私たちはどうかしている。最終回8話ネタバレあらすじ。光月庵を継ぐのはどちら?犯人は?感想レビュー。見逃し配信動画。視聴率

スポンサーリンク

私たちはどうかしている。最終回8話あらすじネタバレ。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

ドラマ、私たちはどうかしているは、日テレの2020年の夏ドラマで、浜辺美波さんと横浜流星さんがW主演です。

わたどう、私たちはどうかしているの最終回8話は、日テレで水曜夜9時から放送です。2時間スペシャルです。

いよいよ、最終回です。どんな結末になるのでしょうか?

私たちはどうかしているの最終回の内容はどうなっているでしょう。

ということで、ドラマ、私たちはどうかしている。最終回8話あらすじネタバレ。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率などです。

↓ ドラマ。私たちはどうかしている、最終回の見逃し配信動画は、Huluで見られます。
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

2020年春ドラマ。4月〜9月のドラマ一覧。ネタバレあらすじまとめ

スポンサーリンク
  1. 私たちはどうかしている。最終回8話あらすじネタバレ。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率など
    1. ドラマ。私たちはどうかしている、最終回8話の主なキャスト、出演者
    2. 私たちはどうかしている。公式Twitter、インスタグラムなど
  2. ドラマ、私たちはどうかしている。最終回8話のあらすじ
    1. 私たちはどうかしている。最終回8話のあらすじ
  3. 私たちはどうかしている。最終回、ネタバレ
    1. 私たちはどうかしている。最終回ネタバレ。和菓子勝負をすることに
    2. 七桜と椿。私たちはどうかしている。最終回ネタバレ
    3. 私たちはどうかしている。最終回ネタバレ。どちらが選ばれる?
    4. 七桜が選ばれる。私たちはどうかしている。最終回ネタバレ
    5. 犯人は多喜川。私たちはどうかしている。最終回ネタバレ
    6. 多喜川は捕まる。私たちはどうかしている。最終回。ネタバレ結末
  4. ドラマ。私たちはどうかしている、最終回。まとめ、感想レビュー。視聴率など
    1. 私たちはどうかしている。最終回8話のまとめ。犯人は多喜川
    2. 私たちはどうかしている、最終回。感想レビュー。伝統に踊らされた。。が
    3. 私たちはどうかしている、最終回。Twitter反応感想まとめ
    4. 最終回の視聴率は?
    5. 私たちはどうかしているの各回のネタバレ、あらすじ、結末など
    6. ドラマ、私たちはどうかしているの脚本、演出、プロデューサーなど
    7. ドラマ、私たちはどうかしているの原作

私たちはどうかしている。最終回8話あらすじネタバレ。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率など

私たちはどうかしている。最終回
私たちはどうかしている。最終回

ドラマ。私たちはどうかしている、最終回8話の主なキャスト、出演者

花岡七桜(浜辺美波)
高月椿(横浜流星)

城島祐介(高杉真宙)
長谷川栞(岸井ゆきの)
山口耕一(和田聰宏)
富岡勝(岡部たかし)
安部大吾(前原滉)
杉田綾人(草野大成)
多喜川薫(山崎育三郎)

宮部夕子(須藤理彩)
大倉百合子(中村ゆり)

高月樹(鈴木伸之)
高月宗寿郎(佐野史郎)
高月今日子(観月ありさ)

 

私たちはどうかしている。公式Twitter、インスタグラムなど

私たちはどうかしているの公式Twitter

私たちはどうかしているのTwitter

私たちはどうかしているの公式インスタグラム

私たちはどうかしているのインスタグラム

ハッシュタグは、#わたどう、#私たちはどうかしている

ドラマ、私たちはどうかしている。最終回8話のあらすじ

私たちはどうかしている。最終回8話のあらすじ

血のつながりで後継者を選ぶという古い慣習を破る覚悟を決め、遺言書を燃やした大旦那(佐野史郎)。そんな祖父の思いに触れた椿(横浜流星)は、目の症状が悪化する中、除夜祭での七桜(浜辺美波)との対決に必ず勝とうと決意する。

 

一方、七桜は店を閉めて対決の準備に集中していた。多喜川(山崎育三郎)は、七桜が光月庵に縛られた椿を自由にするために勝ちたいという健気な思いを察する。しかし必死になるあまり、七桜はプレッシャーから初めて御菓子作りを怖いと感じ、スランプに陥ってしまう。その弱気な姿を見て、七桜を励ます多喜川だが…。

 

その頃、椿に拒絶され、自己嫌悪に陥った栞(岸井ゆきの)は城島(高杉真宙)に椿の子を妊娠したのは嘘だったことを告白する。城島に親の愛を気づかされた栞は、自分の気持ちを押し殺して椿のために心を注ぐ七桜を眩しく思い、ずっと言えなかった真実を話そうと、城島と2人、『花がすみ』を訪れる…。

そんな中、今日子(観月ありさ)は、栞の妊娠が嘘であることを見抜きながらも、無理矢理にでも椿との結婚話を進めようと策略を巡らせていた…。どんな手を使ってでも椿に光月庵を継がせようとする今日子に追い詰められる栞だが…。

 

夕子(須藤理彩)に遭遇した椿は、3年前、七桜が抱えていた秘密を知る。七桜の気持ちを思い、激しい葛藤を抱える椿。火事の夜の真実を知った七桜。和菓子対決が終われば、勝っても負けても二度と会えなくなる…2人はたまらずお互いの元へと走るが…!?

いよいよ運命の対決が幕を開ける!七桜と椿、光月庵を手にするのは!?そして、ついに謎に包まれた当主殺害事件の衝撃の全貌が明らかに!!真犯人は一体誰なのか――!?

 

私たちはどうかしている

というのが、ドラマ、私たちはどうかしている、最終回8話のあらすじです。

↓ ドラマ。私たちはどうかしている、最終回の見逃し配信動画は、Huluで見られます。
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

スポンサーリンク

私たちはどうかしている。最終回、ネタバレ

以下、私たちはどうかしている、最終回のネタバレです。

私たちはどうかしている。最終回ネタバレ。和菓子勝負をすることに

高月宗寿郎(佐野史郎)が、魂を揺さぶるお菓子を作ったものに、この店を譲ると言う。
大晦日に決戦

12月11日。
高月椿(横浜流星)はお菓子を作る。

花岡七桜(浜辺美波)も店を閉めて、お菓子を作っている。

高月今日子(観月ありさ)は、高月宗寿郎に椿が勝てなかったらと言うが、宗寿郎の気持ちは揺るがない。

城島祐介(高杉真宙)は、長谷川栞(岸井ゆきの)に、椿はあなたのものにはならないとは言い過ぎたと謝る。
栞は、妊娠していないと教える。

七桜は、大倉百合子(中村ゆり)に助けてと言われる夢を見る。
椿は、事件当日に誰のことを見たのかと思い出せない。

城島は、栞にあんがなくても、ハズレじゃないと、子どもには虫歯のことを考えて、あんなしをあげることもあると。
栞「私はいつも求めてばっかり。でも、七桜さんは」

七桜は、お菓子作りで悩んでいる。
七桜「椿には敵わない」

多喜川薫(山崎育三郎)が、目を瞑って、息を整えようと。
みかんを渡す。
七桜は怖いと
多喜川は、弱音を吐いていい。七桜は七桜だと。好きなお菓子を作ればいいのだと言う。

多喜川「何もかも終わったら、僕と結婚して欲しい」
誰にも渡したくないという

七桜と椿。私たちはどうかしている。最終回ネタバレ

城島が、栞と花がすみにやってくる。

椿は、宮部夕子(須藤理彩)と偶然会う。
七桜は椿との子どもを妊娠してたと、夕子が教える。

栞は、椿とは何にもないと、七桜に教える。
火事の時、椿は七桜のところに戻ると言っていた。
今日子が、道具を持って出てきた。
今日子「椿のためなの」

栞は、自分にも希望があるかもと思ったと。
栞「もっと早く話すべきでした」
七桜は、本当のことを知っていても、抗えない運命だったと。
城島「もし負けたら、光月庵を椿さんを、一生、恨んで生きていくんですか?」

栞は今日子に話があるという。
栞「やっぱり椿さんとは結婚できません」
今日子は、妊娠できていないのは、あとからどうとでもなると。

と、椿がやってくる。
今日子「あなたに作れるの?おじいさまを感動させるお菓子を」
あの女の娘にだけは渡さないと。

椿は、何かしたら、この勝負を降りると。必ず勝つという。

12月29日
多喜川は、決着がついたら、椿とは2度と会うことはないかもしれないよと

城島は、このままでいいのかと、椿に迫る。

七桜と椿
七桜は、小さい頃、椿といると眩しかったと。好きだったという。
しかし、椿が桜の母親が犯人んだと言ったことが許せないと。
七桜「勝っても負けても、明後日が最後。椿とはもう2度と会わない」
椿「わかった」

泣く七桜
椿が七桜を抱きしめる
椿「泣くな、帰れなくなるだろ」

そして、2人は、夜をともにする。

スポンサーリンク

私たちはどうかしている。最終回ネタバレ。どちらが選ばれる?

12月31日
七桜が、お菓子を持って、光月庵にやってくる。
宗寿郎にお菓子を出す。
まずは、七桜から

ゆずのお菓子
冬暖
宗寿郎「暖かいお菓子だ。いつまでも包まれていたいような」

百合子と寂しくならないお菓子を作ろうと約束していた。

次は、椿のお菓子
つばき餅
宗寿郎「この味、どうしてこの味をお前が知ってるんだ。私が、高月樹(鈴木伸之)に教えた味」
椿は、父親に初めて教えてもらったお菓子だと。

宗寿郎は、優しい思い出を伝えると。
宗寿郎は泣き出す

宗寿郎「2人とも素晴らしいお菓子だった」
もう一度ゆっくり考えたいという。

宗寿郎は、今日子に、食べて選べという。

七桜が選ばれる。私たちはどうかしている。最終回ネタバレ

七桜が選ばれる。

今日子は、ゆずのお菓子を選んだ。

今日子「椿、絶対、勝つって言ったわよね」
と、宗寿郎が倒れる。

医者がやってくる。
宗寿郎は、椿と話がしたいという。

宗寿郎「お前の作った、つばき餅、本当にうまかった。あのお菓子を選ぶわけにはいかなかった。」
あれは、宗寿郎にだけ向けられたお菓子だったから
椿は、宗寿郎に認められたかったと。
宗寿郎「もっと自由にお菓子を作っていい。お前だけのお菓子を作るんだ」

宗寿郎が亡くなる

宗寿郎の葬儀
椿は、家を出ていく。

椿「18年前と逆になったな」と七桜に。
椿は光月庵を潰さないでくれと言って、出ていく

七桜は、母親の百合子の桜の羊羹を作りたいと。
しかし、作るには赤い色を使わないとならない。

今日子「これから力を合わせて店を守っていかないと」
今日子は、樹を殺したのは、百合子だと
今日子「この店は、渡さないわよ!」

夕子の店
城島と栞がいると、溝口(吉沢悠)がやってくる

溝口は、椿の父親は自分ではないが、本当の父親を知っていると。

今日子は、光月庵の道具を燃やしてやると。
と、多喜川が短刀を今日子に向ける。
七桜がやってくる。

夕子は、多喜川の父親が、椿の父親だという。

今日子「椿は、多喜川家の血を継いでいるのだから」

今日子が、光月庵の道具に火をつける。
と、椿がやってきて、火を消す。
椿「本当なのか。お父様を愛していたのではないのか!」

今日子は殺したいほど愛していたと。
樹は、今日子に離婚して欲しいといった。

子供ができれば、と。溝口と。
血がつながっていない子が継げば、復讐になるという

椿は、18年前のことを思い出した
百合子の包丁がなくなった。

山口耕一(和田聰宏)が、前任者から話を聞いたと、椿に伝える。

犯人は多喜川。私たちはどうかしている。最終回ネタバレ

椿は、翌朝早くに樹の部屋に行った。
庭から今日子が立ち去るのを見たと。
七桜も、今日子を見たという。

今日子が百合子の包丁とすり替えた。

今日子は、それでも私ではないと。
椿「じゃあ、殺したのは、俺の本当の父親、あんたが殺させたのか?」
今日子は溝口にお願いしたと答える。

今日子は、お前さえいなければと。

多喜川が、今日子を止める
今日子「そうよね、あなたが止めなきゃ、あの子の父親も母親も奪ったんだから」

樹を殺したのは、多喜川
多喜川「そうですよ、僕が殺したんです」

今日子は、多喜川の父親に百合子を殺してくれと。
その電話を、多喜川の母親が聞いて、自殺未遂。

多喜川は、あの日、今日子に会いにきた。
そして、樹を、誤って刺して、殺してしまった。

今日子が樹が倒れてるのを見つける。
が、樹は、大事にしないでくれと、今日子に。
樹「すまなかった。椿を店を頼む。百合子」

そして、百合子を追い出してやると思いつく。
多喜川の父親が犯人ではないと。

七桜「なんで黙ってたんですか?」
多喜川は、自分の母親がおかしくなって、それを言うとどうなるか。

多喜川は自首する決意で、七桜を探した。
多喜川は七桜を光月庵に戻したかった。
七桜が勤めていた店にメールを送ったのは多喜川。

多喜川「出て行かないなら、消えてもらう」
パトカーのサイレン。
多喜川「あんたを殺して自首するために」

七桜は今日子は椿の母親だから、やめてくれと。

多喜川は捕まる。私たちはどうかしている。最終回。ネタバレ結末

多喜川が今日子を刺そうとすると、今日子が飛び出す
が、今日子は無事
七桜「私たちからもう大切な人たちを奪わないで」

七桜は、多喜川が真実を話してくれなかったら、椿のことを憎んだままだったと
七桜「やっと、呪いから解放されたんです」
多喜川「七桜ちゃん、ごめん」

七桜と椿
七桜は、守ろうとしてきたものはなんだったのかと。

今日子は、ボールを追いかけた子どもを助けようと道に飛び出る。
ダンプカーに轢かれる。

椿と七桜は病院に向かう。
今日子は亡くなる。

今日子は、臓器提供を希望していた。
椿に、角膜を提供しようとしていた。

富岡勝(岡部たかし)は、椿に光月庵も何も関係ないと。今日子は母親としてやったことだという。

椿は「お母さん」と泣く。

椿と七桜
椿「光月庵の当主になったのも、俺のためだったんだな。光月庵を奪ったのに。ごめん」
七桜は、お菓子を作りたい、椿にも自由にお菓子を作って欲しいと。

椿は、俺だけのお菓子を作ってみせると答える

1ヶ月後
七桜は、光月庵で指示を出していく
七桜は、光月庵の店の重さに感慨を抱く

拘置所
多喜川は、七桜のことを頼む。

城島がわらび餅を作る。
しまやを再開しようと思っていると。
そして、栞を、しまやで支えてくれと誘う

椿の退院の日
七桜と椿
椿の手術は成功

七桜は、光月庵に戻ってきてくれと。
光月庵にも自分にも、椿が必要だという。
七桜「ずっと椿のことがどうしようもなく好きなの」
椿「俺が帰る場所は一つしかない。ずっと俺のそばにいてくれ。七桜、好きだ。お前を愛してる。」

キスする2人
惹かれあってしまう2人。
私たちはどうかしている。

七桜は、桜の羊羹を完成させる。

↓ ドラマ。私たちはどうかしている、最終回の見逃し配信動画は、Huluで見られます。
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

ドラマ。私たちはどうかしている、最終回。まとめ、感想レビュー。視聴率など

私たちはどうかしている。最終回8話のまとめ。犯人は多喜川

わたどう、私たちはどうかしている。最終回。

七桜と椿、お菓子対決で、光月庵をどちらが継ぐが決まる。

 

今日子は、七桜が作ったものを選ぶ。そして、宗寿郎も。光月庵は、七桜が継ぐことに。

また、樹を殺したのは、多喜川でした。

今日子をどうにかしようとやってきたのを、樹に見つかって、樹を殺してしまった。

そして、七桜の母親は、椿の言葉で捕まって。包丁は、今日子がすり替えた。

 

多喜川は捕まって、今日子は、自分で死を選んだ感じになりました。

椿は、死んだ今日子の角膜を移植して、目が治りました。

そして、七桜と椿は、光月庵に。

私たちはどうかしている、最終回。感想レビュー。伝統に踊らされた。。が

宗寿郎が、樹と百合子を認めていれば、こういうことにはなっていないというのがありますね。

そうなると、椿は生まれていなかったわけですが。

 

結果、七桜と椿は幸せになった感じでしたね。

城島と栞も、いい感じになったようで。

 

そうでない人たちもいたので、なんとなく全部幸せという感じにはなっていないですが。

それでも、七桜と椿が、幸せになったのでしょうから、ハッピーエンドなのでしょうね。

私たちはどうかしている、最終回。Twitter反応感想まとめ

 

 

最終回の視聴率は?

私たちはどうかしている、8話の視聴率は、どうなる?

私たちはどうかしている、1話の視聴率は、9.6%でした。

私たちはどうかしている、2話の視聴率は、7.8%でした。

私たちはどうかしている、3話の視聴率は、8.2%でした。

私たちはどうかしている、4話の視聴率は、8.4%でした。

私たちはどうかしている、5話の視聴率は、9.2%でした。

私たちはどうかしている、6話の視聴率は、9.6%でした。

私たちはどうかしている、7話の視聴率は、9.3%でした。

私たちはどうかしている、最終回の視聴率は、9.6%でした。

私たちはどうかしているの各回のネタバレ、あらすじ、結末など

私たちはどうかしているの各回のネタバレ、あらすじ、結末などは、以下に追記予定です。

私たちはどうかしている。最終回8話ネタバレあらすじ。光月庵を継ぐのはどちら?犯人は?感想レビュー。見逃し配信動画。視聴率

私たちはどうかしている。最終回の結末まで。7話6話5話4話3話2話1話。浜辺美波さん横浜流星さん主演。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?最終回はいつ?主題歌

私たちはどうかしている。最終回あらすじ予告動画。キャスト。見逃し配信動画

私たちはどうかしている。7話ネタバレあらすじ。七桜は光月庵を奪い返そうと。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

私たちはどうかしている。6話ネタバレあらすじ。七桜と椿は離れ離れに。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

私たちはどうかしている。5話ネタバレあらすじ。七桜は椿に本当のことを言えない。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

私たちはどうかしている。4話ネタバレあらすじ。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

私たちはどうかしている。3話ネタバレあらすじ。椿が七桜に惹かれていく。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

私たちはどうかしている。2話ネタバレあらすじ。七桜と椿の仲が近づく。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

私たちはどうかしている。1話あらすじネタバレ。七桜が椿に結婚を申し込まれて。感想レビュー。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

ドラマ、私たちはどうかしているの脚本、演出、プロデューサーなど

脚本:衛藤凛
演出:小室直子、猪股隆一、明石広人、水野格
チーフプロデューサー:西憲彦
プロデューサー:鈴間広枝、松山雅則(トータルメディアコミュニケーション)
協力プロデューサー:藤森真実

ドラマ、私たちはどうかしているの原作

原作は、安藤なつみさんの漫画「私たちはどうかしている」ですね。

まだ連載中のようで、結末はどうなるのかわかっていないようです。

記事まとめ

シェア

フォロー