私たちはどうかしている。3話ネタバレあらすじ。椿が七桜に惹かれていく。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

スポンサーリンク

私たちはどうかしている。3話あらすじネタバレ。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

ドラマ、私たちはどうかしているは、日テレの2020年の夏ドラマで、浜辺美波さんと横浜流星さんがW主演です。

わたどう、私たちはどうかしているの3話は、日テレで水曜夜10時から放送スタートです。

3話は、花岡七桜(浜辺美波)の母親だという女性が現れるということです。

私たちはどうかしているの3話の話はどうなっているでしょう。

ということで、ドラマ、私たちはどうかしている。3話あらすじネタバレ。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率などです。

↓ ドラマ。私たちはどうかしている、3話の見逃し配信動画は、Huluで見られます。
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

2020年春ドラマ。4月〜9月のドラマ一覧。ネタバレあらすじまとめ

スポンサーリンク

私たちはどうかしている。3話あらすじネタバレ。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率など

私たちはどうかしている。3話
私たちはどうかしている。3話

ドラマ。私たちはどうかしている、3話の主なキャスト、出演者

花岡七桜(浜辺美波)
高月椿(横浜流星)

城島祐介(高杉真宙)
長谷川栞(岸井ゆきの)
山口耕一(和田聰宏)
富岡勝(岡部たかし)
安部大吾(前原滉)
杉田綾人(草野大成)
多喜川薫(山崎育三郎)

宮部夕子(須藤理彩)
大倉百合子(中村ゆり)

高月樹(鈴木伸之)
高月宗寿郎(佐野史郎)
高月今日子(観月ありさ)

 

私たちはどうかしている。公式Twitter、インスタグラムなど

私たちはどうかしているの公式Twitter

私たちはどうかしているのTwitter

私たちはどうかしているの公式インスタグラム

私たちはどうかしているのインスタグラム

ハッシュタグは、#わたどう、#私たちはどうかしている

ドラマ、私たちはどうかしている。3話のあらすじ

私たちはどうかしている。3話のあらすじ

なぜ椿(横浜流星)は『さくら』を憎んでいるのか。その理由を聞いた七桜(浜辺美波)は、自分が知らなかった母・百合子(中村ゆり)の意外な一面に衝撃を受ける。母の無実を信じて疑わなかった七桜の心は揺れ…。

そんな中、七桜の素性を知った今日子きょうこ(観月ありさ)は七桜を呼び出し、正体を暴こうとジリジリと追い詰める。椿の前で七桜の正体がバレる…と思ったその瞬間、なんと“七桜の母親”だと名乗る人物が光月庵を訪ねてきて…!?自分の母を名乗る見知らぬ女性に話を合わせ、なんとかその場をしのぐ七桜。知人から頼まれて七桜の母のふりをしたという彼女の話を聞き、七桜は母の手紙を渡してくれた多喜川(山崎育三郎)ではないかと考える。

自分たちの結婚式で出したい御菓子があるという椿は、七桜を古い菓子帳の眠る物置へ連れていく。しかし、隠し事をしている様子の七桜を突然物置に閉じ込める!途方にくれる中、七桜はふと手に取った菓子帳に見覚えのある母の字を見つける。そこには、桜の御菓子のデザインがびっしりと描かれていた。再び母の潔白を確信し、多喜川に会いに行こうと決意する七桜。食事を運んできた椿の不意をついて逃げ出すが、待ち構えていたように七桜の頭上に壺が落下!とっさに七桜をかばった椿が右手に怪我を負ってしまう。

翌日、金沢屈指の茶道の流派・草薫会そうくんかいから椿に御菓子の依頼が入る。大旦那(佐野史郎)も招かれている大事な茶会。下手な御菓子を出せば光月庵の看板に傷がつく。右手の怪我のせいで満足な御菓子を作れない椿は、作りたい気持ちを抑え、依頼を断ろうとする。しかし、椿の気持ちを汲んだ七桜は、茶会の亭主の前で「お任せください」と宣言する。

店を立て直す力になりたいという七桜に動かされ、二人三脚で茶会の御菓子作りを始める。しかし、その先に数々の難関が待ち構えていた…!!

私たちはどうかしている

というのが、ドラマ、私たちはどうかしている、3話のあらすじです。

↓ ドラマ。私たちはどうかしている、3話の見逃し配信動画は、Huluで見られます。
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

スポンサーリンク

私たちはどうかしている。第3話、ネタバレ

以下、私たちはどうかしている、3話のネタバレです。

私たちはどうかしている。3話ネタバレ

花岡七桜(浜辺美波)は、桜って子が現れたらどうするかと、高月椿(横浜流星)に聞く
桜の母が父を殺したからだ。
2人が一緒にいたのを見たのだという

七桜は、そんなことは信じないと。桜だと知られちゃいけないという。

高月今日子(観月ありさ)は、興信所に調べて、七桜の母が、大倉百合子(中村ゆり)だと知る。

今日子は、七桜に着物を着て欲しいという
真っ赤な椿が描かれている。
七桜「私には着られません。」
今日子は、母親はどうしているかと
母は亡くなりました。事故で。

と、椿が入ってくる。

城島祐介(高杉真宙)が、七桜の母親という人間がいらしているという。

宮部夕子(須藤理彩)が、花岡夕子だとやってくる。
七桜は、18の時に家を出たという。
七桜「縁を切る覚悟で家を出たんです」
椿「七桜さんのことは、必ず幸せにします」

25日に結婚式をするという
今日子「まさか本当に愛しているというわけじゃないわよね?」

今日子は、正体を暴いて追い出してやると

宮部夕子は、頼まれただけだという。
その男性に会わせてくれと頼む、七桜。
店に来いという、夕子

椿が結婚式で出したいお菓子があるという。
椿「俺は信用ならない奴は、手元に置いておく主義なんだ。お前の目的はなんだ?」
七桜「ずっとお菓子が作れると思ったから」
椿は、七桜を物置のような場所に閉じ込められる。

長谷屋
父親が、長谷川栞(岸井ゆきの)に取り柄がないから結婚しろという。

壺が落ちてきて。私たちはどうかしている。3話ネタバレ

七桜は、物置で菓子帳を見つける。母親が書いたものだった

七桜は、椿が物置に来て開けて、キスをして、そのすきに物置から出る。
と、壺が頭の上から落とされる
椿が助けて、椿に壺が。

椿は、お前を助けたわけではないと、七桜に
今日子が何があったのかとやってくる
椿「あなたが一番よく知ってるじゃないですか」

椿は、あの物置にいれば、こんなことにはならなかったのに
七桜「だったら、そう言ってくれればいいじゃない!」
椿「お前は俺のそばにいろ」

山口耕一(和田聰宏)が、椿に、茶会でお菓子を出して欲しいと頼んできたという。
そうくんかい

店主がやってきて、頼みにくる
椿は、手を怪我してしまっている。

七桜がお任せくださいと。椿を手伝うという。店を立て直すのだろうと。
椿は、お茶を覚えてもらうと、お茶の作法などを教える。
と、高月宗寿郎(佐野史郎)がやってきて、私も飲もうという。

25日は、大旦那が毎年、人を招いている。

宗寿郎は、椿に椿のお菓子など食べる気にはならないと。

椿は、「落とし文」を作るという

七桜は、落とし文のアイデアを考えていた。

スポンサーリンク

私たちはどうかしている。3話ネタバレ。椿の過去

椿と七桜は、落とし文を作る。

しかし、納得いくものができない
城島祐介は、濃い色を使わないですよね?と
椿は、七桜の色だと。
椿は、笑うんだなという。笑って見せろと椿。
椿は笑うが、目が笑っていない。

城島は、「落とし文」の隠された思いという意味のほうが好きだと、七桜に。

茶会当日
椿は、一つだけ落とし文を作るという。
七桜は大旦那と何があったのかと聞く

過去の回想
宗寿郎「あの日、2人が揉めていたのを見たんだよな?」
椿「キスしてた」
宗寿郎「この嘘つきが!」

その日以来、宗寿郎は、お菓子を食べてくれなくなったという。

椿は、踏み切りで、線路に手が挟まったが、宗寿郎は助けてくれなかった。

椿「光月庵は俺のものにする」

大旦那が茶会に来ていない
七桜が探しにいく

今日子は、母親と名乗る女性の正体を探ろうとしている。

七桜が探していると、多喜川薫(山崎育三郎)がいる。
話したいことがあるというと、薫はナンパかと。

宗寿郎を見つける七桜
宗寿郎「お前も裏切られるぞ、あいつに」
七桜「やめてしまったほうが楽になれたかもしれないのに。好きなんです、お菓子のことが。純粋な人なんです」

茶会で。私たちはどうかしている。3話ネタバレ、結末

茶会
椿は、緊張していると、七桜を抱きしめる。
七桜「大丈夫、今日は一人じゃないんだから」

落とし文を出す
椿が説明する。
椿「光月庵のお菓子です。父が教えてくれたそれです」
砂糖少しでも無駄にしてはならないと
椿は、大切に残していきたいという。
椿「父もそれを望んでいると信じています」

宗寿郎は、自分のお菓子を下げさせる。

お菓子は評判。

七桜は、多喜川薫を探す。地主だと聞く。

多喜川を見つける。
多喜川は、お母さんと同じ味がしたという。
多喜川薫「家族の味なんだよ」
いつも食べていたという。父に手紙を渡してくれと頼まれたんだと。

お菓子は全て無くなったという。
宗寿郎は、あれは、持ち帰ったのだと教えてもらう。

宗寿郎は、落とし文を食べて、まだまだだなと。
七桜と椿が聞いている

椿「あんたどんな魔法を使えるんだ?15年、食べたことがなかった」
茶会をやるって言ってくれてありがとうと
七桜「お菓子の力だよ」

掛け軸は、不毛語戒。嘘をついてはいけないという。
椿「俺は、あんたに魅かれてる。もしお前が桜なら、この気持ちを抑えなきゃならない。桜なのか?」

壺を落としたのは、城島祐介。
今日子に、もっといいこと思いついたと「大事なものを奪うんですよ」

 

↓ ドラマ。私たちはどうかしている、3話の見逃し配信動画は、Huluで見られます。
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

ドラマ。私たちはどうかしている、3話。まとめ、感想レビュー。視聴率など

私たちはどうかしている。3話のまとめ。椿が七桜に

今回のわたどう、私たちはどうかしている、3話は、七桜の母親だと名乗る女性が現れます。

話を合わせる、七桜。

また、壺が落ちてくるわけですが、椿が七桜を助けますね。

 

そして、茶会にお菓子の依頼が来ますが、椿は手を怪我してしまって。

しかし、七桜が、やれると言い出して。

 

また、椿と宗寿郎の因縁などもわかりましたね。

椿はどうしても宗寿郎にお菓子を食べてもらいたいということで、がんばりました。

そして、結果として、宗寿郎は、家に戻って食べました。

壺を落としたのは、城島で、椿を何か恨んでいるようでした。

と、そんな中ですが、椿は七桜に惹かれていると言います。

と言うのが、私たちはどうかしている、3話でした。

私たちはどうかしている、3話。感想レビュー。やはり城島が

やはり城島が、悪さをしていましたね。

七桜には、いい人そうな感じでしたが、椿には、何か恨みでもあるのでしょうか。

今日子もこのことはわかっているので、この後、どうなるのか。

 

そして、七桜は椿に、桜なのかと迫られましたが、どう答えるのか。

わたどう、4話、どう言う展開になるのでしょうね。

私たちはどうかしている。4話のあらすじ

椿(横浜流星)のまっすぐな愛の告白と率直な問いに、七桜(浜辺美波)はどう答えるのか?そして、椿の反応は…!?一向に出て行こうとしない七桜に苛立ちを募らせる今日子(観月ありさ)は、七桜に大事な得意客にお茶を出すよう命じる。しかしそれは座敷で七桜の作法を試す嫌がらせだった!住む世界が違うと蔑まれ、落ち込む七桜。

そんな中、城島(高杉真宙)と和スイーツカフェに出かけた七桜は、純粋に御菓子の話で盛り上がれる城島に癒しを感じる。実家の和菓子店の名物・わらび餅があるので食べに来るよう誘われた七桜はその夜、離れの従業員の部屋へ。そこはかつて七桜が母・百合子(中村ゆり)と共に住んでいた部屋だった。懐かしさを感じる七桜だが、城島は七桜に急接近!そこに椿が現れて……!?

翌日、七桜は城島が店を辞めることを聞く。城島をクビにしないよう頼む七桜だが、椿は再び冷たい態度に戻ってしまう。二人の仲に亀裂が入ったことに満足げな今日子は、城島にまた金を渡し…。

一方、椿は多喜川(山崎育三郎)の紹介で、投票で1位になれば全国で和菓子が売り出されるというデパートの七夕催事への出店を依頼される。以前同じような催しで注目を浴びた椿だが、その時多喜川は能登の小さな店『しまや』を推薦していたと話す。その店の名前を聞き、ピンとくる椿。実は、『しまや』は城島の実家で、その催しをきっかけに、城島は椿を恨んでいた…。

そんな中、七桜は城島が借金取りに追われていることを知る。病気の父のために借金をしており、父のわらび餅を作れない自分は店を開けられないと話す城島。なんとか実家の店を再開して欲しい七桜は、城島が何か隠していると気付きながらも、意外な行動に出る…!城島が今日子とつながり、ハニートラップを仕掛ける原因となった椿への恨みとは?そして今日子と多喜川にもなにか因縁が…。さらに、椿を想い続けている栞(岸井ゆきの)は、新たな見合いの席で七桜が『人殺しの娘』だと聞き…!?

私たちはどうかしている

というのが、ドラマ、私たちはどうかしている、4話のあらすじです。

私たちはどうかしている。4話あらすじ予告動画。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

私たちはどうかしている、3話。Twitter反応感想まとめ

 

 

3話の視聴率は?

私たちはどうかしている、3話の視聴率は、どうなる?

私たちはどうかしている、1話の視聴率は、9.6%でした。

私たちはどうかしている、2話の視聴率は、7.8%でした。

私たちはどうかしている、3話の視聴率は、8.2%でした。

私たちはどうかしているの各回のネタバレ、あらすじ、結末など

私たちはどうかしているの各回のネタバレ、あらすじ、結末などは、以下に追記予定です。

私たちはどうかしている。最終回8話ネタバレあらすじ。光月庵を継ぐのはどちら?犯人は?感想レビュー。見逃し配信動画。視聴率

私たちはどうかしている。最終回の結末まで。7話6話5話4話3話2話1話。浜辺美波さん横浜流星さん主演。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?最終回はいつ?主題歌

私たちはどうかしている。最終回あらすじ予告動画。キャスト。見逃し配信動画

私たちはどうかしている。7話ネタバレあらすじ。七桜は光月庵を奪い返そうと。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

私たちはどうかしている。6話ネタバレあらすじ。七桜と椿は離れ離れに。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

私たちはどうかしている。5話ネタバレあらすじ。七桜は椿に本当のことを言えない。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

私たちはどうかしている。4話ネタバレあらすじ。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

私たちはどうかしている。3話ネタバレあらすじ。椿が七桜に惹かれていく。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

私たちはどうかしている。2話ネタバレあらすじ。七桜と椿の仲が近づく。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

私たちはどうかしている。1話あらすじネタバレ。七桜が椿に結婚を申し込まれて。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

ドラマ、私たちはどうかしているの脚本、演出、プロデューサーなど

脚本:衛藤凛
演出:小室直子、猪股隆一、明石広人、水野格
チーフプロデューサー:西憲彦
プロデューサー:鈴間広枝、松山雅則(トータルメディアコミュニケーション)
協力プロデューサー:藤森真実

ドラマ、私たちはどうかしているの原作

原作は、安藤なつみさんの漫画「私たちはどうかしている」ですね。

まだ連載中のようで、結末はどうなるのかわかっていないようです。

記事まとめ

シェア

フォロー