好きな人がいること・第8話。スキコト。ネタバレ、あらすじ。感想。桐谷美玲さんが山崎賢人さんに告白の返事をする?

シェアする

スポンサーリンク

好きな人がいること・第8話。スキコトのネタバレ、あらすじと感想です。

ネタバレがあります。

今回の8話では、桐谷美玲さん演じる櫻井美咲が、山崎賢人さん演じる柴崎夏向に、告白の返事をするということのようです。

これまでいい感じでしたから、きっとうまくいくのではないかと思いますが、果たして。

第9話はこちら

好きな人がいること・第9話。スキコト。ネタバレ、あらすじ。感想。桐谷美玲さんと山崎賢人さん、三浦翔平さん、三角関係はどうなる? – ゆらりのらり感想ブログ

第7話はこちら

好きな人がいること・第7話。スキコト。ネタバレ、あらすじ。感想。桐谷美玲さんと山崎賢人さんの恋の行方は?

好きな人がいること、第7話ですが、前回、柴崎三兄弟はどうなってしまうのか、というのがありました。夏向が、本当の兄弟ではないというのがわかってからの、どうなるのか。 夏向は、かなりショックを受けていましたね。そりゃ、ショックを受けますよね。今まで家族だと思っていたわけですから。 それでも結構落ち込むというか、まあ無断欠勤して、尾道に行ってしまうわけですが。

好きな人がいること・第7話。スキコト。ネタバレ、あらすじ。感想。桐谷美玲さんと山崎賢人さんの恋の行方は? – ゆらりのらり感想ブログ

f:id:yurarinorari:20160831194613j:plain

スポンサーリンク

好きな人がいること・第8話。スキコト。ネタバレ、あらすじ。感想。桐谷美玲さんが山崎賢人さんに告白の返事をする?

好きな人がいること・第8話。スキコト。ネタバレ、あらすじ

以下、ネタバレとあらすじです。

夏向を手伝う、冬真。
二宮風花がSea Sonsに来る。

美咲:仲直りしたみたいだね。
夏向:別にどうでもいい。

大橋尚美と打ち合わせする夏向と美咲。

若菜と電話する美咲・

美咲:変かな。つい最近まで千秋さんが好きだったのに。
石川若菜:変ですね。人を好きになるのは理屈ではないですか。告白の返事いつするんですか?
美咲:でも、タイミングが。
石川若菜:今でしょ。

冬真、千秋、夏向、美咲で、4人で花火をする。
美咲:もう、夏も終わりか。
夏向:だから?
美咲:あの、お話したいことがありまして。
夏向:何?
美咲:例の件についてなんですけど。
夏向:決めたの?
美咲:決めました。
夏向:食材選び。デザート何にするか決めたんだろう。
美咲:勝負だもんね、夏向、がんばってね。
夏向:がんばってじゃねえよ。一緒に成功させるんだよ。俺とお前で。

冬真:美咲ちゃん、兄ちゃんのことを吹っ切れたみたいだね。

千秋:前より楽しそうだよ。冬真もお前も。美咲のおかげかな。美咲が来てくれた良かった。
夏向:ああ。
千秋;夏向さあ、美咲のことどう思ってんの?
夏向:好きだけど。あいつにももう言った。
千秋:そっか。

野菜の収穫に畑に行く、夏向と美咲。
美咲は、収穫。夏向は、野菜の試食。

プレゼン用の料理とデザートを試作する、美咲と夏向。
お互いのノートを交換して見ることにする。
料理とデザートができあがる。

美咲:大橋さん認めてくれるよね。料理もデザートもおいしかったし。なんか今すごい楽しい。ケーキ屋にいる頃は、誰かの料理にあわせて、デザートつくるなんてしたことなかったし。あんたといると、自分でも想像しなかったデザートができるから、すごく楽しい。あんたは、楽しい?
夏向:普通。
美咲:あのさ。いよいよだね、プレゼン。明日OK出たらさ、お祝いしない?二人で。
夏向:二人で?なんで?
美咲:なんでって、いろいろ話したいことがあるっていうか。
夏向:別にいいけど。

大橋尚美にプレゼンする。
大橋:とってもおいしかったです。ただ、このままじゃ出すことはできないかな。少し検討させてください。

美咲:何がいけなかったんだろうね。大丈夫だよね。これから改善していけば。

千秋:何が問題だったんですか?
大橋:デザートです。夏向くんの料理が素材を活かしているのに対して、デザートがそうなっていません。他のパティシエに変えようと想います。

家に帰ると、パティシエの資料を見つける美咲。
美咲:これって。
夏向:お前には関係ない。
美咲:そうだよね。成功させることが一番大事だもんね。

サーフショップで、日村と実果子と飲む、美咲。
千秋と楓が、サーフショップに来る。送っていく、千秋。
千秋:今回の件は、大橋さんの好みに合わなかっただけで。
美咲:わかっているんです。実力不足だって。でも、さっき夏向さんが、べつの人と組むと知って、悔しくて。
千秋:美咲さ、夏向に告白されたでしょ。
美咲:え。
千秋:美咲は、どう思ってんの?
美咲:そんなわけないじゃないですか。何言ってんですか。

美咲と夏向が、ケンカしてしまう

家に帰って、夏向と。
美咲:もともと私には、荷が重かったんだよ。私より優秀なパティシエなんていっぱいいるしね。
夏向:だせえな。だせえって言ってんだよ。少しでも期待した俺が馬鹿だった。
美咲:なんで、そういう言い方しかできないの。私がどんな気持ちでいるかわかんないの。
夏向:知りたくもねえよ。今のお前の気持ちなんて。
美咲:あっそ、新しいパティシエとがんばってね。

サーフショップに戻る、千秋。
楓:ほんとは言ってほしくなかったな。千秋といると、最近不安になる。

夏向:俺達に用無いだろう。
東村:諦めが悪いんですよ、私は。順調ですか、ダイニングアウトの準備は。成功を祈っていますよ。

大橋:夏向くん、私が推薦したパティシエとは組まないと言っているんですけど。何か心当たりない?
千秋:え。

千秋が美咲と話す。
千秋:美咲、誤解してるよ、夏向のこと。あいつ、新しいパティシエと組むの断っているんだって。きっと、待ってるんじゃない、美咲のこと。もう一度ちゃんと話し合ってみたら。

デザートの試作をまた始める美咲。
美咲:もう一度だけチャンスをください。食べていただけませんか。お願いします。
大橋:今回のダイニングアウトは、夏向くんに大きなチャンスなの。諦めて。
美咲:あきらめません。あきらめたくありません。どうしても成功させたいんです。夏向さんと二人で。
大橋:いい加減にしてください。あなたじゃ、力不足なんで。
夏向:だったら、俺も降りる。俺、こいつとじゃなきゃやりませんから。俺の料理、一番わかってくれてるの、こいつなんで。

美咲:ありがとう。それからごめん。あきらめようとして。一緒に成功させるって約束したのに。ごめんなさい。あんたが、別のパティシエと組むと思って。
夏向:言い訳すんな。代わりなんていねえから。お前の代わりなんていねえ、て言ってんだよ。

帰りのバスで。
美咲:あのさ、今夜お祝いしない?前に約束してた。
夏向:別にいいけど。
美咲:ほんと、ケーキ作っていくから、家で待ってて。

美咲がケーキを作っているところに、千秋がSea Sonsに来る。
千秋:ちょっと仕事が残っててね。デザート、大橋さんに認めてもらえてよかったね。
美咲:すごくうれしくて。

帰ろうとする美咲を抱きしめる千秋。

以上、ネタバレとあらすじでした。

第9話はこちら

好きな人がいること・第9話。スキコト。ネタバレ、あらすじ。感想。桐谷美玲さんと山崎賢人さん、三浦翔平さん、三角関係はどうなる? – ゆらりのらり感想ブログ

好きな人がいること・第8話。感想

スキコト、好きな人がいること、第8話の感想。

美咲の気持ちは、だいたい決まっているのでしょうね。でも、タイミングがつかめずに、そのままいると、仕事などが忙しくて、返事ができず。。。

しかも、仕事も途中までは良かったですが、うまくいかずに、あきらめてしまいそうになって、美咲と夏向は、険悪な感じになってしまいますね。

にしても、夏向の言い方は、もう少しどうにかなると良いような(笑)。ああいう言い方だと、ケンカになりますよね、それは。

まあ、それでも、なんとかがんばって、仕事がうまくいって、お祝いしようとするも、千秋が自分の気持ちに気がついて、というところですね。

好きな人がいること。8話は、行きつ戻りつという感じですね。まあ、現実でも、こんな感じはありますよね。うまくいったり、いかなかったり。そういう意味では、ドラマですが、こういう感じはありかもしれませんよね。

と、8話はこんな感じですが、スキコト、好きな人がいること、第9話は、千秋が美咲に告白して、千秋と美咲と夏向の、三角関係になってしまうようです。冬真は、風花とうまくいって良い感じみたいですが、兄弟と三角関係になるのは、どうなんでしょうね。

まあ、どちらを美咲が選ぶのかという、好きな人がいることの9話になるようです。

三角関係、どうなるんでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう