時をかける少女・第2話。感想。日テレドラマ。あらすじ、ネタバレ

シェアする

スポンサーリンク

時をかける少女・第2話です。

第3話は、こちら

時をかける少女・第3話。感想。ドラマ。あらすじ、ネタバレ。文化祭を盛り上げる未羽、吾朗、翔太 – ゆらりのらり感想ブログ

第1話はこちら

時をかける少女・第1話。日テレドラマ。あらすじ、ネタバレ、感想。タイムトラベルができること

日テレドラマ、時をかける少女、第1話。始まりましたね。 なんとなく、私の記憶にある、「時をかける少女」とは違いますね。なんでだろうなと思ったら、ネットアイドルとかがいるからですね。動画とか。 やはり、現代に合わせているところもあるというのがわかります。

時をかける少女・第1話。日テレドラマ。あらすじ、ネタバレ、感想。タイムトラベルができること – ゆらりのらり感想ブログ

現代に合わせた感じで、ちょっと変わっていますね。第2話は、どんな感じに?

f:id:yurarinorari:20160714135547j:plain

www.ntv.co.jp

スポンサーリンク

時をかける少女・第2話。感想。日テレドラマ。あらすじ、ネタバレ

時をかける少女・第2話。あらすじ、ネタバレ

22世紀は、1年中冬。

ケン・ソゴル・翔平が、ラベンダーを探す

学校で実験することに。

翔平:全部キミのせいだ。この時代の夏を調査してきただけなのに、気づいた時には、この時代で、恋をしていた。

学校の屋上に出ると、西岡が屋上から飛び降りようとしている。
それを止める、未羽。

西岡は心臓移植をされた。
高いところを好きになった。
20時になると、ドキドキする。

感謝しているから、心臓が喜ぶように生きたい。

未羽:私、タイムリープができるの。

と、吾朗と翔平に言う。

未羽:だから会いに行こうと思う。
翔平:西岡くんの心臓の持ち主?
吾朗:本当にそんな力が使えるなら、他に使い道あるだろう?
未羽:私、やっぱり会いに行く。

未羽が、二人の目の前からタイムリープした。

自転車の事故があった。止まりきれなくて、亡くなった。
高校3年生の女の子だった。

未羽:20:20発の電車を見送って、家に帰るの。
吾朗:好きな人が、その電車に乗るからだろう。
未羽:恋をしてたというよりは、恋を我慢してた。

ゾーイ:現地人との接触を避けたほうがいいかと。
翔平:この時代の人達は、恋をしているんだ。
ゾーイ:まだ、自由恋愛でしたか。先輩、恋なんてしたいんですか。98%の人が遺伝子適正結婚に賛成しているんですよ。

西岡に、ドナーの女の子のことを伝える未羽

未羽:勝手に調べちゃった。その人は、真面目な女の子で。好きになってはいけないひとを好きになってしまった。
と西岡に、ドナーのことを教える。

その子は、矢野先生を好きだった。

未羽:生徒に恋したことありますか?生徒に恋されたことありますよね?先生はその子のこと、どう思っていたの?
矢野先生:ないよ。勘違いしそうになったことはあるかも。余計なこと言いふらすなよ。

未羽:思いを告げないまま死ぬなんて悲劇だ。私は悔しい。私にはわかる。努力してきたことがないものにされる。

翔平:吾朗、お前、未羽の事好きだろう。俺はあいつに恋をしているかもしれない。2人を好きっていいのかな。はじめてだから、恋したの。未羽はキスしたことあんのかな。
吾朗:わかんね。
翔平:って、ことは、未羽と吾朗はキスしたことない。よし、よし!

ゾーイ。お腹が空いて、会った子どもに、豚玉をもらう。お好み焼き屋の息子だった。

未羽は、妹に、世界には恋をしたくても必死に我慢している人もいるんだからね。

写真部で。
翔平:どれも撮りたくて撮っているという感じがしないんだよね。
未羽:撮りたいものがない。
翔平:時間を撮れば。未羽がどんな時間を撮りたかったか見てみたいけどな。
未羽:それだ。あの子の恋を写真に撮れば伝わるかも。

女の子をモデルとして写真を撮る。
未羽:好きって気持ちをさらけ出してください。

ブレーキが壊れることを言えないまま、見送った。

女の子の写真を、先生の下駄箱に入れておいた。

プールのそばで、写真を見る、美羽、翔平、吾朗。写真が飛んでしまってプールに落ちて、取ろうとする吾朗。
吾朗が写真をプールから取ろうと夢中になっている隙に、美羽にキスする翔平。プールに落ちる、美羽。

ドラマ・時をかける少女・第2話。感想

時をかける少女。第2話でした。ちょっと意外なオープニングでしたね。ソゴル、翔平の回想からでした。こういう入り方は、おもしろいかもしれません。たしかに、ソゴルからの視点というのも知りたいですね。

そして、吾朗にまでタイムリープしていることがわかってしまいます。というか、未羽自ら教えてしまいます。こういう感じでしたっけ、原作や映画などは。まあ、違っていても良いのですが。

それにしても、未羽は、どんどんタイムリープしますね。なんでしょう。あまり罪の意識はないのかも。というか、「罪」ではないですけれど。良いほうに使いたいということなのか、積極的な性格ということなのか。

いずれにしても、どんどんタイムリープして、人の話に首を突っ込んでいきますね。

それが、今回は「良いほう」になった感じですね。まあ、そこまで良い感じだったかは疑問ではありますが。先生には、伝わったのかもしれませんね。

そして、翔平は、隙を見て、美羽にキスをします。いきなり、吾朗がいるところで。さすが未来人、よくわかっていないというか、シチュエーションは関係ないですね(笑)

吾朗は辛いですね。知らないわけですから。

なんか、翔平の恋が始まっていますね。まあ、全部キミのせいなんでしょう。そんな、「時をかける少女」の第2話でしたね。夏と恋の物語になってきています。

そして「時をかける少女」の第3話は、学祭のようです。校内行事なんですかね。よくわかりませんが、お祭り?のようなことを行って、その話しのようです。学生には楽しい行事、時間ですよね。「時をかける少女」第3話。どんな話になるのでしょうか。少しずつ面白くなってきているようにも思います。「時をかける少女」、次回も楽しみですね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう