小さな巨人。キャスト、原作。あらすじ。視聴率は?最終回はいつ?結末は?長谷川博己さん主演の警察ドラマ

シェアする

スポンサーリンク

小さな巨人。キャスト、原作。あらすじ。視聴率。最終回。結末。

TBSの日曜劇場で、「小さな巨人」が、2017年4月16日(日)夜9時から始まります。初回25分拡大スペシャルということで、小さな巨人、力が入っていますね。

A LIFEのあとということになりますから、こちらも、しっかり作っていくということなのでしょう。どこまで話題になるのかが気になるところです。

主人公の香坂 真一郎を演じるのは、長谷川博己さんです。そして、山田 春彦を演じるのは岡田将生さんです。

警視庁VS所轄という構図の中で、警察ドラマが描かれるようです。

個人的に「小さな巨人」気になるのが、ビジュアルを見てわかりますが、登場人物がほぼ男性です。今時のドラマとして、キャストが男ばかりというのは、結構珍しいのではないでしょうか。しかも、これが、TBSの日曜劇場ですから、偏った感じはありますよね。

これは、やはり狙ってのことですよね。ここまで、男性で固めるというのも、珍しい気がします。小さな巨人、警察のドラマだから、男が多いということなのか。もちろん、女性もいて、三島 祐里という警官を芳根京子さんが演じます。

小さな巨人、1話のネタバレ、あらすじなどはこちら

小さな巨人、1話。キャスト。ネタバレ、あらすじ。視聴率。感想。香坂真一郎(長谷川博己)が所轄に左遷される

小さな巨人

小さな巨人

スポンサーリンク

小さな巨人。キャスト、原作。あらすじ。視聴率は?最終回はいつ?長谷川博己さん主演の警察ドラマ

小さな巨人。キャスト

香坂 真一郎:長谷川博己
山田 春彦:岡田将生
小野田 義信:香川照之

渡部 久志:安田顕
中村 俊哉:竜星涼
三笠 洋平:春風亭昇太

三島 祐里:芳根京子
藤倉 良一:駿河太郎
柳沢 肇:手塚とおる

香坂 敦史:木場勝己
中田 和正:桂文枝

やはり小さな巨人のキャストは、男性が多いですね。警察には男性が多いからということなのか、男性の物語にしたいからなのか、どうなのかはわかりませんが、多いです。

最近では珍しい、男性が中心のドラマになるのかもしれません。

小さな巨人の原作

ドラマ・小さな巨人には、原作はないようです。

原作がないということになると、ドラマの結末がどうなるのかなどは、もう予想でしかないですね。

左遷された、香坂がどうなるのか。小さな巨人の最終回、結末はそのあたりが描かれるのかもしれません。

というのもあるのですが、上の「小さな巨人」の写真にある、「敵は味方のフリをする」ということで、警察内部の敵などを描くのかもしれませんね。

ということで、ドラマ、小さな巨人の原作はありません。原作がなく、オリジナルのドラマということで、最後まで結末を知らないままで楽しめそうですね。

小さな巨人の公式Twitter

小さな巨人の公式Twitter

こちらが、小さな巨人の公式ツイッターです。まだ、フォロワーは少ないですね。ここから増えていくのでしょう。

小さな巨人のあらすじ

イントロダクション

ドラマでは、謎解きを重視した本来の警察ドラマとは一線を画した、今までにはない“リアルな警察の姿”そして“人”を描く。

謎解きの警察ドラマではないということです。

人間模様が描かれる、ということのようですね。

主人公は、実力で“未来の捜査一課長間違いなし”と呼ばれるまでの活躍をする捜査一課の刑事・香坂真一郎。香坂は、捜査一課長を目指していたが万年所轄刑事だった父・敦史のため、妻・美沙のため、そして自分のために捜査一課長を目指して邁進してきた。

主人公は、香坂 真一郎で、長谷川博己さんが演じます。

エリートだった刑事が、主役ということですね。自分の父を超えたいということが、動機のようですね。

そんなエリートの香坂が主人公です。

だがある日、取り調べの際にひとつのミスを犯してしまい、これまで評価してくれていたはずの捜査一課長・小野田の証言により、所轄へと左遷させられてしまう。出世街道から外されてやってきた所轄には、小さな事件でも不器用ながら己の正義を信じ事件に挑む同僚たちがいた――。その姿を目にした時、香坂は刑事としての使命・本当の正義に悩みつつも、自分の“正義”を信じ、“悪”と対峙していくことになる。

それが、香坂が左遷されるということで、変わっていくようですね。

ここから、小さな巨人の物語が始まっていくようです。そして、香坂が所轄の人間としてどうするのかということが、この「小さな巨人」の話のようです。

元エリートが、どう変わっていくのか。小さな巨人は、そんなストーリーのようですね。

小さな巨人の1話のあらすじ

そんな小さな巨人の1話のあらすじは、以下のような感じです。

小さな巨人、1話のあらすじ

警視庁捜査一課強行班1係長の香坂(長谷川博己)は、今年三度目の捜査本部事件を解決する活躍をみせていた。その祝勝会と称して、前捜査一課長で今は所轄の署長をしている三笠(春風亭昇太)と料亭で会食していると、どこで聞きつけたのか現捜査一課長・小野田(香川照之)が現れる。

香坂は、やはり活躍しているようですね。それだけ優秀なのでしょう。

その活躍の祝勝会に、香川照之さん演じる小野田が現れて、一悶着あるようです。この2人は仲がよくないようですね。

会食を終えた香坂は、料亭の前で中小企業の社長・中田隆一の飲酒運転を疑い取り調べた際、偶然、隆一の車を傷付けてしまう。すると翌朝、大手ニュースサイト・ゴーンバンクの見出しに“飲酒状態の刑事、車を破損”と記事が掲載されていた。香坂は警察官による不正を調査する監察官・柳沢(手塚とおる)に呼び出され、宴席の直後に取り調べをしたのではないかと問いただされる。黙秘を続けるが、上司にあたる小野田が呼び出され、日本酒を飲んだことを打ち明けられ、警察の名誉を傷付けたとして所轄への異動を命じられてしまう。

香坂は、酒を飲んだ後に、車を傷つけて、それがニュースサイトに掲載され、上司にバレて、所轄に異動させられるということです。

まあ、不祥事が起きたら、こういうことになるのでしょうね。警察組織だと。信用が大切でしょうから。とはいえ、車ぐらいでと思わなくもないですが、お酒が今の時代はダメなのかもしれませんね。

香坂が所轄にやってくると、日本経済のトップに立つIT企業ゴーンバンク社の社長・中田和正(桂文枝)が誘拐される事件が発生する。誘拐犯は身代金を要求している。

そこで、事件が起こって、捜査をしようとするも、所轄は後方支援でということで、あまり活躍ができない感じになってしまうようです。

今まで通りとはいかないようですね。

香坂のもとに残されたのは、問題だらけの所轄刑事のみ。彼は窮地を脱し、捜査一課に返り咲くことはできるのか!?

捜査一課に返り咲きたいというのは、香坂にはあるようです。

まあ、父親を超えたというのがあるとしたら、まあ、そういうことになるのでしょう。

そこから、香坂がどうがんばるのか。というのが、小さな巨人の1話のあらすじになりますね。

小さな巨人、1話のネタバレ、あらすじなどはこちら

小さな巨人、1話。キャスト。ネタバレ、あらすじ。視聴率。感想。香坂真一郎(長谷川博己)が所轄に左遷される

「小さな巨人」の視聴率は?

ここまで「小さな巨人」のことを見てくると、そこまで特別な感じはない警察のドラマという感じです。特殊能力があるわけでも、謎解きという感じでもないようですね。

そうなると、視聴率は、微妙な感じになってしまいそうな気もします。

しかし、「小さな巨人」の話は、組織の人間の話でもありますね。

日曜劇場の視聴者は、サラリーマンが多いでしょうから、組織の人間の話ということになるなら、結構見てしまうというのはあるかもしれません。そうなれば、小さな巨人の視聴率も、悪くはないのかもしれませんね。果たして、「小さな巨人」の視聴率、どうなるでしょうね。

追記:小さな巨人、1話の視聴率は、13.7%と悪くはないですね。ここから小さな巨人の視聴率が上がっていくのか。単なる、警察の物語にならないで、何か話題になるような仕掛けが、今後の小さな巨人にあれば、視聴率が上がっていくかもしれませんね。

小さな巨人の最終回はいつ?結末はどうなる?

「小さな巨人」の最終回は、2017年6月18日(日)でしょうか。全10回だとしたら、この日でしょうね。多分、最終回は、このあたりになるのではないでしょうか。

「小さな巨人」の結末、香坂が、捜査一課に戻れるのか、それとも、戻れないのか。警察内部の話も出てくるのか、来ないのか。

そういった結末になるのだろうと思います。原作がないので、あくまで予想ですが。

「小さな巨人」というのは、組織の中の一人の人間といったような意味なのかなと思いますが、組織の中の一人が活躍するようなドラマになるのでしょうか。

小さな巨人は、どういう警察ドラマになるのか。見た目が男ばかりで、結構地味な感じですが、実際のところどうなるのか、変わった意味で気になるドラマです。

小さな巨人 2話。ネタバレ、あらすじ。感想。視聴率。キャスト。大切なものを守るために戦う?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう