小さな巨人。ネタバレ、あらすじ。キャスト、原作。視聴率は?最終回はいつ?結末は?長谷川博己さん主演の警察ドラマ

シェアする

スポンサーリンク

小さな巨人。キャスト、原作。ネタバレ、あらすじ。視聴率。最終回。結末。

TBSの日曜劇場で、「小さな巨人」が、2017年4月16日(日)夜9時から始まります。初回25分拡大スペシャルということで、小さな巨人、力が入っていますね。

A LIFEのあとということになりますから、こちらも、しっかり作っていくということなのでしょう。どこまで話題になるのかが気になるところです。

主人公の香坂 真一郎を演じるのは、長谷川博己さんです。そして、山田 春彦を演じるのは岡田将生さんです。

警視庁VS所轄という構図の中で、警察ドラマが描かれるようです。

個人的に「小さな巨人」気になるのが、ビジュアルを見てわかりますが、登場人物がほぼ男性です。今時のドラマとして、キャストが男ばかりというのは、結構珍しいのではないでしょうか。しかも、これが、TBSの日曜劇場ですから、偏った感じはありますよね。

これは、やはり狙ってのことですよね。ここまで、男性で固めるというのも、珍しい気がします。小さな巨人、警察のドラマだから、男が多いということなのか。もちろん、女性もいて、三島 祐里という警官を芳根京子さんが演じます。

小さな巨人、1話のネタバレ、あらすじなどはこちら

小さな巨人、1話。キャスト。ネタバレ、あらすじ。視聴率。感想。香坂真一郎(長谷川博己)が所轄に左遷される

小さな巨人の各回のネタバレなどはこちら

小さな巨人、各回のネタバレ、あらすじなど

小さな巨人

小さな巨人

小さな巨人。キャスト、原作。あらすじ。視聴率は?最終回はいつ?長谷川博己さん主演の警察ドラマ

小さな巨人。キャスト

香坂 真一郎:長谷川博己
山田 春彦:岡田将生
小野田 義信:香川照之

渡部 久志:安田顕
中村 俊哉:竜星涼
三笠 洋平:春風亭昇太

三島 祐里:芳根京子
藤倉 良一:駿河太郎
柳沢 肇:手塚とおる

香坂 敦史:木場勝己
中田 和正:桂文枝

やはり小さな巨人のキャストは、男性が多いですね。警察には男性が多いからということなのか、男性の物語にしたいからなのか、どうなのかはわかりませんが、多いです。

最近では珍しい、男性が中心のドラマになるのかもしれません。

小さな巨人の原作

ドラマ・小さな巨人には、原作はないようです。

原作がないということになると、ドラマの結末がどうなるのかなどは、もう予想でしかないですね。

左遷された、香坂がどうなるのか。小さな巨人の最終回、結末はそのあたりが描かれるのかもしれません。

というのもあるのですが、上の「小さな巨人」の写真にある、「敵は味方のフリをする」ということで、警察内部の敵などを描くのかもしれませんね。

ということで、ドラマ、小さな巨人の原作はありません。原作がなく、オリジナルのドラマということで、最後まで結末を知らないままで楽しめそうですね。

小さな巨人の公式Twitter

小さな巨人の公式Twitter

こちらが、小さな巨人の公式ツイッターです。まだ、フォロワーは少ないですね。ここから増えていくのでしょう。

小さな巨人のあらすじ

イントロダクション

ドラマでは、謎解きを重視した本来の警察ドラマとは一線を画した、今までにはない“リアルな警察の姿”そして“人”を描く。

謎解きの警察ドラマではないということです。

人間模様が描かれる、ということのようですね。

主人公は、実力で“未来の捜査一課長間違いなし”と呼ばれるまでの活躍をする捜査一課の刑事・香坂真一郎。香坂は、捜査一課長を目指していたが万年所轄刑事だった父・敦史のため、妻・美沙のため、そして自分のために捜査一課長を目指して邁進してきた。

主人公は、香坂 真一郎で、長谷川博己さんが演じます。

エリートだった刑事が、主役ということですね。自分の父を超えたいということが、動機のようですね。

そんなエリートの香坂が主人公です。

だがある日、取り調べの際にひとつのミスを犯してしまい、これまで評価してくれていたはずの捜査一課長・小野田の証言により、所轄へと左遷させられてしまう。出世街道から外されてやってきた所轄には、小さな事件でも不器用ながら己の正義を信じ事件に挑む同僚たちがいた――。その姿を目にした時、香坂は刑事としての使命・本当の正義に悩みつつも、自分の“正義”を信じ、“悪”と対峙していくことになる。

それが、香坂が左遷されるということで、変わっていくようですね。

ここから、小さな巨人の物語が始まっていくようです。そして、香坂が所轄の人間としてどうするのかということが、この「小さな巨人」の話のようです。

元エリートが、どう変わっていくのか。小さな巨人は、そんなストーリーのようですね。

小さな巨人の1話のあらすじ

そんな小さな巨人の1話のあらすじは、以下のような感じです。

小さな巨人、1話のあらすじ

警視庁捜査一課強行班1係長の香坂(長谷川博己)は、今年三度目の捜査本部事件を解決する活躍をみせていた。その祝勝会と称して、前捜査一課長で今は所轄の署長をしている三笠(春風亭昇太)と料亭で会食していると、どこで聞きつけたのか現捜査一課長・小野田(香川照之)が現れる。

香坂は、やはり活躍しているようですね。それだけ優秀なのでしょう。

その活躍の祝勝会に、香川照之さん演じる小野田が現れて、一悶着あるようです。この2人は仲がよくないようですね。

会食を終えた香坂は、料亭の前で中小企業の社長・中田隆一の飲酒運転を疑い取り調べた際、偶然、隆一の車を傷付けてしまう。すると翌朝、大手ニュースサイト・ゴーンバンクの見出しに“飲酒状態の刑事、車を破損”と記事が掲載されていた。香坂は警察官による不正を調査する監察官・柳沢(手塚とおる)に呼び出され、宴席の直後に取り調べをしたのではないかと問いただされる。黙秘を続けるが、上司にあたる小野田が呼び出され、日本酒を飲んだことを打ち明けられ、警察の名誉を傷付けたとして所轄への異動を命じられてしまう。

香坂は、酒を飲んだ後に、車を傷つけて、それがニュースサイトに掲載され、上司にバレて、所轄に異動させられるということです。

まあ、不祥事が起きたら、こういうことになるのでしょうね。警察組織だと。信用が大切でしょうから。とはいえ、車ぐらいでと思わなくもないですが、お酒が今の時代はダメなのかもしれませんね。

香坂が所轄にやってくると、日本経済のトップに立つIT企業ゴーンバンク社の社長・中田和正(桂文枝)が誘拐される事件が発生する。誘拐犯は身代金を要求している。

そこで、事件が起こって、捜査をしようとするも、所轄は後方支援でということで、あまり活躍ができない感じになってしまうようです。

今まで通りとはいかないようですね。

香坂のもとに残されたのは、問題だらけの所轄刑事のみ。彼は窮地を脱し、捜査一課に返り咲くことはできるのか!?

捜査一課に返り咲きたいというのは、香坂にはあるようです。

まあ、父親を超えたというのがあるとしたら、まあ、そういうことになるのでしょう。

そこから、香坂がどうがんばるのか。というのが、小さな巨人の1話のあらすじになりますね。

小さな巨人、1話のネタバレ、あらすじなどはこちら

小さな巨人、1話。キャスト。ネタバレ、あらすじ。視聴率。感想。香坂真一郎(長谷川博己)が所轄に左遷される

「小さな巨人」の視聴率は?

ここまで「小さな巨人」のことを見てくると、そこまで特別な感じはない警察のドラマという感じです。特殊能力があるわけでも、謎解きという感じでもないようですね。

そうなると、視聴率は、微妙な感じになってしまいそうな気もします。

しかし、「小さな巨人」の話は、組織の人間の話でもありますね。

日曜劇場の視聴者は、サラリーマンが多いでしょうから、組織の人間の話ということになるなら、結構見てしまうというのはあるかもしれません。そうなれば、小さな巨人の視聴率も、悪くはないのかもしれませんね。果たして、「小さな巨人」の視聴率、どうなるでしょうね。

追記:小さな巨人、1話の視聴率は、13.7%と悪くはないですね。ここから小さな巨人の視聴率が上がっていくのか。単なる、警察の物語にならないで、何か話題になるような仕掛けが、今後の小さな巨人にあれば、視聴率が上がっていくかもしれませんね。

小さな巨人の最終回はいつ?結末はどうなる?

「小さな巨人」の最終回は、2017年6月18日(日)でしょうか。全10回だとしたら、この日でしょうね。多分、最終回は、このあたりになるのではないでしょうか。

「小さな巨人」の結末、香坂が、捜査一課に戻れるのか、それとも、戻れないのか。警察内部の話も出てくるのか、来ないのか。

そういった結末になるのだろうと思います。原作がないので、あくまで予想ですが。

「小さな巨人」というのは、組織の中の一人の人間といったような意味なのかなと思いますが、組織の中の一人が活躍するようなドラマになるのでしょうか。

小さな巨人は、どういう警察ドラマになるのか。見た目が男ばかりで、結構地味な感じですが、実際のところどうなるのか、変わった意味で気になるドラマです。

小さな巨人、各回のネタバレ、あらすじなど

小さな巨人の各回のネタバレ、あらすじなどです。

小さな巨人、1話。キャスト。ネタバレ、あらすじ。視聴率。感想。香坂真一郎(長谷川博己)が所轄に左遷される

香坂:もしあのまま昇任試験に行っていたとしても、合格などしていない。
小野田:だとしても、お前は行くべきだったんだ。上の指示に疑問を持たずに従う。それが組織で生きるということだ。
香坂:あなたに従うことで組織で生きることができたとしても、警察官としての自分が死ぬことになります。それは、絶対にできません。そして、もう一つ。この事件はまだ終わっていません。まだ裏があるはずなんです。
小野田:その根拠は?
香坂:私の勘です。
小野田:お前がその言葉を口にするとはな。

小さな巨人 2話。ネタバレ、あらすじ。感想。視聴率。キャスト。大切なものを守るために戦う?

結果として、所轄の失態になった。

山田:僕がバカでしたよ。所轄のあなたに任せたせいで、大事な証言を撮り損ねた。僕の失態です。
香坂:私の失態は、お前を信じてしまったことだ。捜査2課を動かせたのは、お前が父親に頼んでくれたからだろう。いや、お父上といったほうがいいか。山田いさお官房副長官に。説得するのは大変だったはずだ。
山田:ええ、とくに父は僕のことを軽蔑していますしね。東大をでたと言うのに、あえてキャリアの道を進まなかったのを。それでも、父に頭を下げ説得しました。それは、所轄の地道な捜査に心を打たれてと言うわけではなく、上司の一課長に手柄を差し出すためですよ。そのためなら、僕はなんだってします。
香坂:まるで犬だな。そこまでして出世がしたいか?
山田:ええ。その覚悟が僕にはある。僕はなんとしてでも捜査1課長にならなきゃならないんです。主人に逆らい所轄に落ちたあなたとは違うんですよ。
香坂:私が逆らったのは、自分自身を嫌悪したからだ。一課長の手を借りてまで出世しようとする自分を。この警察の体制を誰かが変えなきゃならないんだ。そのためには上に立つしかいないんだ。
山田:まさか、自分の状況がわかってるんですか。
香坂:私は犬ではない。私は捜査一課長になる。そのためにも、真相を突き止める。
山田:所轄だけで何ができますかね。
香坂:所轄が事件の真相を見つける。

小さな巨人3話。ネタバレ、あらすじ。キャスト。視聴率。感想。警察内部に裏切り者が?

署長に、アリサの証言を崩せるはずだから、と説得する香坂。
さらに、小野田も香坂が説得する。

小野田はどこかに電話する。

Barに行くと、山本アリサは、すでにいない。
山田:捜査情報が漏れている。警察内部に裏切り者がいる。中田隆一との内通者がいたということです。

山田が、山本アリサの口座情報を手に入れる。それを香坂に見せる。
そこに、小野田ゆかり、小野田一課長の奥さんの名前がある。

小野田と、中田和正、中田隆一と飲んでいる。
今後ともよろしくお願いいたしますと。

香坂は、一課長の仕業かと疑う。
山田:敵は味方のふりをする。我々の最大の敵は、あの人だったんだ。

「小さな巨人」4話。ネタバレ、あらすじ。視聴率。感想。キャスト。香坂が小野田を追い詰める?

証人を逃されるのを防ぐために、すでに山本アリサは所轄に来ていた。

香坂:先日、小野田課長は、こちらに堂々と聞いてきました。もし内通者ならそんなことはできない。では、一体誰なのか。私が酒を飲んでいたことをリークしたのは、小野田課長だと思っていました。しかし、もう一人、知っている人がいる。そう考えると、全て辻褄があう。内通者はあなたなんですね。
三笠:それで?証拠はあるのか?動機はなんだ?なんども教えただろう。99%黒でも、100%でなければ意味がない。それはゼロと同じなんだよ。隆一が犯人だろうが、私にはなんの関係もない。
香坂:いえ、あなたは100%黒です。
三笠:証拠は?
香坂:私の勘です。
三笠:勘だと。この私に向かって、よくそんなこと言えるな。引き上げてやったのは、この私だぞ。今だったら許してやる。謝れ。誠心誠意謝罪をしろ。
香坂:あなたは正義を第一に考え、そのために組織の規律を重んじて来た方です。私もその姿勢を尊敬し、親のように育てていただき、あなたから多くのことを学んで来ました。ですが、それは全て虚像でした。あなたはもはや敵だ。私があなたにすべきことは、許しをこうことではない。99%を100%にしてみせる。私はあなたのことを絶対に許さない。そのために真相を突き止めてみせる。
三笠:お前たちには、何もできんよ。この私を敵に回すと言うことは、警察組織全体を敵に回すと言うことなんだよ。いずれわかるよ。お前たちがやっていることは、お前たち自身を否定することになる。お前たちもゼロなんだよ。

アリサは、一課に連れて行かれる。

小さな巨人、5話。ネタバレ、あらすじ。感想。香坂は三笠署長を逮捕できるか?キャスト。視聴率

中田和正は、事件への関与を否定。隆一が一人でやったことに。
風見康夫は、意識を取り戻した。
渡部が、真犯人を逮捕できたと報告する。

香坂は、柳沢監察官に、記者に情報をリークしたことを報告した。
そして、香坂は、豊洲署に行くことになる。

三島祐里は、異動希望を出す。

三笠署長に下された処分は、別の所轄への転出。
殺人の隠蔽などへの処分は一切なかった。

香坂:どうしてなんです?子供だって捕まる。当たり前のことでしょう。
小野田:しかし、その当たり前のことを行えば、警察の存在そのものがなくなる。捜査一課長というのは、警視庁の顔だ。その犯罪を暴露してみろ。これまでの捜査に国民から疑問の声があがる。とそれが、表向きの理由だ。
山田:三笠署長ですが、業務の傍、警察官の天下り先を斡旋していました。その中で、中田社長と大きな癒着があった。その中にあって、今回のことは断ることはできなかった。
小野田:今回のことが表に出れば、困る人がたくさんいるんだ。国民を守る、警察の組織自体を我々は守らねばならない。お前たちも、この立場になればわかる。正義だけでは、国民の真の安全は守れない。お前たちが目指す、捜査一課長というのは、そういうものなのだ。
香坂:そうだとしても、私は私なりの正義を貫き通してみます。

小さな巨人、6話。ネタバレ、あらすじ。キャスト。感想。豊洲署編スタート。早明学園の闇はどこに続いているのか。視聴率。

江口から山田に電話。証拠と、横沢の居場所がわかったと、協力してくれということで、江口の元に向かう山田。
そのあとを追う、香坂。

早明学園。
屋上
江口が倒れている。
山田が逃げる。
香坂が山田を追う。

山田:香坂さんに、早く報告すればよかった。
捜査一家の車が来る。山田が殺人容疑で確保される。

小さな巨人。7話。ネタバレ、あらすじ。感想。逮捕された山田はどうなる?キャスト。視聴率。

富永のアリバイは崩れた。

小野田:全て仮説だろう。仮説にすぎん。
香坂:任意で引っ張る許可をいただきたいんです。100%の証拠はありません。ですが、200%の覚悟はあります。あとは、一課長ご自身の覚悟です。
小野田:よし。200%の覚悟があるとはよく言った。200という数字は、100の2倍だ。ではその根拠は?
香坂:私の勘です。
小野田:わかった。お前の200%の勘で、今回だけは賭けてやる。富永拓三を任意同行で引っ張る。

小野田が、富永に任意で同行を願いに行く。

柳沢が、江口の内偵捜査を指令していた人物を見つけた。三島に伝える。
江口に内偵捜査させていたのは、小野田一課長だった。

富永専務の取り調べは、証拠不十分で、帰した。
山田:くそ。小野田一課長と富永専務は通じていたんだ。これで、同じ理由で任意同行はかけられません。
香坂:それが、小野田一課長の狙いだったのか。これ以上、富永専務に手出しはできない。

小さな巨人、8話。ネタバレ、あらすじ。感想。横沢は捕まるのか?知られざる真実とは?キャスト。視聴率。

藤倉が、横沢を豊洲署に連れて来る。
藤倉:俺たちの正義を守りたい。同期の絆ってやつや。どうしても見過ごせなかったんや。一課長は警視庁のOBの天下り先を斡旋してる。富永さんとの関係もズブズブや。富永の狙いは、裏帳簿。その裏帳簿を隠蔽しようとしてる。
藤倉に小野田から電話が来る。
小野田:自分が何をしたのかわかってるんだろうな。

藤倉:俺は最後の最後で間違えてしもうたわ。自分が正しいと思ったことをやっただけやけどな。
香坂:少なくとも俺は、お前が間違ったことをしているとは思わない。
藤倉:香坂、上に立て。当たり前のことを当たり前にできる組織に変えてくれ。頼む。

横沢がいなくなる

小野田:逃げた?緊急配備を敷け。今後こそ、一課が捕まえる!

山田が横沢に付いていた。

山田が横沢に会っている。
横沢:江口さんとの絆、持って来ました。

小さな巨人、9話。ネタバレ、あらすじ。香坂は上司の不正を暴けるか?感想。キャスト。視聴率。

小さな巨人の9話、最終回前ですね。

裏帳簿がそこにある。

小野田:これから弁護士が来て、金崎理事長は釈放される。それから、横沢とお前の取り調べをさせてもらう。お前には、三度目の処分が下る。つまりお前は、警察官の人生は終わったということだ。
香坂:このまま終わるわけには行かないんです。これは、早明学園の裏帳簿の1ページ目。その下の破れた箇所。そこに何が書かれていたのでしょうか。小野田一課長、あなたの名前が載っていたのではありませんか。さらにあなたは私の父を裏切った。私の父を所轄に追いやり、自分はのうのうと出世をした。それができたのも、裏で富永専務とつながっていたからだ。あなたこそが裏切り者だ。あなたのような人間を、私は捜査一課長とは認めない!
小野田:お前は、この私を裏切り者呼ばわりするわけか。その破れたきれっぱしに載っているのも、本当に私だと言うのか!なら、教えてやろう。ここにある。
金庫を見せる。
小野田:お前は、捜査一課長の重責を担う覚悟があるのか!
香坂:覚悟なら、ある!
小野田が、金庫を開ける。

そこから切れ端を取り出す。
小野田:見てみろ、ここに裏切り者の名前がかかれてある。
「香坂敦史」の名前がある。

小野田:その名前はよく知っているな。お前の父親だ。金崎理事長から賄賂を受け取っていたのは、私ではない。お前の父親だ。
香坂:父が。そんな。
小野田:敵は味方のふりをするんだろう。本当の裏切り者は、お前の父親なんだよ
香坂:嘘だ!違う。

小さな巨人、最終回。10話。ネタバレ、あらすじ。予想。これまでのまとめ

小さな巨人、最終回前のこれまでのまとめ

小さな巨人、最終回。10話。ネタバレ、あらすじ。早明学園の事件の真相は?香坂は警察を変えられるのか?感想。視聴率

小さな巨人、最終回、どうなるでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう