私たちはどうかしている。2話ネタバレあらすじ。七桜と椿の仲が近づく。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

スポンサーリンク

私たちはどうかしている。2話あらすじネタバレ。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

ドラマ、私たちはどうかしているは、日テレの2020年の夏ドラマで、浜辺美波さんと横浜流星さんがW主演です。

わたどう、私たちはどうかしているの2話は、日テレで水曜夜10時から放送です。

2話は、花岡七桜(浜辺美波)がピンチになるようですね。

私たちはどうかしているの2話の内容はどうなっているでしょう。

ということで、ドラマ、私たちはどうかしている。2話あらすじネタバレ。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率などです。

↓ ドラマ。私たちはどうかしている、2話の見逃し配信動画は、Huluで見られます。
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

2020年春ドラマ。4月〜9月のドラマ一覧。ネタバレあらすじまとめ

スポンサーリンク

私たちはどうかしている。2話あらすじネタバレ。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率など

私たちはどうかしている。2話
私たちはどうかしている。2話

ドラマ。私たちはどうかしている、2話の主なキャスト、出演者

花岡七桜(浜辺美波)
高月椿(横浜流星)

城島祐介(高杉真宙)
長谷川栞(岸井ゆきの)
山口耕一(和田聰宏)
富岡勝(岡部たかし)
安部大吾(前原滉)
杉田綾人(草野大成)
多喜川薫(山崎育三郎)

宮部夕子(須藤理彩)
大倉百合子(中村ゆり)

高月樹(鈴木伸之)
高月宗寿郎(佐野史郎)
高月今日子(観月ありさ)

 

私たちはどうかしている。公式Twitter、インスタグラムなど

私たちはどうかしているの公式Twitter

私たちはどうかしているのTwitter

私たちはどうかしているの公式インスタグラム

私たちはどうかしているのインスタグラム

ハッシュタグは、#わたどう、#私たちはどうかしている

ドラマ、私たちはどうかしている。2話のあらすじ

私たちはどうかしている。2話のあらすじ

光月庵で暮らし始めた七桜なお(浜辺美波)に、下っ端の職人として洗い場の仕事を命じる椿つばき(横浜流星)。厨房では椿の結婚をぶち壊した女として同僚の職人たちから後ろ指を指されながらも、七桜は大好きな和菓子作りに囲まれることに喜びを感じていた。そんな中、作業を助けたことで親しくなった見習いの職人・城島じょうじま(高杉真宙)の話から、15年前、先代の樹いつき(鈴木伸之)が亡くなった事件の後、光月庵の従業員が総替わりしたことを聞く。七桜は事件当時のことを知る古参の客から話を聞くべく、ある方法を思いつく…。

翌日。光月庵では神社の祈晴祭の大量注文が入っている日に七桜が得意先の呉服店“白藤屋”の注文を受けてしまったことが問題に。七桜は、店が忙しい日なら御菓子を作り自分で届けに行けると思ったのだ。

祈晴祭の日。御菓子を届けるため一人白藤屋を訪れた七桜。しかし、箱を開けると、なんと白藤屋特注の御菓子が台無しにされていた!パニックになる七桜の前に現れた椿は「嘘をつくからこんなことになる」と、七桜を抱え上げ…。七桜の不審な行動に気づき後を追って来た椿だが、何者かが御菓子に不吉ないたずらをしていたことで、光月庵は大切な得意先を失う危機に。

店に戻った後、出来上がった御菓子を女将の今日子きょうこ(観月ありさ)が珍しくチェックしていたと聞いた七桜は、今日子が自分を追い出すために御菓子に細工したことに気づき今日子の元へ!七桜の荷物をまとめ出て行くように言い渡す今日子。嫌悪感を爆発させ、七桜を追い詰める今日子だったが、七桜に手を差し伸べた椿は、なんと白藤屋から七桜を指名して注文が入ったと告げる…!その頃、白藤屋には謎の男・多喜川たきがわ(山崎育三郎)の姿があった…。

翌日から、七桜に光月庵の餡を教えるため、椿の一対一の指導が始まる!しかし、ベテラン職人・富岡とみおか(岡部たかし)の不満に気づいた今日子の差し金で、二人は厨房を使えなくなってしまい…。大旦那(佐野史郎)に直談判する椿だが、七桜はそこで椿と大旦那の驚くべき確執を目の当たりにするのだった…!!

私たちはどうかしている

というのが、ドラマ、私たちはどうかしている、2話のあらすじです。

↓ ドラマ。私たちはどうかしている、2話の見逃し配信動画は、Huluで見られます。
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

スポンサーリンク

私たちはどうかしている。第2話、ネタバレ

以下、私たちはどうかしている、2話のネタバレです。

私たちはどうかしている。2話ネタバレ。七桜は真相を探ろうとする

高月椿(横浜流星)が、花岡七桜(浜辺美波)に洗い物をやれと、嫁の仕事だという。

城島祐介(高杉真宙)が小豆のビックリみずを忘れている。
七桜が教える。

お祭りがあるから忙しい。
職人は、10年以上働いている人がいない。
お客様のほうが古い付き合いになるだろうと

七桜は、呉服屋 白藤屋を台帳からお得意として見つける。
その様子を、高月今日子(観月ありさ)が見ている。

祭りの日に、白藤屋の注文を七桜が受けた。
椿が届けると言い出す。
しかし、京子は、顔を出さないと、跡取り失格と見なされるという

白藤屋は、藤のお菓子を頼んでいる。白藤
七桜「私にも作れます」
椿は俺が作るという。

長谷川栞(岸井ゆきの)は父親に、今後一切関わるなと言われる。

祈晴祭
七桜は、お菓子を届けにいく。

七桜は、事件の手がかりを知りたいと考えている。
お菓子が、赤くなっている。
七桜は、赤を見ると調子が悪くなってしまう。

と、椿がやってくる。
椿「罰ですよ。嘘をついていたようなので」
嘘をつくからこんなことになるんだ。と、お姫様抱っこする。

椿に、そんな注文をしていないとわかってしまう。
椿「大切なお客様を失ったということだ」

今日子がやったこと。私たちはどうかしている、2話ネタバレ

七桜は、厨房で考え事をしていると。
城島祐介が、お菓子をおかみがチェクしていたという。

七桜が部屋に戻ると、今日子が、七桜の荷物を片付けている。
今日子「お金ね、これが狙いだったんでしょ」
七桜「私、出て行ったりしません」
椿と結婚するから、椿に言われるまでは出ていかないという。

今日子「この疫病神!」と花瓶の水を掛ける。
蛾を家族にしたりしないという。

高月宗寿郎(佐野史郎)は椿に「お前は絶対に、光月庵は継げん」

荷物を池に落としてしまう。
七桜は、荷物と型を探そうと池に入る。

と椿がやってくる。
椿は、もう少し
白藤屋が、最中を20個注文したいという。七桜が作るもの

多喜川薫(山崎育三郎)が関わっていた。

椿が、あんこの作り方を七桜に教える
が、全然ダメだという

富岡勝(岡部たかし)が、邪魔だという。今日子に言われて。
椿が頼むが、富岡は、大旦那に従うと。
富岡「あんたになんの権限もない」

椿は、宗寿郎に厨房の権限を譲ってくれと頼む。
宗寿郎は、譲ることはできないという。
宗寿郎「椿は光月庵を継げん。私の本当の孫じゃないからな」

スポンサーリンク

私たちはどうかしている。2話ネタバレ。あんこを作る七桜

椿が、光月庵の過去の話をする。
昔、饅頭の作り方を盗まれた。
血縁にしか継がせない
宗寿郎は、女将の不貞でできた子だと思っている。

椿「くだらない。大事なのは意思だ。」

城島祐介があんこ20個分ぐらいなら取っておこうかという。

椿は、富岡を罠に陥れて、厨房を返してもらおうかと。

城島は、実家が和菓子屋。修行に来ている。
七桜と城島が親しくしていると、椿「おい、俺の妻だぞ」

椿「跡取りじゃないと知って、俺との結婚に興味が無くなったんじゃないのか?」
七桜は、あんこが憧れなんだという。
母親があんこから離れなかったから

椿は、あんこは自分を映す鏡だという。
だから、あんこを作るとき、俺は少し怖い

椿は、七桜のあんこには何かが足りないと
椿「あんたが本当においしいと思うあんこを作ってみろよ」

豆の食感を残したい。甘さ控えめで。
椿は、蜂蜜を使うのもありかもと、七桜はそれを隠し味に使いたいという。
そして、最中が完成

椿「白藤屋さんには、この最中を持っていくぞ」

そして、最中を持っていく
光月最中

白藤屋は、昔からいただいていた変わらない味だという。
七桜は、白藤屋の人は、予約して食べていないと。
だから、いつもの味にした。

椿「どうして一言、相談してくれなかったのか、腹が立っているがな」

と、椿が、夫婦らしいことをやってみるかと、手を繋いで歩く

大旦那と話し合ってみたらと、七桜
椿は、あまちゃんだなと

七桜と椿。私たちはどうかしている。2話ネタバレ結末

七桜が、食事の席にいる。
今日子が、怒るが。宗寿郎が、敬意を払わなければと。

らくがんを作れるのかと宗寿郎
七桜は、まだうまく作れないという。
宗寿郎は、椿を愚かでどうしようもないと

七桜は、椿はこの店を大切にしていると答える。
宗寿郎は、愛しているのかと聞く。
七桜は、はいと答える

が、嘘をつけという。
宗寿郎は、お前は私から何を奪うつもりだ、と
椿が僕の妻をいじめないでくれますか
部屋を同じにすると、椿

七桜「認めていただけたようで、嬉しいです。ありがとうございます。おじいさま」

椿「なおって、桜なんだ。桜って名前の子がいて、ここでお菓子を作った。この暗い家の唯一の灯りだった」

椿は七桜を利用しようと思っていた
「なのにあんたは、どうかしてるな」

七桜が、椿に抱きつく
キスする2人

今日子は、七桜のことを興信所に調べさせる。

桜が目の前に現れたらどうするかと聞く
「永遠に目の前から消えてもらうよ」

 

↓ ドラマ。私たちはどうかしている、2話の見逃し配信動画は、Huluで見られます。
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

ドラマ。私たちはどうかしている、2話。まとめ、感想レビュー。視聴率など

私たちはどうかしている。2話のまとめ。七桜と椿が近づくが

今回の私たちはどうかしているの2話は、七桜が、昔からのお客様に勝手に会いにいきますね。真相を探るために。

それが、今日子にバレていて、嵌められますね。

 

そんななか、多喜川薫が助けてくれているようでうす。

そして、最中をつくることになる、七桜。

どうにか、うまくつくって、お得意様を失わずに済みました。

 

と、大旦那といろいろあって、七桜と椿は同じ部屋に入ることに。

そして、七桜と椿は近づきますね。

というのが、私たちはどうかしている。2話でした。

私たちはどうかしている、2話。感想レビュー。この2人は?

わたどう。2話は、七桜のミスから、椿と近づくことになりました。

そして、大旦那とも、ある意味近づいています。

この2人は、どうなるんでしょうね。

 

そして、椿は、桜のことをどう思っているのか。というか、桜=七桜は、何かありそうですよね。

というか、母親にも何かありそうで。

とこのあたりが、3話でわかるのかもしれません。

私たちはどうかしている。3話のあらすじ

なぜ椿(横浜流星)は『さくら』を憎んでいるのか。その理由を聞いた七桜(浜辺美波)は、自分が知らなかった母・百合子(中村ゆり)の意外な一面に衝撃を受ける。母の無実を信じて疑わなかった七桜の心は揺れ…。

そんな中、七桜の素性を知った今日子きょうこ(観月ありさ)は七桜を呼び出し、正体を暴こうとジリジリと追い詰める。椿の前で七桜の正体がバレる…と思ったその瞬間、なんと“七桜の母親”だと名乗る人物が光月庵を訪ねてきて…!?自分の母を名乗る見知らぬ女性に話を合わせ、なんとかその場をしのぐ七桜。知人から頼まれて七桜の母のふりをしたという彼女の話を聞き、七桜は母の手紙を渡してくれた多喜川(山崎育三郎)ではないかと考える。

自分たちの結婚式で出したい御菓子があるという椿は、七桜を古い菓子帳の眠る物置へ連れていく。しかし、隠し事をしている様子の七桜を突然物置に閉じ込める!途方にくれる中、七桜はふと手に取った菓子帳に見覚えのある母の字を見つける。そこには、桜の御菓子のデザインがびっしりと描かれていた。再び母の潔白を確信し、多喜川に会いに行こうと決意する七桜。食事を運んできた椿の不意をついて逃げ出すが、待ち構えていたように七桜の頭上に壺が落下!とっさに七桜をかばった椿が右手に怪我を負ってしまう。

翌日、金沢屈指の茶道の流派・草薫会そうくんかいから椿に御菓子の依頼が入る。大旦那(佐野史郎)も招かれている大事な茶会。下手な御菓子を出せば光月庵の看板に傷がつく。右手の怪我のせいで満足な御菓子を作れない椿は、作りたい気持ちを抑え、依頼を断ろうとする。しかし、椿の気持ちを汲んだ七桜は、茶会の亭主の前で「お任せください」と宣言する。

店を立て直す力になりたいという七桜に動かされ、二人三脚で茶会の御菓子作りを始める。しかし、その先に数々の難関が待ち構えていた…!!

私たちはどうかしている

というのが、ドラマ、私たちはどうかしている、3話のあらすじです。

私たちはどうかしている。2話。Twitter反応感想まとめ

 

 

2話の視聴率は?

私たちはどうかしている、2話の視聴率は、どうなる?

私たちはどうかしている、1話の視聴率は、9.6%でした。

私たちはどうかしている、2話の視聴率は、7.8%でした。

私たちはどうかしているの各回のネタバレ、あらすじ、結末など

私たちはどうかしているの各回のネタバレ、あらすじ、結末などは、以下に追記予定です。

私たちはどうかしている。最終回あらすじ予告動画。キャスト。見逃し配信動画

私たちはどうかしている。7話ネタバレあらすじ。七桜は光月庵を奪い返そうと。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

私たちはどうかしている。7話6話5話4話3話2話1話。最終回の結末まで。浜辺美波さん横浜流星さん主演。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?最終回はいつ?主題歌

私たちはどうかしている。6話ネタバレあらすじ。七桜と椿は離れ離れに。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

私たちはどうかしている。5話ネタバレあらすじ。七桜は椿に本当のことを言えない。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

私たちはどうかしている。4話ネタバレあらすじ。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

私たちはどうかしている。3話ネタバレあらすじ。椿が七桜に惹かれていく。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

私たちはどうかしている。2話ネタバレあらすじ。七桜と椿の仲が近づく。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

私たちはどうかしている。1話あらすじネタバレ。七桜が椿に結婚を申し込まれて。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

ドラマ、私たちはどうかしているの脚本、演出、プロデューサーなど

脚本:衛藤凛
演出:小室直子、猪股隆一、明石広人、水野格
チーフプロデューサー:西憲彦
プロデューサー:鈴間広枝、松山雅則(トータルメディアコミュニケーション)
協力プロデューサー:藤森真実

ドラマ、私たちはどうかしているの原作

原作は、安藤なつみさんの漫画「私たちはどうかしている」ですね。

まだ連載中のようで、結末はどうなるのかわかっていないようです。

記事まとめ

シェア

フォロー