上〉来訪編 (新潮文庫)

  • 作者: 上橋菜穂子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2009/07/28
  • メディア: 文庫
Twitter

精霊の守り人 悲しき破壊神・シーズン2。第3話のあらすじ、ネタバレ

以下、精霊の守り人 悲しき破壊神・シーズン2、第3話のあらすじ、ネタバレです。

ロタ王国
バルサ:これまで何があったのか話してくれるかな。
アスラ:神様のこと?
バルサ:どうして神様に会った。
アスラ:お母さんが招いたから。神様のお墓。そこにはタルの神様がいるの。だけど、今は、タル人は入ってはいけないの。

トリーシアとアスラが森の奥深くで。
聖なる宿り木を手に取るアスラ。

夢を見る、アスラ。
アスラ:バルサは、ずっといる?
バルサ:いるよ、私は、あんたの用心棒を引き受けたんだ。だから、お眠り。

霧が出てくる。
追っ手が来た。
バルサが、アスラを守る。

遊牧民のところからも追い出される、バルサとアスラ。

スファル:四路街に向かったようだ。
シハナが、タンダとチキサを解放する。

スファル:その神の名は、タルハマヤ。死に場所を求めいた娘が、泉に出会った。巨大な木が生えていた。人の目に見えないその木を娘は見えた。タルハマヤは、絶望に取り付き、力を与える。サーダ・タルハマヤ。その娘は、部族を殺して行った。
シハナ:それから数100年して、アスラが、サーダ・タルハマヤになる。
チキサ:違う。サーダ・タルハマヤが、種族間の平和を作り上げた。
シハナ:それは、恐怖によって声を上げなくなっただけだ。お前はそれを平和と呼ぶのか。
タンダ:やめろ。チキサを苦しめて、これ以上どうするんだ。
スファル:時には犠牲を払わねばならないこともある。

移動する、バルサとアスラ。
マーサに会いに。
マーサ:怪我してるでしょ。顔色一つでわかってしまう。さあ見せて御覧なさい。また、用心棒として雇うことにします。これで、どこにも行けないでしょ。

タンダが、四路街のバルサが行きそうなところを、スファルたちに教えてしまう。

ロタ王城
南部のみの増税についてもめている。
スーアンに、タルを解放したいからでは?と言われるイーハン。
タルシュ帝国にスーアン港を開港することを提案される。
新ヨゴ国の船は、海の藻屑と消えたと、報告される。

新ヨゴ国王宮で、帝と聖導師が

新ヨゴ国王宮。チャグムたちが囚われたと報告される。
直ちに降伏するか、兵を送るかを、判断しろと。
帝:捨て置け。私は相手にせぬ。私が動かねば、相手が動くしかなかろう。それを待てば良い。
聖導師:万が一皇太子が囚われたことを敵の知るところとなれば。

サンガル王国
新ヨゴ国の捕虜たち。
チャグム:私は、お爺様を助けられなかった。
ジン:泣くのはやめてください。気が滅入る。
シュガ:トーサ大提督の死を無駄にしないと言ったのは、殿下です。
チャグム:皆、すまなかった。許してくれ。生きることの辛さを背負わせた。生き抜こう。どんな目に会おうとも、生きることを恥じることはないのだ。生きているそなたたちを誇りに思う。チャグムと呼んでくれ。

四路街。
マーサが、アスラに布織りを教えている。

アスラ:バルサのお父さんは、今どうしてるの?
バルサ:もう死んでしまったよ。
アスラ:私のお父さんも死んでしまった。
バルサ:お父さんやお母さんのぶんまで、アスラが生きるしかないね。
アスラ:でも、殺されたわけじゃないでしょ。バルサにはタル人のことは何もわからないのよ。
バルサ:アスラ、さっき、マーサさんといるときのアスラは、とても幸せそうだったよ。そうやって生きて行ったっていいんだよ、あんたは。

トウノ:お袋は、本気でジグロに惚れていたんだよ。まあ、悲しいくらい相手にされていなかったんだけどな。
バルサ:あの子はやっぱり優しい女の子なんです。
マーサ:それなら、いつまでもここにいていいのよ。バルサ。あの子は愛情を受けて育った子よ。あなたとあの子は似ている。愛情だけで、幸せになれるほどこの世は簡単ではないけどね。

四路街に着く、タンダたち。
シハナが、チキサを人質にとって。
シハナ:タルを使って、ロタ王国を変える。ロタを再び、一つにする。

サンガル王国。チャグムが、狩人に殺されそうになる。
タンダとチキサが、人質に。バルサにシハナから手紙が。森に来ないと殺すと。

以上、以下、精霊の守り人 悲しき破壊神・シーズン2、第3話のあらすじ、ネタバレでした。

精霊の守り人の見逃し配信は、U-NEXTで見られます。

U-NEXT

ドラマ・精霊の守り人 悲しき破壊神・シーズン2。第3話の感想。視聴率は?

ドラマ、精霊の守り人 悲しき破壊神・シーズン2。第3話は、また、バルサが、アスラの用心棒をして、追われています。

しかし、四路街まで逃げて、ひとときの休み、安らぎを得ていましたね。

アスラも、マーサに保護されて、少し安心したのか、笑顔が出てきていました。やはり、子供、女の子という感じですよね。

身のうちには、破壊神が宿っているとしても。

そんな、アスラを守りたいバルサですが、また、シハナが追ってきます。そして、タンダとチキサが人質に。というのが3話でしたが、4話では、助けに行くようです。

また、今回の「精霊の守り人 悲しき破壊神」第3話では、チャグムが、囚われの身となって、落ち込んでいました。それでも、どうにか気持ちを持ち直して、トーサの死を無駄にしないと、新たに誓っていましたね。

狩人に殺されそうになりましたが、4話では、チャグムは、牢から脱出するようです。

と、「精霊の守り人 悲しき破壊神」の3話、4話でも、チャグムも、奮闘しています。この先、チャグムとバルサは、また出会うことがあるのかなども気になりますね。サンガル王国、ロタ王国。今後関わってきそうですから、「精霊の守り人 悲しき破壊神・シーズン2」でも、今後、バルサとチャグムも、関わってくるのかもしれません。

ということで、この先も気になる、「精霊の守り人 悲しき破壊神・シーズン2」です。

精霊の守り人の3話の視聴率は、6.8%でした。ちょっと厳しくなってきましたね。ここから、視聴率アップできるでしょうか。暗いのが続くと、厳しいかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう