時をかける少女・第3話。感想。ドラマ。あらすじ、ネタバレ。文化祭を盛り上げる未羽、吾朗、翔太

シェアする

スポンサーリンク

時をかける少女・ドラマの第3話。あらすじと感想です。

今回は、文化祭を盛り上げるために、黒島結菜さん演じる、芳山未羽がタイムリープするようですね。

第4話はこちら

時をかける少女・第4話。感想。ドラマ。あらすじ、ネタバレ。吾朗がいなくなり、未羽と翔太が探すことに

第2話はこちら

時をかける少女・第2話。感想。日テレドラマ。あらすじ、ネタバレ

ドラマ・時をかける少女・第2話。感想 時をかける少女。第2話でした。ちょっと意外なオープニングでしたね。ソゴル、翔平の回想からでした。こういう入り方は、おもしろいかもしれません。たしかに、ソゴルからの視点というのも知りたいですね。

時をかける少女・第2話。感想。日テレドラマ。あらすじ、ネタバレ – ゆらりのらり感想ブログ

時をかける少女・ドラマの第3話

ストーリー|時をかける少女|日本テレビ

スポンサーリンク

時をかける少女・第3話。感想。ドラマ。あらすじ、ネタバレ。文化祭を盛り上げる

時をかける少女・第3話。あらすじ、ネタバレ

吾朗の視点から始まる。

ボート部。

未羽と同じ学校に行きたくて、公立の高校にした。
吾朗:翔平には未羽を取られたくないな。

未羽:翔平、急にキスなんてなっていない。ファーストキスだからタイムリープしていいかためらった。

ゾーイが、「この時代を楽しめばいいのにと言ったのは先輩じゃないですか」未羽たちのクラスに入ってくる。

雅涼祭。
文化祭をやるかやらないか。未羽のクラスは、やらないことに。

夏休みに入る。

美羽:わたしほんとはやりたかったな。
吾朗:二度とやれないだろうし。
未羽:タイムリープしろって?

タイムリープする未羽。
未羽が、みんなクラス発表やろう。と言っても、吾郎と翔平が協力しない。
未羽が2人を説得して、やろうと呼びかけることに。

演劇!
題目は、ロミオとジュリエット。

吾郎:俺、どうしてもロミオをやりたいんだ。
未羽が説得してもいまいちだったが、みんなやる気に。

ゾーイ・相原が、ジュリエットをやることに。

ゾーイと翔平が仲良くするところを見て、怒る未羽。

お好み焼き屋の「りぼん」の三浦が、家に訪れる。
三浦:この時代の人間じゃないだろう。俺もきみと同じだよ。未来から来た。この時代で何している。
翔平:薬なくして、帰れなくなった。あなたこそ。
三浦:俺は、家族と暮らしている。俺のことはいい。とにかく未羽ちゃんをあきらめろ。忠告したからな。

文化祭の演劇の練習の写真を撮る、未羽

みんなの練習風景の写真を撮る、未羽。

ゾーイ、相原の演技がひどい。
周りから責められる。
相原:あたし、やめます。がんばってもそう見えないと言われるのに。力がないのにでしゃばってすみませんでした。

タイムリープして配役の段階に、未羽、吾朗、翔平、3人で戻って。

翔平がジュリエットやったら?
と翔平が、ジュリエットに。

相原が背景をやって、うまい絵を描いてしまう。

深町奈緒子:愛があれば、障害を乗り越えようと思うのよ。
翔平:そうだね。

本番。
コミカル調の、ロミオとジュリエット。

最後は、トラブルが起きたけれど、翔平がなんとかまとめる。
タイムリープして戻らないことに。

学祭終了後の打ち上げBBQ。
失敗最高!
翔平:芳山未羽、何事にも一生懸命な姿に惚れました。大好きだ。僕のジュリエットになってください。
耳元でなにか言う、翔平。
未羽が、翔平の手を取る。
みんなにキスしろと言われる。キスする二人。

それを見ていた、吾朗。

お好み焼きりぼん
三浦さんが倒れている。

昔の写真アルバムを見る、未羽。
未羽が、翔平の写真がないことに気がつく。

時をかける少女・第3話。感想

時をかける少女・第3話でした。なんか青春していますね、というのが、まず感想です。

未羽、吾朗、翔平の三角関係も、進展があるというか、翔平がかなり積極的ですね。自分からどんどん行っています。一方で、遅れを取ってしまっている、吾朗。なかなか辛いところですね。

にしても、お好み焼き屋の親父の三浦(高橋克実さん)が未来人だったとは。そして、翔平に、帰れと忠告していますね。まあ、時間というか、過去を変えてしまうわけですから、そういうのはありますが、自分が、過去に生きていて、家族もいるわけで。

どういう理由から、帰れと行っているのでしょうね。倒れてしまいましたし。

三角関係の恋も気になりますが、このあたりも、気になりますね。

そして、未羽が、子供の頃の写真のアルバムを見て、翔平の写真がないことに気がつきます。おかしいですよね。

そんな「時をかける少女」の第3話でした。

「時をかける少女」の第4話は、このあたりの、翔平が未来から来ていることがバレるのかという話が中心のようですね。好きな人に、自分の正体がバレたら、どうなるか。恋が終わってしまうのか。そんなことを気にしている翔平のようです。

果たして、どうなるのか。それは、「時をかける少女」の第4話ですね。

時をかける少女 〈新装版〉 (角川文庫)

時をかける少女 〈新装版〉 (角川文庫)

  • 作者: 筒井康隆,貞本義行
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/05/25
  • メディア: 文庫

アニメ版 時をかける少女

アニメ版 時をかける少女

  • 作者: 筒井康隆,「時をかける少女」製作委員会
  • 出版社/メーカー: 金の星社
  • 発売日: 2007/04
  • メディア: 単行本

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう