せいせいするほど、愛してる・第9話。ネタバレ、あらすじ。感想。武井咲さんと滝沢秀明さんが、逃避行?

シェアする

スポンサーリンク

せいせいするほど、愛してる・第9話のネタバレ、あらすじと感想。

第8話では、武井咲さん演じる栗原未亜は、滝沢秀明さん演じる三好海里との別れを決意しました。そして、中村蒼さん演じる宮沢との結婚を決めます。

しかし、今回の9話では、未亜と海里は、逃避行をするようです。

果たして、二人は、どうなってしまうのでしょうか?

せいせいするほど、愛してる コミック 全7巻完結 [マーケットプレイスコミックセット]

せいせいするほど、愛してる コミック 全7巻完結 [マーケットプレイスコミックセット]

  • 作者: 北川みゆき
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • メディア: コミック

せいせいするほど、愛してる、最終回はこちら

せいせいするほど、愛してる・最終回・第10話。ネタバレ、あらすじ。感想。武井咲さんと滝沢秀明さんは、どうなる? – ゆらりのらり感想ブログ

せいせいするほど、愛してる・第8話はこちら

せいせいするほど、愛してる・第8話。ネタバレ、あらすじ。感想。武井咲さん、滝沢秀明さん、うまくいくのか?
せいせいするほど、愛してる・第8話のネタバレ、あらすじと感想です。 武井咲さん演じる栗原未亜と、滝沢秀明さん演じる三好海里。 別...

f:id:yurarinorari:20160907210148j:plain

第9話のあらすじ|TBSテレビ:火曜ドラマ「せいせいするほど、愛してる」

せいせいするほど、愛してる・第9話。ネタバレ、あらすじ。感想。武井咲さんと滝沢秀明さんが、逃避行?

せいせいするほど、愛してる・第9話。ネタバレ、あらすじ

以下、ネタバレ、あらすじです。

未亜:結婚して下さい。
宮沢:大事にする、ずっとずっと愛し続ける。ほんまにありがとう。

未亜の送別会

家に帰る海里。
海里:優香、ごめんな、記憶がなくて不安なときに、悪かったと思ってる。過去のこと思い出せないなら、思い出さなくていいから。俺達も前を向かないとな。

実家に挨拶に行こうとする、未亜と宮沢。
海里のことばかり、思い出してしまう未亜。

公園に行く、海里と優香。
未亜のことばかり思い出す海里。
焼き肉を食べに行く、海里と優香。
優香:幸せ、こんなに穏やかで笑ったのいつぶりだろう。
知り合いに会う、海里。

海里の財布から、鍵を見つける優香。

久野が、シェアハウスにやってくる。
あかり:私は実験台ではないから。
久野:純粋な探究心なんです。
千明:それで、実験の成果は?
久野:だめですね。どうして人は恋なんかするんですかね。自分の無様な姿をわからないのかな。

宮沢が、腹痛ということで、実家の挨拶はとりやめに。

未亜の退職の挨拶。
未亜:一生の宝ものです。本当にお世話になりました。

そこに、優香がやってくる。
優香:栗原未亜さん、笑ってられるのも今のうちよ。あんたを訴えることにしたから。この女は、私の海里をたぶらかしたのよ。

未亜:もう二度と副社長に会いません。
社長:訴えるのは、栗原くんだけか。これは、君が考えている以上に大きなことです。
優香:私は海里と前に進みたい。

取締役会で。
社長:すべての責任をとって、私が退任する。この一件、それで収めてくれないだろうか。頼むこのとおりだ。

三好社長:もはやこれまでか。
向井部長:まだ手はあります。私が、なんとかします。必ずあなたをお守りします。
と抱きつく、向井部長。

海里:社長に迷惑をかけているんだ。
優香:ティファニーに入らなければ、あの女に会うこともなかった。
海里:優香もそのうち記憶が戻るはずだ。そのときにきっと後悔する。
優香:また、それ。記憶、記憶、記憶、いい加減にしてよ。

宮沢と会う、未亜。
未亜:今結婚したら、宮沢さんにも迷惑をかけます。
宮沢:それでいい。未亜だけや。
未亜:私、頭ぐちゃぐちゃで。迷惑かけたくないんです。これ以上、誰も不幸にしたくなかったのに。
宮沢:迷惑やて。迷惑もかけてくれへんかったら、未亜の何なんや。未亜が心配してるんは、ほんまに俺か。結婚はやめよう。俺は、三好さんを忘れるための道具ちゃうわ。

宮沢:待って、待って、待ちくたびれたわ。俺のことで、頭いっぱいにしてほしかった。俺が泣いていても、三好さんが幸せなら、未亜はそれで満足や。最後に一回だけ聞く。世界の誰よりも一番好きだと誓えるか?
未亜:宮沢さんが言っていること、全部あたり。ごめんなさい。
宮沢:このリングは、未亜には似合わへん。さよなら、元気でな。しゃあないわ。死んでも幸せにするっていったしな、幸せになれや未亜。

海里:なあ、どうしたらいい。過去を忘れて、未来を見ていこうって。
優香:あの女のせいでしょ。あの女のことわすれてないからでしょ。こんなもの、大事に持っているからでしょ。

宮沢が海里と会う。
宮沢:いきなりついでに一発殴らせてもらっていいですか。俺はな、俺は、彼女を死んでも幸せにするって決めてたんや。なんでもするって。そやけど、それができるんは、あんただけや。ほんの一瞬でもええ。未亜を幸せにすると約束しろ。
海里:約束する。

遥香:どうしたの?栗原さんを訴えるって。海里の会社の立場がどうなるかわかってんの。すべてを犠牲にしてくれたのに。
優香:そうだよ。そんなのあたしが望んだことじゃない。私は海里のそばにいること。絶対に離さない。

カラオケで歌っている未亜のところに、海里がやってくる

カラオケで歌っている未亜。
そこに来る、海里。千明が、教えてくれた。

笑う海里。
未亜:忘れてください、特別バージョンですから。
海里:久々に笑った。
未亜:宮沢さんに振られちゃいました。
海里:全部捨てて、二人で逃げようか。栗原となら、なにも怖くない。ごめん、忘れてくれ。
未亜:副社長となら、怖くない。

海里:どこへ行きたい?
未亜:どこか遠くへ、誰も知っているひとがいない場所。

海里の携帯のGPSを追いかけて、優香がカラオケ店に来る。

海里のオヤジの別荘に行く海里と未亜。
別荘の掃除をする海里と未亜。
未亜:なぜエアギターなんですか。
海里:オヤジの真似をしていた。なめるなよ。エアギターを。
未亜と海里で、エアギターをする。
BBQや水鉄砲をする二人。

優香:栗原さんはどこ?あの二人、一緒にいるわ。
宮沢:それは、ないわ。未亜なら、実家行くって言ってたで。心配しすぎやで、奥さん。

未亜:これからも、ずっと一緒に暮らしていきたい。
海里:そうだな、ずっと一緒だ。栗原は、どこに行きたい?
未亜:ニューヨークとか。まず副社長の美術館を見に行くの。またジュエリーの仕事がしたい。
海里:建築の仕事に戻る。

軽井沢の別荘が解錠されていたと、警備会社から優香に電話が来る。

朝食を未亜が作って、海里と食べる。

未亜:最後に結婚式をあげたいんです。せめて思い出に。

この幸せな時間は、永遠には続かない。でも、いつまでも追い求めていたかった。ハッピーエンドの物語を。

海里:手出して。
花の指輪をあげる、海里。
海里:栗原が言っていたとおりだ。想いは永遠に消えない。愛してる。
キスする海里と未亜。
そこに、優香が入ってくる。
優香:そこまでよ。海里から離れなさいよ、このメスブタ!

未亜と海里は、別れたのに、鍵を見つけたことで、勘違いして、優香は、また、蒸し返してしまうことになるというのは、皮肉ですね。放っておけば、そのまま離れていっていたかもしれないのに。
宮沢も、もう少し待つというのもあったかもしれません。
とは言え、まあ、無理なんでしょうね。
結局、待てないというか、未亜と海里が、お互いを好きなわけで。引き離そうとしても、引き離せない。
そうなると、ずっとつらいですよね。
相手は、他の人のことを考えているわけですから。

結局、そういうものかもしれませんね。
追いかければ、逃げていく。
どうしてそうなるかわかっていないのでしょうね。

以上、あらすじ、ネタバレです。

せいせいするほど、愛してる・最終回・第10話。ネタバレ、あらすじ。感想。武井咲さんと滝沢秀明さんは、どうなる? – ゆらりのらり感想ブログ

せいせいするほど、愛してる・第9話の感想

せいせいするほど、愛してる コミック 全7巻完結 [マーケットプレイスコミックセット]

せいせいするほど、愛してる コミック 全7巻完結 [マーケットプレイスコミックセット]

せいせいするほど、愛してる。第9話の感想。

未亜と海里は、別れたのに、鍵を見つけたことで、勘違いして、優香は、また、蒸し返してしまうことになるというのは、皮肉ですね。放っておけば、そのまま離れていっていたかもしれないのに。
宮沢も、もう少し待つというのもあったかもしれません。
とは言え、まあ、無理なんでしょうね。
結局、待てないというか、未亜と海里が、お互いを好きなわけで。引き離そうとしても、引き離せない。
そうなると、ずっとつらいですよね。
相手は、他の人のことを考えているわけですから。

結局、そういうものかもしれませんね。
追いかければ、逃げていく。
どうしてそうなるかわかっていないのでしょうね。

なんか、優香が、ある意味、ちょっとかわいそうになってきました。まあ、自業自得なところもあるのかもしれませんが。

そんな、「せいせいするほど、愛してる」9話の感想でした。

そして、次回は、10話で最終回です。どうも、優香と海里が、結婚式をやるようですね。そして、そこに、未亜が招待される。どうなるのでしょうね。

なんかここまでグチャグチャになってくると、最後くらいは、未亜と海里が幸せになってほしいような気もしますが、どうなるのか。

「せいせいするほど、愛してる」。次回が最終回です。このグチャグチャが、いい感じにまとまるのか、それとも、ああ残念という感じになってしまうのか。次回ですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう