私たちはどうかしている。7話ネタバレあらすじ。七桜は光月庵を奪い返そうと。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

スポンサーリンク

私たちはどうかしている。7話あらすじネタバレ。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

ドラマ、私たちはどうかしているは、日テレの2020年の夏ドラマで、浜辺美波さんと横浜流星さんがW主演です。

わたどう、私たちはどうかしているの7話は、日テレで水曜夜10時から放送です。

7話は、花岡七桜(浜辺美波)が光月庵を奪い取ろうと動きますね。

私たちはどうかしているの7話の内容はどうなっているでしょう。

ということで、ドラマ、私たちはどうかしている。7話あらすじネタバレ。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率などです。

↓ ドラマ。私たちはどうかしている、7話の見逃し配信動画は、Huluで見られます。
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

2020年春ドラマ。4月〜9月のドラマ一覧。ネタバレあらすじまとめ

スポンサーリンク

私たちはどうかしている。7話あらすじネタバレ。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率など

私たちはどうかしている。7話
私たちはどうかしている。7話

ドラマ。私たちはどうかしている、7話の主なキャスト、出演者

花岡七桜(浜辺美波)
高月椿(横浜流星)

城島祐介(高杉真宙)
長谷川栞(岸井ゆきの)
山口耕一(和田聰宏)
富岡勝(岡部たかし)
安部大吾(前原滉)
杉田綾人(草野大成)
多喜川薫(山崎育三郎)

宮部夕子(須藤理彩)
大倉百合子(中村ゆり)

高月樹(鈴木伸之)
高月宗寿郎(佐野史郎)
高月今日子(観月ありさ)

溝口(吉沢悠)

私たちはどうかしている。公式Twitter、インスタグラムなど

私たちはどうかしているの公式Twitter

私たちはどうかしているのTwitter

私たちはどうかしているの公式インスタグラム

私たちはどうかしているのインスタグラム

ハッシュタグは、#わたどう、#私たちはどうかしている

ドラマ、私たちはどうかしている。7話のあらすじ

私たちはどうかしている。7話のあらすじ

新進気鋭の和菓子屋『花がすみ』に、由緒ある五月雨亭の仕事を奪われたことに衝撃を受けた光月庵の面々。名誉挽回のため、椿つばき(横浜流星)は次の週に迫った五月雨亭・新春園遊会の選定会に向け、久々に自分で御菓子を作ることを決める。

そんな中、椿は週刊誌の記者から表向きには病死になっている樹(鈴木伸之)の死について真相を問われる。今日子(観月ありさ)が夫の不貞に逆上して刺したのではと聞く記者。椿は事件当日の今日子の行動を思い出していた…。

 

一方、七桜(浜辺美波)は偶然栞(岸井ゆきの)に会う。店の名前にあぐらをかいて味を落とした光月庵には負けないと宣言する七桜。なぜ七桜は3年間でこんなに変わってしまったのか?そこには、今日子からの執拗な嫌がらせがあった。母の無念を思い、正当な跡継ぎとして光月庵を乗っ取ると心に決めたのだった。そんな七桜をずっと支え、お店を出す支援もした多喜川(山崎育三郎)は、椿との関係を気にしながらも、七桜の背中を押す。

 

選定会が近づく中、椿はテーマの『月』を表現した繊細で美しいお菓子を完成させる。椿の圧倒的な腕前に感動する一同だが、城島(高杉真宙)は腕がある椿が厨房から遠ざかっていることを不満に感じていた…。

選定会当日。七桜は『雲一つない空に輝く月』を表現した御菓子を披露し、審査員の心を奪う。勝敗を前に庭で椿を見つけた七桜は、まっすぐに近づいて行くが…。七桜は椿が厨房から遠ざかっていたある理由に気づき、心乱される。

 

数日後。大旦那(佐野史郎)の見舞いから戻った椿は、今日子が選定員の市議会議員・溝口(吉沢悠)に根回しをしていたことを知り、今日子への嫌悪感を露わにする。一方、不正に気づいた七桜は、光月庵の牙城を崩そうと今日子と深い仲である溝口に近づいていた。急に頭角を現した『花がすみ』が気になる椿は、ある予感を抱いて店を訪れる。七桜と椿、運命の二人の再会を機に、椿を想う栞、七桜を支える多喜川の想いが交錯していく…!

私たちはどうかしている

というのが、ドラマ、私たちはどうかしている、7話のあらすじです。

↓ ドラマ。私たちはどうかしている、7話の見逃し配信動画は、Huluで見られます。
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

スポンサーリンク

私たちはどうかしている。第7話、ネタバレ

以下、私たちはどうかしている、7話のネタバレです。

私たちはどうかしている。7話ネタバレ

高月今日子(観月ありさ)は、どういうことだと。
高月椿(横浜流星)は五月雨亭については、まだチャンスはあると、自分がお菓子を作るという。

記者が光月庵にやってくる。樹(鈴木伸之)の死について聞かれる。

長谷川栞(岸井ゆきの)が、花岡七桜(浜辺美波)を見かける。
七桜は、3ヶ月前に自分の店を持てるようになった。
栞は光月庵で働いているという。
七桜「お客さんの奪い合いは気にならないですよ。今のお菓子、椿さんは作っていないですよね」
お客様を甘く見てると。
栞は、立派なお店だと怒って行ってしまう。

七桜は、多喜川薫(山崎育三郎)に栞と会ったと。
七桜「泣くわけない。」

3年前、七桜はお菓子屋で働いていると、火事の再捜査をしていると警官がやってくる。
今日子の差し金だろうと。
忘れたいが忘れられない。

七桜は崖から足を滑らせる。
多喜川がやって来て助けてくれる。
七桜は、大倉百合子(中村ゆり)が出せなかった手紙を思い出す。

七桜「あの人がいる限り、母の名は汚され続ける。」
七桜は、多喜川に頼んで、店をもらった。

七桜は光月庵のお菓子を椿が作っていなかったとわかって、光月庵を乗っ取ることにした。

椿は、お菓子を作っている。
そして、空明ができる。
水面に映った月を楽しんだものだと。

城島祐介(高杉真宙)は、こんなの作れるのに、店のお菓子をなんで作らないのかと思っている。

今日子は、溝口(吉沢悠)に五月雨亭の選定をするなら、椿を勝たせてくれと頼む。

選定会。私たちはどうかしている。7話ネタバレ

選定会

団子「明月」
開けると、月になる。
七桜が作ったお菓子。

椿が、七桜を見るが、見えていない。
栞がやってくる。

五月雨亭から連絡があって、光月庵が選ばれた。

女将が裏で選定員を動かしていたと、多喜川。
七桜「私のお菓子が印象が残っているといいんですけど」
七桜は椿とは会っていないと答える。

七桜は椿の目が悪くなったことが、お菓子を作っていないのかと考える。

椿は手術をしないと、失明する可能性がと告げられる。
手術しても完治が難しいのだと。

椿と高月宗寿郎(佐野史郎)
椿「これも、おじいさまの呪いですか」

溝口と今日子
溝口は、手を回していなかったら危なかったと。花がすみというお店
と、椿はこの話を聞いている。
今日子「この店のためなら、私は、地獄に落ちる覚悟がある。同じよねあんたも?」
椿「あんたと同じ血が流れていると思うと、ヘドが出る」

七桜は、溝口に近づく。
亥子持ちを出す。
溝口は印象深いという

スポンサーリンク

椿は七桜と会う。私たちはどうかしている。7話ネタバレ

椿は、花がすみにいく。
七桜は溝口にお菓子を渡す。
帰っていく溝口

椿「七桜、なんでこんなところに?」
七桜「自分の店を持つのが夢だったの」
椿「なぜ、何も言わずに消えたんだ?」
七桜「あの時きいたよね?そうだよ、全部嘘だよ」
椿もあの時、一番大事なものを取りに行ったんだろうと。
七桜「それは、私のだから」

多喜川がやってきて「大事なパートナーだ。仕事の面も、女性としても」
椿は帰っていく

七桜は花がすみの店だと、今日子たちは知る。
今日子は、椿に知っていたのかと。

城島祐介は、長谷川栞に椿を奪うのは無理だという。七桜には敵わないと。

椿は、今日子に七桜が光月庵を乗っ取ろうとしていると教える。
今日子は、自分は樹を殺していないと。
椿も、今日子がずっと部屋にいたことを知っている。
今日子「あの小娘!」

高月宗寿郎の病室
椿は、七桜を待っている。
すると、椿は、目の調子が悪い。

栞は妊娠していると言い出す。椿の子どもだと。
今日子は、結婚式をしましょうと言い出す。
栞「諦めるなんて、もうできない」

椿は、園遊会まで手術は無理だと。
七桜「園遊会なんて」
椿は、園遊会が失敗したら、俺の光月庵が終わる。

七桜は、ママの潔白を証明すると。
光月庵の呪いから開放するのだという。

長谷川の家に行くと、父親は好きにしてくれと。
父親がくるみを持たせてくれたのだという。
そして、子供が生まれたら、見せに来いと言い出す。

今日子は、椿に栞との結婚の話をする。
今日子「あなたとの子供ができたって。今度こそ責任を取らないと許さないわよ」

多喜川が溝口議員から、お菓子の依頼があったと、七桜に教える。
七桜は、椿を光月庵から解放したいのだと。
多喜川は、椿は七桜を許さないだろうという。

多喜川「七桜ちゃんを特別に思ってる。僕だけは、ずっと君のそばにいる」と抱きしめる。

椿は、栞の部屋に行く。
栞「私を抱いてください。お願いです。椿さんの子供をください。好きなんです」
椿「それで、俺の何が好きなんだ?」
と、栞の首を締める。

椿は、今の俺は絶対に無理だと。

大旦那がお菓子で選ぶと言い出す。私たちはどうかしている。7話ネタバレ結末

宮部夕子(須藤理彩)と多喜川
夕子は、光月庵を敵に回して大丈夫なのかと。
大旦那がもって今年1年だろうと言われる。

溝口は、今日子に、七桜が近づいてきたと教える。

今日子は、大旦那の病室に行く。
と、七桜が現れる。
今日子「栞さんは妊娠したの。椿との子供よ」
七桜「椿の」

七桜「でも、私が光月庵の後継者であるのは変わらない!」
今日子は、大旦那を連れて帰ってしまう。

七桜は光月庵に行く。
栞に、大旦那を呼んでくれと頼む。
そして、椿に、目の治療をしてくれと伝えて欲しいというが。
栞「無理です、私には」

大旦那、宗寿郎「さくらなのか、樹の子供なのか」
と、今日子が遺伝の紙を破ってしまう。
椿がやってくる。

宗寿郎が、その子と2人にしてくれと

椿は、「俺の父親は?まさか、その男がお父様を」と今日子に。

七桜は、宗寿郎に自分が作ったお菓子を食べてもらう
宗寿郎「樹に、思い人がいたのを知っていたんだ」
認めていれば、今も幸せに暮らしていたかもしれない
宗寿郎「全ての原因を作った私を許せるのか」
七桜「許せません。だけど、父と母が大切にしていた、この店が欲しいです。この店でお菓子が作りたい」

宗寿郎は、誰が光月庵を継ぐべきかと。
椿と七桜に、魂を揺さぶるようなお菓子を作れと、そのものに光月庵を譲るという。

私たちはどうかしている。7話ネタバレでした。

↓ ドラマ。私たちはどうかしている、7話の見逃し配信動画は、Huluで見られます。
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

ドラマ。私たちはどうかしている、7話。まとめ、感想レビュー。視聴率など

私たちはどうかしている。7話のまとめ。七桜は光月庵を奪い返したい

わたどう、私たちはどうかしているの7話は、七桜は、光月庵を奪い返そうと、花がすみというお店を、多喜川に作ってもらいますね。

それも、今日子の嫌がらせなどからそう思うようになったのでした。

一方で、椿は、目が見えなくなりかかっていて。

 

そして、栞は、妊娠したと嘘をつきます。椿を奪われたくないと。

それで今日子は、椿との結婚を進めようとしますね。

しかし、椿は、七桜のことを思っていて。

また、多喜川も七桜のことを。

 

そんな中、大旦那に七桜は、自分が樹の娘だと伝えます。

大旦那は、椿と七桜に、美味しいお菓子を作ったほうに、光月庵を譲ると言います。

というのが、私たちはどうかしている、7話のまとめです。

私たちはどうかしている、7話。感想レビュー。樹を殺した犯人は誰なのか?

椿の父親は誰なのでしょうね。

溝口なのか。

そして、樹を殺したのは誰なのか。これも、溝口なのか。

山口も怪しいですよね。

 

何もわからないまま、7話まできました。

次回、いよいよ最終回。全てが明らかになるのだろうと思います。

そして、七桜と椿もどうなるのか。

最終回の結末が気になりますね。

私たちはどうかしている。最終回8話のあらすじ

血のつながりで後継者を選ぶという古い慣習を破る覚悟を決め、遺言書を燃やした大旦那(佐野史郎)。そんな祖父の思いに触れた椿(横浜流星)は、目の症状が悪化する中、除夜祭での七桜(浜辺美波)との対決に必ず勝とうと決意する。

 

一方、七桜は店を閉めて対決の準備に集中していた。多喜川(山崎育三郎)は、七桜が光月庵に縛られた椿を自由にするために勝ちたいという健気な思いを察する。しかし必死になるあまり、七桜はプレッシャーから初めて御菓子作りを怖いと感じ、スランプに陥ってしまう。その弱気な姿を見て、七桜を励ます多喜川だが…。

 

その頃、椿に拒絶され、自己嫌悪に陥った栞(岸井ゆきの)は城島(高杉真宙)に椿の子を妊娠したのは嘘だったことを告白する。城島に親の愛を気づかされた栞は、自分の気持ちを押し殺して椿のために心を注ぐ七桜を眩しく思い、ずっと言えなかった真実を話そうと、城島と2人、『花がすみ』を訪れる…。

そんな中、今日子(観月ありさ)は、栞の妊娠が嘘であることを見抜きながらも、無理矢理にでも椿との結婚話を進めようと策略を巡らせていた…。どんな手を使ってでも椿に光月庵を継がせようとする今日子に追い詰められる栞だが…。

 

夕子(須藤理彩)に遭遇した椿は、3年前、七桜が抱えていた秘密を知る。七桜の気持ちを思い、激しい葛藤を抱える椿。火事の夜の真実を知った七桜。和菓子対決が終われば、勝っても負けても二度と会えなくなる…2人はたまらずお互いの元へと走るが…!?

いよいよ運命の対決が幕を開ける!七桜と椿、光月庵を手にするのは!?そして、ついに謎に包まれた当主殺害事件の衝撃の全貌が明らかに!!真犯人は一体誰なのか――!?

 

私たちはどうかしている

私たちはどうかしている。最終回あらすじ予告動画。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

私たちはどうかしている、7話。Twitter反応感想まとめ

 

 

7話の視聴率は?

私たちはどうかしている、7話の視聴率は、どうなる?

私たちはどうかしている、1話の視聴率は、9.6%でした。

私たちはどうかしている、2話の視聴率は、7.8%でした。

私たちはどうかしている、3話の視聴率は、8.2%でした。

私たちはどうかしている、4話の視聴率は、8.4%でした。

私たちはどうかしている、5話の視聴率は、9.2%でした。

私たちはどうかしている、6話の視聴率は、9.6%でした。

私たちはどうかしている、7話の視聴率は、9.3%でした。

私たちはどうかしているの各回のネタバレ、あらすじ、結末など

私たちはどうかしているの各回のネタバレ、あらすじ、結末などは、以下に追記予定です。

私たちはどうかしている。最終回8話ネタバレあらすじ。光月庵を継ぐのはどちら?犯人は?感想レビュー。見逃し配信動画。視聴率

私たちはどうかしている。最終回の結末まで。7話6話5話4話3話2話1話。浜辺美波さん横浜流星さん主演。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?最終回はいつ?主題歌

私たちはどうかしている。最終回あらすじ予告動画。キャスト。見逃し配信動画

私たちはどうかしている。7話ネタバレあらすじ。七桜は光月庵を奪い返そうと。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

私たちはどうかしている。6話ネタバレあらすじ。七桜と椿は離れ離れに。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

私たちはどうかしている。5話ネタバレあらすじ。七桜は椿に本当のことを言えない。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

私たちはどうかしている。4話ネタバレあらすじ。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

私たちはどうかしている。3話ネタバレあらすじ。椿が七桜に惹かれていく。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

私たちはどうかしている。2話ネタバレあらすじ。七桜と椿の仲が近づく。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

私たちはどうかしている。1話あらすじネタバレ。七桜が椿に結婚を申し込まれて。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

ドラマ、私たちはどうかしているの脚本、演出、プロデューサーなど

脚本:衛藤凛
演出:小室直子、猪股隆一、明石広人、水野格
チーフプロデューサー:西憲彦
プロデューサー:鈴間広枝、松山雅則(トータルメディアコミュニケーション)
協力プロデューサー:藤森真実

ドラマ、私たちはどうかしているの原作

原作は、安藤なつみさんの漫画「私たちはどうかしている」ですね。

まだ連載中のようで、結末はどうなるのかわかっていないようです。

記事まとめ

シェア

フォロー