トレース6話。ネタバレ・感想。科捜研の男。真野礼二の過去、武蔵野一家殺人事件の真相は?キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

トレース6話。ネタバレ・感想。科捜研の男。真野礼二の過去、武蔵野一家殺人事件の真相は?キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

シェアする

ドラマ。トレース。6話。科捜研の男。ネタバレ、あらすじ。感想。キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

「トレース~科捜研の男~」6話は、2019年2月11日(月)夜9時から、フジテレビで放送です。

トレースの6話は、新章に突入ということで、真野礼二(錦戸 亮)の兄の話、家族の事件などが絡んでくるようです。

新妻大介というホームレスの変死体が見つかります。この捜査を、虎丸良平(船越英一郎)や真野礼二(錦戸 亮)と沢口ノンナ(新木優子)が行うということです。

そこで、早川尚文(萩原聖人)に出会って、彼は、25年前の真野の家族が殺された事件、『武蔵野一家殺人事件』を知っていました。

何か関係があるのでしょうか。

トレースの6話は、真野礼二の過去の事件が、何かわかるのかもしれませんね。

ということで、ドラマ、トレース、科捜研の男の6話は、どんな話になっているでしょうか。トレースの6話、あらすじ、ネタバレ、キャスト、ゲスト、見逃し配信動画、視聴率などです。
ドラマ、トレース、6話の見逃し配信動画は、FODで ↓
フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム(無料でお試し)】

トレース 5話。ネタバレ・感想。科捜研の男。海東奈津美の死と鶴竹町幼児誘拐事件の真相。キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

トレース 4話。ネタバレ。科捜研の男。感想。相楽一臣が兄を殺したのか?キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

トレース~科捜研の男~。ドラマ、ネタバレ、あらすじ。1話から最終回の結末まで。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?最終回はいつ?

スポンサーリンク

目次

トレース。6話。科捜研の男。ネタバレ、あらすじ。感想。キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

トレース。6話

トレース~科捜研の男~ 6話

トレース、6話の主なキャスト、出演者

ドラマ、トレースの主なキャスト、出演者

真野礼二(錦戸 亮)

沢口ノンナ(新木優子)

相楽一臣(山崎樹範)

水沢英里(岡崎紗絵)

猪瀬祐人(矢本悠馬)

沖田 徹(加藤虎ノ介)

沢口カンナ(山谷花純)

海塚律子(小雪)

市原 浩(遠山俊也)

江波清志(篠井英介)

壇 浩輝(千原ジュニア)

虎丸良平(船越英一郎)

トレース。第6話のゲスト出演者

トレース、6話のゲスト出演者。

早川尚文(萩原聖人)

萩原聖人が、ゲストとして出演されますね。

ドラマ、トレースの6話の予告動画

ドラマ、トレースの6話の予告動画

ドラマ、トレースの原作

ドラマ、トレースの原作は、累計40万部突破のマンガで、古賀 慶さんの『トレース~科捜研法医研究員の追想~』です。

トレース 科捜研法医研究員の追想 1 (ゼノンコミックス)

トレース 科捜研法医研究員の追想 1 (ゼノンコミックス)

  • 作者: 古賀慶
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2016/07/20
  • メディア: コミック

原作のマンガがあるので、展開などをあらかじめ知っておくこともできますね。

もちろん、原作のトレースを読まないで、ドラマを楽しむというのもありですよね。

トレース・科捜研の男の公式Twitterなど

トレースの公式Twitter

トレース~科捜研の男~のTwitter

ドラマ、トレース、6話の見逃し配信動画は、FODで ↓
フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム(無料でお試し)】

トレース、第6話。科捜研の男。あらすじ、ネタバレ

以下、ドラマ、トレースの6話のあらすじ、ネタバレなどです。

トレース、第6話のあらすじ

真野(錦戸 亮)のもとに、「君のお兄さんのことで話がある」という正体不明の男からの電話があった。真野は、指定された場所で男を待ち続けた。だが、そこには誰も現れなかった。

真野礼二に、お兄さんのことで話があるという電話がありました。

そして、真野は、男を待つようですが、誰も現れないということです。

河川敷でホームレス男性の変死体が発見される

そんな折、河川敷でホームレス男性の変死体が発見される。被害者は新妻大介。高校3年生のときに失踪して以来行方不明だった男で、捜索願も出されていた。死因は溺死だったが、肺や喉、鼻の奥には液体が残っていたものの、体には濡れた痕跡はなかった。また、現場には血液のようなものが付着した軍手も落ちていた。虎丸(船越英一郎)たちは、科捜研の海塚(小雪)に、遺体から採取した液体と軍手の検査を頼むとともに、臨場を依頼する。海塚は、それを英里(岡崎紗絵)に任せようとした。しかし、現場がホームレスのたまり場ということもあって若い女性ではない方が良い、という沖田(加藤虎ノ介)らの意見もあり、真野が担当することになる。そこに、何故かノンナ(新木優子)も加わることになってしまい…。

と、河川敷でホームレス男性、新妻大介の変死体が見つかるということです。

海塚は、英里に任せようとしていますが、沖田が女性でないほうがいいということと、このため、真野が担当になって、ノンナも加わることになるということです。

ノンナは、女性だと思われていないのでしょうか。

真野の家族が殺された武蔵野一家殺人事件

鑑定の結果、液体は水道水で鉄の錆と思われる成分が検出された。一方、軍手にはいくつかの小さな穴が開いており、男性ひとり、女性ふたりの古い血液が付着していたが、データベースで照合しても身元は不明だった。また、軍手の内側から検出された皮膚片は、DNA鑑定の結果、被害者とは別の人物のものだった。

臨場に向かった真野たちは、現場付近の水道から水を採取する。するとそこに、早川尚文(萩原聖人)が献花を持って現れた。早川は、新妻の高校時代の担任なのだという。虎丸は、新妻が失踪した理由を早川に尋ねた。そこで早川は、新妻の友人が家族を刺殺して自殺したことにショックを受けていた、と話す。それは、25年前、真野の家族が殺された『武蔵野一家殺人事件』のことだった――。

軍手には、男性ひとり、女性二人の血液が付着していたということです。

また、被害者とは別の人物のDNAも見つかるということです。

真野たちが臨場に行くと、早川尚文(萩原聖人)が、献花にきていて、早川は、新妻の高校時代の担任だということです。

早川は、新妻の友人が、家族を殺して自殺したことにショックを受けたという話をするようです。

そして、その事件とは、25年前、真野の家族が殺された『武蔵野一家殺人事件』のことということで、ここでつながるわけですね。

というのが、トレースの6話のあらすじです。ここからどうなるのでしょうか。

トレース。6話、ネタバレ

トレース。6話のネタバレ。

ホームレスの変死体が見つかる

真野礼二(錦戸 亮)が、人を待っている。
お兄さんの話で、浅間神社の展望台で待っていると電話があった。

翌日
虎丸良平(船越英一郎)

新妻大介が変死体が見つかったと
濡れていない溺死体

海塚律子(小雪)が、水沢英里(岡崎紗絵)にと頼もうとするが。
ホームレスだから、女性はやめたほうがいいという

しかし、虎丸は、真野と沢口ノンナ(新木優子)に頼むと
ノンナは、私も女なんですけどと。誰も気に留めない

水の成分を調べると、鉄のさび
軍手を調べる。

虎丸と真野
穴が開いている。
男性1名、女性2名の血液がついている。古い血

虎丸が、とっと準備しろと、現場に向かう真野たち
虎丸が、ホームレスたちに聞き込みをすると、新しい冷蔵庫などがある。
なんだか暮らしぶりがいい

と、早川尚文(萩原聖人)が、やってくる。新妻の高校の時の担任だという
友人が事件を起こして、新妻は精神がおかしくなってしまったと。

早川は、その事件は、25年前の、武蔵野一家殺人事件だという。

遺体の水は、どこから来たのかわからない。

真野は、ホームレスたちに聞き込みに行く

沢口ノンナ(新木優子)たちは飲みに行く
武蔵野一家殺人事件の話。
市原:鑑定したのは、前の課長。海塚課長が、その課長の下についていた

ホームレスたちは、家電製品を買ってきていた。
虎丸は、金の出どころを突きとめろと指示を出す。

真野礼二(錦戸 亮)は、新妻のことを、ホームレスたちに聞きに行く
しかし、誰も答えない。

真野は、ホームレスが出かけて行ったあと、冷蔵庫などを調べる
冷蔵庫の氷を採取する
と、ホームレスたちに見つかって、殴られ蹴られる。

そこに、早川尚文(萩原聖人)がやってきて、やめないと警察を呼ぶと叫ぶ。
逃げるホームレスたち。

病院。真野は特に問題ない

早川は、何か遺品でもと探していたという
源義一。自殺した生徒の名前
真野:源義一は、僕の兄です。
知っていることを教えてくれという、真野礼二

早川尚文(萩原聖人)は、友人とは言えない。新妻大介がいじめの主犯の一人。
と、沢口ノンナ(新木優子)が、やってきて、すごい心配したという

虎丸良平(船越英一郎)は、ホームレスを調べて、大量の薬が出てきた。
生活保護で得た薬を売っていた。

新妻の遺体には、氷の成分が入っていた。
肺水腫の可能性?

虎丸は、真野が素直だと気持ち悪いという。

虎丸が怪しいと、江波上司に言うと、もっとでかいヤマを当てろと怒られてしまう。

トレース、第6話ネタバレ。後半

武蔵野一家殺人事件のことを調べる真野礼二

海塚律子(小雪)とノンナ
ノンナは、真野の様子が変だと言う
ノンナ:いつもの真野さんと違うような気がするんです

武蔵野一家殺人事件の昔の資料を見ている真野礼二
事件の鑑定を担当したのは、藤田慎太郎が、担当した科長

それを海塚が見ている。

藤田の家に行く真野。
すると、海塚が家から出てくるのを見かける真野

藤田の奥さんが出てくる
慎太郎はすでに亡くなっていた。

科捜研の人間とは交流がないと答える奥さん。

ノンナが、真野に武蔵野一家殺人事件の何か手伝えることはないかと。
ノンナ:じゃあ、海塚科長に聞いてみては。前の科長の下についていたと聞きました

と、早川から真野に電話
真野と早川
早川:やっぱり謝らないとと思って。いじめのことを知っていた。お兄さんを助けることをできなくて、本当に申し訳ありませんでした。

真野:兄は、大検を受けようとしていたんです。僕も姉も応援していました。家族を殺して命を絶つなんてことはしない。
遺書があったため、あまり捜査されていない
真野は、警察なんてあてにならないと。証拠品は処分されて、調べようがないと言う

ノンナは、カンナと、居酒屋で飲んでいる。
ノンナ:真野さんは誘っても飲みには来ないんだって、プライベートのことは話さないんだよね
真野のことは何も知らないと言う

真野は、血のついた軍手のことを思い出す。トレース、6話の結末

早川は、新妻は指紋を取られたと言っていたと、真野礼二に教える
真野は、血のついた軍手のことを思い出す。

科捜研に戻る真野

そして、真野礼二(錦戸 亮)は、海塚律子(小雪)に話があると
軍手についていた血痕

礼二:源家には、生き残った者がいます。僕がその生き残り、源礼二です。
親戚に入って、姓が変わったと言う
家族の遺品からDNAを見つけて、鑑定するつもりだと、海塚に伝える

海塚は、科捜研に戻る。
そして、真野のパソコンのデータを、修正する

と、真野が戻ってくる
真野:来ると思っていました。照合はすでに済ませてありますから。

血液は、真野の父と母、姉とDNAが一致していた

真野:どういうことですか?25年前、あなたは藤田さんの下について鑑定をしたということですよね。なぜ知らないふりをしたんですか?あなたは嘘をついてる。軍手のデータを改竄してまで、何を隠そうとしているんですか

海塚は、藤田が将来に証拠を残そうとしていた
その後、命令がきた。資料や証拠を全て提出しろと

改竄した鑑定書が渡された

藤田が亡くなったあと、奥さんが、海塚に資料を渡した
関係資料のことをまとめたノート

海塚は、真野礼二が生き残った弟だと知っていたという
海塚は、礼二が心配だったから、隠していたと

海塚:証拠は全て処分されてしまった。これ以上、あなたに苦しんでほしくない。前に進んで欲しいと思ったから。どうするのか決めるのはあなただし。それを止めることはできない

真野は、ノートを持っていく

上から、捜査の打ち切り命令が出たと猪瀬が、虎丸に

真野がノートを見ている
姉の、仁美は、妊娠3ヶ月だった

以上、トレース、6話のネタバレあらすじでした。

ドラマ、トレース、6話の見逃し配信動画は、FODで ↓
フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム(無料でお試し)】

ドラマ。トレース。6話の感想、視聴率、見逃し配信動画など

トレース。6話の感想。真野は、真実にたどり着けるのか?

今回の6話は、ホームレスの変死体の話でした。

そのホームレス、新妻は、真野礼二の兄、源義一をいじめていたということがわかってきます。

なぜ新妻は殺されたのか。

そして、武蔵野一家殺人事件の真犯人は誰なのか。

これを、礼二が追っていきます。

ということで、トレースの6話は、礼二の過去の話です。

真野礼二が、この話を追っていく中で、海塚科長が、昔捜査に関わっていたということがわかります。

なんだか、海塚も怪しい感じでしたよね。まあ、結局、海塚が、その昔捜査していた、藤田が残した資料を持っていたわけですが。

また、ホームレスの新妻は、肺水腫による溺死ということのようです。とはいえ、捜査の打ち切りが上から出ていたという話もあるので、まだ、何か裏があるのかもしれません。

そして、軍手の血は、礼二の家族の血のDNAと一致したということでした。

礼二は、なんだか辛いですよね、きっと。まあ、真実がわからないのも辛いところだろうと思いますが。

というのが、トレース6話の感想です。

そして、藤田が残した資料から、姉の仁美が妊娠していたということも知りますね。事件と関係があるのかどうか。

ここも気になりますよね。そして、沢口ノンナは、真野礼二のことを心配しているようですが、この2人もどうなるのか。

真野は、真実を見つけようとするのでしょう。どうにかして。

ということで、ここから、トレースの武蔵野一家殺人事件や真野がどうなっていくのか、展開や結末が気になりますね。

トレース、科捜研の男、6話の視聴率は、10.4%

トレース、6話の視聴率は、どうなるでしょうね。

トレースの1話の視聴率は、12.3%でした。トレースの2話の視聴率は、11.8%でした。

トレース、3話の視聴率は、9.6%%でした。4話の視聴率は、11.0%でした。

トレース、5話の視聴率は、10.0%でした。6話の視聴率は、10.4%でした。微増ですね。

ドラマ。トレース。6話。見逃し配信動画

トレースの見逃し配信動画。

ドラマ、トレース、6話の見逃し配信動画は、FODで ↓
フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム(無料でお試し)】

トレース、各回のネタバレあらすじなど

トレース 6話。ネタバレ・感想。科捜研の男。真野礼二の過去、武蔵野一家殺人事件の真相は?キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

トレース 5話。ネタバレ・感想。科捜研の男。海東奈津美の死と鶴竹町幼児誘拐事件の真相。キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

トレース 4話。ネタバレ。科捜研の男。感想。相楽一臣が兄を殺したのか?キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

トレース3話。ネタバレ。科捜研の男。感想。松戸モモを殺した犯人は?キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

トレース2話。科捜研の男。ネタバレ・感想。大学教授が殺された真相とは?キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

トレース1話。科捜研の男。ネタバレ・感想。真野礼二(錦戸亮)が事件の真相に迫る。キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

ドラマ。トレースの主なキャスト、出演者についてなど

トレースの主なキャスト、出演者

真野礼二(錦戸 亮)。科捜研の男

真野礼二(まの れいじ)は、錦戸亮さんです。

警視庁科学捜査研究所の法医科に所属する法医研究員で、膨大な知識を持ち、鑑定技術や着眼点は他の研究員と異なる高い能力で好評価を受けているということです。

幼少期に起きたある事件の真実を追い続けているということですが、ドラマではどこまで迫れるのか。

真実のみを信じるということで、周りの研究員などとは、距離があるようです。

沢口ノンナ(新木優子)。新人法医研究員

新人法医研究員の沢口ノンナは、新木優子さんが演じます。

大学院で遺伝子の研究中、大学OGの海塚律子に誘われて、科捜研に入所するとのこと。

また、海塚によって、真野から学びなさいと、真野と仕事をすることになり、振り回されるようです。

殺人事件に関わることに、違和感を覚えつつも、仕事に熱心になっていくということですね。

虎丸良平(船越英一郎)。捜査一課の刑事

刑事の虎丸良平は、船越英一郎さんです。

昔ながらの捜査を信じている、虎丸。

そんな虎丸に、真野は冷たいですし否定的で、また、虎丸も、真野とは初めのうちは衝突するようです。

しかし、真実を追い求める真野の姿勢に、少しずつ虎丸が変わっていくようです。

海塚律子(小雪)。科捜研法医科の科長

科捜研法医科の科長の海塚律子。小雪さんが演じます。

真野とノンナ、そして、研究員たちを束ねる役割を担っています。一見クールですが、面倒見はいいということです。

真野とは、何かしら、過去に関わりがあるようです。

相楽一臣(山崎樹範)。科捜研法医研究員

科捜研法医研究員の相楽一臣は、山崎樹範さんです。

真野をライバル視しており、真野のことは、あまりよく思っていないようです。

水沢英里(岡崎紗絵)。科捜研法医研究員

水沢英里も、科捜研法医研究員です。岡崎紗絵さんが演じます。

真野のせいで、仕事が増えて、やはりあまりよく思っていないよう。

壇 浩輝(千原ジュニア)。警視庁刑事部長

壇 浩輝は、千原ジュニアさんが演じます。

警視庁刑事部長ということです。虎丸などの上司ですね。

壇も、真野の過去の事件に何かしら関わりがあるようです。

猪瀬祐人(矢本悠馬)。捜査一課の刑事

猪瀬祐人は、警視庁捜査一課の刑事です。矢本悠馬さんです。

虎丸の部下。

市原 浩(遠山俊也)。科捜研法医研究員

科捜研法医研究員の市原浩は、遠山俊也さんです。

海塚に好意があるようで、海塚に何かと関わる真野のことを快く思っていないということです。

江波清志(篠井英介)。警視庁捜査一課長

江波清志は、篠井英介さんが演じます。

警視庁捜査一課長。虎丸の直属の上司ですね。厳しく冷たい上司のようです。

沢口カンナ(山谷花純)

沢口ノンナの妹、沢口カンナ。

山谷花純さんです。

沖田 徹(加藤虎ノ介)

警視庁鑑識課の刑事の沖田徹。加藤虎ノ介さんが演じます。

真野については、細かいことをついてくるからか、あまり好きではないようです。

というのが、ドラマ、トレースの主な出演者、キャストです。真野は、科捜研であまりよく思われていないようですが、変わっていくのでしょうか。

トレースの脚本、プロデューサー、演出など

脚本:相沢友子

プロデュース:草ヶ谷大輔、熊谷理恵(大映テレビ)

演出:松山博昭。相沢秀幸。三橋利行

音楽:Ken Arai

トレース・科捜研の男は、こういった方たちが製作しています。

以上、トレースの6話のネタバレ、あらすじ、感想、見逃し配信動画、キャスト、ゲスト出演者などでした。